「リクルートカード」は「PayPay(ペイペイ)」に登録できる?JCBは?【2020年8月最新版】

「PayPay(ペイペイ)」に「リクルートカード」は登録できる?JCBブランドは?キャンペーンに参加したいときはどうすればよい?

「PayPay(ペイペイ)」はどんどんキャンペーンを展開し、今やQR決済の代表とも言えるほど認知度が上がってきました。

今回の記事では「PayPay(ペイペイ)」に「リクルートカード」を登録できるか、JCBブランドはどうなのか、登録できない場合の理由やキャンペーンに参加したい場合等について解説します。

【2020年8月最新版】

スポンサーリンク

 


「PayPay(ペイペイ)」に「リクルートカード」を登録できるが・・・

「PayPay(ペイペイ)」に「リクルートカード」は登録できます!ただし、VISA/マスターカードブランドのみです。

残念ながらJCBブランドは登録できません

「リクルートカード」で利用できる他のQRコード決済は、楽天ペイ、d払い、auペイ(JCBブランドはauユーザーのみ)です。

「PayPay(ペイペイ)」に「リクルートカード」を登録できない原因は?

<PayPayの支払い方法>
①PayPay残高から支払う
②登録したクレジットカードで支払う
さらに、
①のPayPay残高へチャージできるクレジットカードは、本人認証サービス(3Dセキュア)済のヤフーカードだけ
②に登録できるクレジットカード:VISA・Mastercard、JCBはヤフーカードのみ

②の登録できるクレジットカードを表にすると以下になります。

 PayPay(ペイペイ)登録可否
JCBヤフーカードのみ
VISA
Mastercard(マスターカード)
AMEX(アメックス)×

「リクルートカード」は入会時にVISA、MasterCard、JCBの3種類のブランドが選べます。

もし手持ちの「リクルートカード」が登録できないとしたら原因は、

JCBブランド

これが原因と思われます。

「リクルートカード」で貯めたポイントの使い方は?

★「リクルート カード」で貯まるポイントの使い道は何がある?おすすめは?

VISA・マスターカードならPayPay(ペイペイ)に登録できる

「リクルートカード」のブランドがVISAかマスターカードなら、「PayPay(ペイペイ)」に登録できます。

ただし、PayPay残高へのチャージはできません。

JCB・アメックスはPayPay(ペイペイ)に登録できないが例外はヤフーカード

「リクルートカード」のブランドがJCBなら、「PayPay(ペイペイ)」には登録できません。

例外的に登録できるのは、ヤフーカードのみです。

「PayPay(ペイペイ)」に「リクルートカード」を登録して利用した時の還元率

「リクルートカード」で「PayPay(ペイペイ)」を利用した場合、ポイント付与はあります。今のところ、ポイント付与対象外の取引にはなっていません。

 基本還元「リクルートカード」還元合計
PayPay(ペイペイ)対象外1.2%1.2%

※d払いは街のお店での支払い

「リクルートカード」はクレジットカードとして利用した場合、基本的に1.2%還元率です。

「PayPay(ペイペイ)」に「リクルートカード」(VISA/Mastercard)を登録して利用してもPayPayボーナスの付与はありません。還元率は1.2%です。

クレジットカードそのもので利用した場合と変わりません。

「PayPay(ペイペイ)」の基本還元率

「PayPay(ペイペイ)」の基本還元率は2020年4月~、以下になっています。

・PayPay残高またはYahooカードで支払った場合の、基本となる付与率が0.5%(ヤフージャパンの対象サービスは1%)
・前月に100円以上の決済回数が50回以上あった場合、付与率が0.5%アップし1%(または1.5%)
・前月の決済金額が10万円以上だった場合は、付与率がさらに0.5%アップし、最大1.5%(または2%)

■カウント期間の利用状況を反映した特典の適用期間:当月1日 8:00 ~ 翌月1日 7:59
■利用のカウント期間:前月1日 0:00 ~ 前月末日 23:59

PayPay残高0.5%還元率~ 
Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード)
その他のクレジットカード特典なし

※「1回の支払いにおける付与上限」は7500円相当、「1カ月の付与合計上限」は15000円相当

「PayPay(ペイペイ)」はキャンペーンが豊富・「リクルートカード」で参加したいなら

「PayPay(ペイペイ)」は、過去に100億円還元など大規模キャンペーンがあったように、キャンペーンが豊富です。

ただし、キャンペーンでお得なのはPayPay残高かヤフーカードです。

「リクルート」ではほとんどの場合対象外です。

もし大規模キャンペーンの時だけお得に利用したいなら、銀行口座か、セブン銀行ATMから現金チャージが手っ取り早くおすすめです。

「PayPay(ペイペイ)」へのチャージ方法・「リクルートカード」からはチャージできない

PayPay残高へチャージする方法は以下です。

・銀行口座
・Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード):本人認証後
・ヤフオク!の売上金
・セブン銀行ATMから現金チャージ
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い

残念ながら「リクルートカード」からはチャージできません。

本人認証しないと上限は5000円

本人認証されていないクレジットカードの場合は利用上限額は1日5000円、1ヶ月5000円に制限されます。

もしもクレジットカードが登録できたにも関わらず、登録したクレジットカードからの支払いでエラーとなる場合は、この点を確認してみましょう。

3Dセキュアによる本人認証後のクレジットカードでの支払い時の上限金額は、認証前よりもUPします。

「リクルートカード」の本人認証登録は公式サイトに説明があります。

→公式サイト

クレジットカード(本人認証前)クレジットカード(本人認証済)青いバッジがついている&クレジットカード(本人認証済)
5000円(過去24時間)2万円(過去24時間)25万円(過去24時間)
5000円(過去30日間)5万円(過去30日間)25万円(過去30日間)

※あくまでも登録したクレジットカードからの支払いの上限です。PayPay残高からの支払いではありません。

「リクルートカード」をPayPay(ペイペイ)に登録して使う理由は?

とにかく「リクルートカード」にクレジットカード利用を集めたい

こんな時は、「PayPay(ペイペイ)」に「リクルートカード」登録はアリです。

例えば、PayPayでしか支払いができない店舗で、「PayPay(ペイペイ)」に「リクルートカード」を登録しておけば、間接的に「リクルートカード」で支払いができることになります。

「リクルートカード」のPayPay支払い分について、今のところポイント付与の対象になっています。

なので、「PayPay(ペイペイ)」に「リクルートカード」を登録して使う理由はあります。

まとめ

「PayPay(ペイペイ)」に「リクルートカード」(VISA、Mastercard)は登録できます!

還元率は1.2%でクレジットカードそのものでの支払いと変わりません。

ヤフーカードを持っていなくて大型キャンペーンに参加したいなら、PayPay残高への銀行口座かセブン銀行ATMから現金チャージをおすすめします。

通常時で、

とにかく「リクルートカード」にクレジットカード利用を集めたい

という理由なら、「リクルートカード」を「PayPay(ペイペイ)」に登録して使うこともありです。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする