【2021年最新版】「ローソン」でiD(アイディー)の使い方は?

「ローソン」でiD(アイディー)を使いたいけど、使い方は?iD払いならdポイントは貯まりやすいの?

今回の記事では、コンビニ大手「ローソン」での「iD(アイディー)」の使い方や、iD払いでdポイントが貯まりやすいか等についてまとめました。

【2021年最新版】

スポンサーリンク

 


「ローソン」でiD(アイディー)は使える・使い方は?

結論から言うと、ローソンでiD(アイディー)は利用可能です。

その他の電子マネーも、nanaco(ナナコ)を除いたほとんどのものが使えます。

ローソンでiD(アイディー)を利用するときの使い方は、以下のいずれかでの決済になります。

・iPhoneの場合:Apple Pay(アップルペイ)・iD(アイディー)
・Androidの場合:Google Pay(グーグルペイ)・iD(アイディー)
・Androidの場合:おサイフケータイ
・カード型(クレジットカード付帯含む)
・メルペイiD

「ローソン」でiD(アイディー)で支払えないもの

「iD(アイディー)」で何でも支払えるわけではありません。以下のものは支払えません。

公共料金・収納代行票支払い、一部のLoppi取次サービス、切手・ハガキ・印紙、テレホンカード類、バスカード・各種乗車券・回数券、QUOカード、各種商品券の支払いには利用できません。

税金・公共料金等収納代行の支払いについては、以下の記事にまとめてあります。

「ローソン」でiD(アイディー)を利用した時の還元率

「iD(アイディー)」を利用した時の還元率は、クレジットカードに大きく依存します。

「Ponta(ポンタ)カード」もしくは「dポイントカード」を併用

ローソンでは、「Ponta(ポンタ)カード」もしくは「dポイントカード」を併用できます。

「Ponta(ポンタ)カード」もしくは「dポイントカード」提示
・0:00~15:59  ⇒ 200円(税抜)ごとに1ポイント(0.5%還元率)
・16:00~23:59 ⇒ 200円(税抜)ごとに2ポイント(1%還元率)
(2020年7月7日~上記へ変更)

「Ponta(ポンタ)カード」と「dポイントカード」はどちらか一方のみになります。併用はできません。

「Ponta(ポンタ)カード」のみ提示:OK
「dポイントカード」のみ提示:OK
「Ponta(ポンタ)カード」「dポイントカード」両方提示:NG

どちらを提示するかは好みでよいでしょう。

iD(アイディー)を利用するなら三井住友カードが使いやすい

iD(アイディー)なら三井住友カードが使いやすいかもしれません。

Apple Pay(アップルペイ)でもGoogle Pay(グーグルペイ)でも、どちらも登録してiD(アイディー)として利用することが可能。iPhone派でもAndroid派でもOKです。

三井住友カードはファミリーマートで利用するとVポイントが5倍(通常+4倍)になります。

 ファミマ通常還元率
三井住友カード2.5%0.5%
三井住友カード ゴールド
三井住友カード デビュープラス3%1%

「ローソン」では他のキャッシュレス決済も利用できる!お得なものを選択しよう

「ローソン」では、他のキャッシュレス決済方法もいろいろあります。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)○(使える)
楽天ペイ○(使える)
LINE Pay(ラインペイ)○(使える)
メルペイ○(使える)
d払い○(使える)
au PAY(auペイ)○(使える)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)○(使える)
楽天Edy○(使える)
nanaco(ナナコ)×(使えない)
WAON(ワオン)○(使える)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)
iD※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)

※○でも一部利用できない店舗があります。
※よく利用されると思われる決済方法だけピックアップしています。

詳細は公式サイトで

まとめ

「ローソン」で「iD(アイディー)」は使えます。

ただし、キャンペーン等がないとあまりお得とはいえません。

他のキャッシュレス決済と比較したほうが良いかもしれません。特にキャンペーンはチェックしておかないと、何が一番お得かわかりませんよ。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
今ならコレ!⇒簡単に2000円!VポイントアプリをDL&チャージするだけキャンペーン
その他にもいろいろ⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2021年2月】

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする