「リクルートカード」のメリット特典・デメリット・ApplePay・Google Pay・スマホ決済等まとめ【2020年8月最新版】

「リクルートカード」ってどんなクレジットカード?

「リクルートカード」は年会費無料・1.2%還元率の大人気のクレジットカードです。

今回の記事では、「リクルートカード」はどんなクレジットカードなのか、メリット特典・デメリット、Apple Pay(アップルペイ)・Google Pay(グーグルペイ)・PayPay(ペイペイ)等スマホ決済は何が使える、注意点等まとめました。

【2020年8月最新版】

スポンサーリンク

 


「リクルートカード」はどんなクレジットカード?

「リクルートカード」がどんなクレジットカードなのか、メリット・特典等を含んだ特徴をリストにすると、

・年会費無料
・家族カードも年会費無料
・ETCカード発行可能
・ポイント還元率1.2%で高還元
・リクルートサービス関連ならポイントアップ
・リクルートポイントの有効期限は最終のポイント加算日から1年
・リクルートポイントはPontaポイントに即時交換可能
・国際ブランドはJCB/VISA/Mastercardから選択可能
・海外旅行傷害保険最高2000万円(利用付帯)
・国内旅行傷害保険最高1000万円(利用付帯)
・ショッピング保険年間最高200万円
・Apple Payに登録してクイックペイとして利用可能
・Google Payに登録してクイックペイとして利用可能(JCBブランドのみ)
・楽天ペイ、d払い、auペイに登録可能(国際ブランドにより違い)
・楽天Edy、モバイルSuica、モバイルPASMO、(nanaco)にチャージ可能(国際ブランドによりポイント付与に違い)
・電子マネーチャージは利用金額の合算で月間30000円までの利用分がポイント加算対象

年会費無料、普段使いでも1.2%還元率、電子マネーチャージでも一部1.2%還元率の、他にはない超絶優秀なクレジットカードです。

「リクルートカード」のメリット・特典

クレジットカードのメリットはどんな特典がついていてお得かということ。まずは特典についてです。

年会費が無料・家族カードも無料

「リクルートカード」の年会費は無料です。

家族カードも年会費無料で発行できます。

・JCBブランド:8枚まで発行可能
・VISA/Mastercardブランド:19枚まで発行可能

ETCカード

ETCカードも発行でき、1.2%還元率です。

・JCBブランド:年会費無料・発行手数料無料
・VISA/Mastercardブランド:年会費無料・発行手数料1000円(税抜)

還元率1.2%

「リクルートカード」を利用して貯まるポイントは、リクルートポイントになります。

毎月の利用金額合計の1.2%に対して小数点第1位以下を切り捨てたリクルートポイントが加算されます。

貯まったポイントは1ポイント=1円でじゃらんなどのリクルートのサービスで利用できます。

また、1 リクルートポイント→1 Pontaポイントに交換できます(即時)。

ポイント還元率1.2%~

リクルートのサービスならポイントアップ

リクルートのサービス、じゃらんネットやモンパレモール、ホットペッパービューティー、ホットペッパーグルメ等の支払いで「リクルートカード」を利用すると、ポイントアップします。

リクルートポイントの有効期限

「リクルートカード」を利用して貯まるポイントはリクルートポイントです。

リクルートポイントの有効期限は
通常ポイント:最終のポイント加算日から12ヵ月後の月末まで
期間限定ポイント:固有の期限

通常ポイントは”ポイント加算日から”からなので、使い続ければ実質無期限のような

「リクルートカード」の国際ブランド

「リクルートカード」は申し込み時に、JCB・VISA・Mastercardの3種類から選択できます。

ただ、選択には注意が必要です。

電子マネーチャージでのポイント付与や、ETCカードの発行手数料に違いがあったりします。

旅行保険・付帯保険・その他

旅行保険が付帯

「リクルートカード」には海外旅行傷害保険が利用付帯されます。

 Mastercard / VisaJCB
海外旅行最高2000万円最高2000万円
国内旅行最高1000万円最高1000万円

ショッピング保険

ショッピング保険が付帯しています。国内でも海外でも、「リクルートカード」にて購入した品物であれば、購入日より90日間保障されます。

 Mastercard / VisaJCB
保証額年間200万円年間200万円

「リクルートカード」とApple Pay(アップルペイ)

Apple Payとリクルートカードの相性は、ブランドによって異なります。

リクルートカードはApple PayのWalletに登録してQUICPay(QUICPay+)として使うことができます。

ただし、VISAのリクルートカードはWallet経由でのSuicaチャージには使えません。VISAをSuicaチャージに使うためにはiPhone向けのSuicaアプリ経由で行う必要があります。

また、VISAはWalletに登録してあっても、Apple Pay経由でのネット決済やアプリ内決済には使えません。一般にWallet経由でアプリ内決済ができるブランドはMasterCard,JCB,アメックスです。

「リクルートカード」とGoogle Pay(グーグルペイ)

Google Pay(グーグル ペイ)での非接触型決済は、2019年5月末から一部のクレジットカードでiD・QUICPayの利用が可能になり、便利になりました。

2019年8月15日~JCBのリクルートカードもGoogle Pay(グーグル ペイ)に登録してQUICPay(QUICPay+)として利用できるようになりました。

「リクルートカード」とQRコード決済/スマホ決済

QRコード決済/スマホ決済は、それぞれチャージが必要だったり、登録したクレジットカードからの支払だったり、両方できたりと、コード決済によって違います。

QRコード決済/スマホ決済(PayPay・楽天ペイ・d払い・auペイ・ラインペイ・メルペイ)と「リクルートカード」についてまとめると以下のようになります。

 リクルートカードを登録リクルートカードからチャージ
PayPay(ペイペイ)VISA,Mastercard×
楽天ペイ×
d払い×(クレカ不可)
au PAY(auペイ)VISA,Mastercard,
JCB(auユーザーのみ)
LINE Pay(ラインペイ)×
メルペイ×(クレカ不可)

還元率については下記の記事で紹介しています。

電子マネーと注意点

リクルートカードでのチャージがポイント付与対象になる電子マネーをまとめると、次のようになります。

※2020年3月12日~nanacoクレジットチャージ事前登録(新規登録)対象カードは「セブンカード」限定に変更。3月11日までに登録済の場合は引き続き利用可。

【JCBブランド】
 nanaco(ナナコ)、モバイルSuica
【Mastercard/ Visaブランド】
 nanaco(ナナコ)、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

電子マネーチャージのポイント付与については注意点があります。

ポイント付与は電子マネー利用金額合計が月間30000円までという制限の対象となります。利用金額の対象はそれぞれの電子マネーの合計金額ではなく、すべての電子マネーの合算金額です。

公式サイト

リクルートカードと電子マネーについてまとめると

 VISA、MasterCardJCB
楽天Edy
モバイルSuica
nanaco × ×
WAON××
PASMO(パスモ)オートチャージ:不可
モバイルPASMO:可
オートチャージ:不可
モバイルPASMO:可
QUICPay(QUICPay+)ApplePayで利用可ApplePay・GooglePayで利用可
iD

○:チャージ可・ポイント付与あり
△:チャージ可・ポイント付与なし
×:チャージ不可

ポイント付与は電子マネー利用金額合計が月間30000円まで

還元率については下記の記事で紹介しています。

「リクルートカード」のデメリット

「リクルートカード」のデメリットは、WAONへのチャージができないことです。

また、ポイント付与は電子マネー利用金額合計が月間30000円までという制限があることも残念です。

まとめ

「リクルートカード」は年会費無料で、1.2%還元率。海外旅行保険(利用付帯)も付いています。

ポイント付与の上限はありますが、電子マネーへのチャージでポイント付与がある、電子マネーに強いクレジットカードです。

電子マネーをよく利用するなら、持っていて損はない、おすすめの1枚です。

国際ブランドVISA、Master、JCB
申し込み資格18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)
ポイントリクルートポイント
有効期限通常ポイント:最終のポイント加算日から12ヵ月後の月末まで
期間限定ポイント:固有の期限
年会費無料
家族カード年会費:無料
ETCカード(VISA・Master)新規発行手数料:1000円(税抜)、年会費:無料
(JCB)新規発行手数料:無料、年会費:無料
海外旅行傷害保険最高2000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険最高1000万円(利用付帯)
スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする