誰でもかんたん!「ペイペイ」のチャージ方法・銀行口座の場合【PayPay】

「ペイペイ(PayPay)」に銀行口座からチャージできる?チャージ方法は?注意点はある?

使えるお店もかなり増え、今や知らない人は少数派になったのではないかと思えるほど勢いのあるスマホ決済「ペイペイ(PayPay)」。

今回の記事では、「ペイペイ(PayPay)」へ銀行口座からチャージする方法や注意点等についてはまとめました。

スポンサーリンク

「ペイペイ」の支払い方法・チャージ方法

ペイペイの支払い方法は以下のようになっています。

<PayPayの支払い方法>
①ペイペイ残高から支払う
②登録したクレジットカードで支払う

つまり、チャージが必要なのは、①のペイペイ残高です。

ペイペイ残高へのチャージ方法は以下があります。

・銀行口座
・本人認証サービス(3Dセキュア)に登録済みのYahoo!JAPANカード(ヤフーカード)
・セブン銀行ATM/ローソン銀行ATMから現金チャージ
・ヤフオク!・PayPayフリマの売上金
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・PayPayギフトカード

「ペイペイ」に銀行口座を登録する

ヤフーカードを持っていない場合、チャージで一番利用しやすい方法は銀行口座からになります。

チャージの前に、まずは「ペイペイ(PayPay)」に銀行口座を登録する必要があります。

①ホーム画面から[機能一覧]へ
②[銀行口座登録]を選択
③登録する銀行を選択
④支店名、口座番号、口座名義などを入力
⑤登録内容を確認して[登録手続きをする]を選択
⑥各銀行ごとの手順で登録を進める
⑦完了

PayPay銀行の場合

<準備するもの>
・支店名または店番号
・口座番号
・ログインパスワード
※ 上記項目の他に、トークンに表示されるワンタイムパスワードが必要な場合あり

1. 支店名または店番号と口座番号を入力
2. 性別や生年月日等を入力
3. 入力内容を確認し、「口座を登録」
※ トークンに表示されるワンタイムパスワードが必要な場合あり
4. 完了

ゆうちょ銀行の場合

<準備するもの>
・記号
・番号
・キャッシュカードの暗証番号

1. 口座名義/生年月日を入力、「ゆうちょ銀行へ」
2. 同意事項を確認して「同意する」
3. 記号を入力
*記号は、先頭と末尾を除いた3桁を入力
4. 番号を入力
*末尾「1」を除く
5. 登録内容を確認して「進む」
6. 本人確認のため暗証番号を入力
7. 登録内容を確認して「口座振替申込」
8. 完了

三井住友銀行の場合

<準備するもの>
・店番号・口座番号または契約者番号
・SMBCダイレクトの第一暗証
・ワンタイムパスワード

1. 支店名(店番号)・口座番号、口座名義/生年月日を入力、「三井住友銀行へ」
2. 店番号・口座番号または契約者番号・第一暗証を入力して「ログイン」
3. ワンタイムパスワードを入力して「ログイン続行」
4. 申込み内容や口座振替規定・個人情報の第三者提供の同意を確認し、チェックボックスにチェックを入れ「口座振替申込」
5. 完了

みずほ銀行の場合

<準備するもの>
【キャッシュカード、通帳を持っている場合】
・通帳
・キャッシュカード暗証番号
・メールアドレス
【みずほダイレクトに契約済かつ利用口座を登録済みの場合】
・お客さま番号
・ログインパスワード
・第2暗証番号(ワンタイムパスワードを利用していない場合)
・ワンタイムパスワード

【キャッシュカード、通帳を持っている場合】
1. 支店名・口座番号、口座名義/生年月日を入力、「みずほ銀行へ」
2. 個人情報の取り扱い同意のチェックボックスにチェックを入れ「カード暗証番号ログイン」
3. 店番号・口座番号、生年月日、キャッシュカード暗証番号、通帳最終残高を入力してログイン
4. 申込み内容を確認し、メールアドレスを入力、みずほ銀行からのご案内を受け取るかを選択して「次へ」
5. 預金口座振替約定の確認と、お申込み内容の確認のチェックボックスにチェックを入れ「口座振替申込」
6. 「収納企業のサイトへ戻る」を押して完了

【みずほダイレクトに契約済かつ利用口座を登録済みの場合】
1. 支店名・口座番号、口座名義/生年月日を入力、「みずほ銀行へ」
2. お客さま番号を入力して「みずほダイレクトログイン」
3. 合言葉とログインパスワードを入力してログイン
4. 引落口座を選択して「次へ」
5. 第2暗証番号を入力して「口座振替申込」 左から〇番目、の数字をそれぞれ入力
6. 「収納企業のサイトへ戻る」を押して完了

「ペイペイ」のチャージ方法・銀行口座からチャージする場合

登録した銀行口座からチャージが可能です。

①ホーム画面の[チャージ]を選択
②[チャージ方法]を選択
③<チャージ方法の選択>で登録した銀行口座を選択
④チャージしたい金額を入力して[チャージする]を選択
(もしくは+3000等の金額を選択)
⑤チャージが完了

ペイペイ残高へチャージする場合、100円以上1円単位でチャージが可能です。

銀行口座の登録さえ済ませておけば、チャージ方法は簡単です。

「ペイペイ」注意点・銀行口座に三菱UFJ銀行が利用できない!

ペイペイに対応している銀行口座は次の通りです。

[提携銀行]
・愛知銀行 ・青森銀行 ・秋田銀行 ・足利銀行 ・阿波銀行 ・イオン銀行 ・池田泉州銀行 ・伊予銀行 ・岩手銀行 ・愛媛銀行 ・auじぶん銀行 ・大分銀行 ・沖縄銀行 ・沖縄県労働金庫 ・関西みらい銀行 ・北日本銀行 ・九州労働金庫 ・紀陽銀行 ・京都銀行 ・近畿労働金庫 ・熊本銀行 ・群馬銀行 ・京葉銀行 ・埼玉りそな銀行 ・山陰合同銀行 ・滋賀銀行 ・四国銀行 ・四国労働金庫 ・静岡銀行 ・静岡県労働金庫 ・七十七銀行 ・親和銀行 ・PayPay銀行 ・十六銀行 ・常陽銀行 ・住信SBIネット銀行 ・スルガ銀行 ・セブン銀行 ・仙台銀行 ・ソニー銀行 ・大光銀行 ・第三銀行 ・第四銀行 ・大東銀行 ・千葉銀行 ・千葉興業銀行 ・中央労働金庫 ・中京銀行 ・中国労働金庫 ・筑波銀行 ・東海労働金庫 ・東邦銀行 ・東北銀行 ・東北労働金庫 ・徳島大正銀行 ・鳥取銀行 ・トマト銀行 ・富山銀行 ・長野銀行 ・長野県労働金庫 ・南都銀行 ・新潟県労働金庫 ・西日本シティ銀行 ・八十二銀行 ・百五銀行 ・百十四銀行 ・広島銀行 ・福井銀行 ・福岡銀行 ・北越銀行 ・北洋銀行 ・北陸銀行 ・北陸労働金庫 ・北海道銀行 ・北海道労働金庫 ・みずほ銀行 ・三井住友銀行 ・武蔵野銀行 ・山梨中央銀行 ・ゆうちょ銀行 ・横浜銀行 ・りそな銀行  等

提携可能な銀行(公式)

なんと、三菱UFJ銀行は未対応です。

この点だけは注意が必要です。他の銀行を登録してチャージに利用するしかありません。

「ペイペイ(PayPay)」にチャージできる上限金額

ペイペイにチャージできる上限は、チャージする方法によって異なります。

チャージ上限金額は、過去24時間、過去30日間で決まっています。

■銀行口座からチャージ

過去24時間上限:50万円
過去30日間上限:200万円

その他のチャージ方法での上限は下記の記事で紹介しています。

チャージ上限額のほかに、ペイペイ支払い時の上限金額もあります。

支払い方法によって異なり、ペイペイ残高からの支払い時は以下になります。

ペイペイ残高から支払い

過去24時間:50万円
過去30日間:200万円

まとめ

「ペイペイ(PayPay)」へ銀行口座からチャージする方法はかんたんです。

①銀行口座登録
②登録した銀行口座からチャージ

注意点は、三菱UFJ銀行が登録できないこと!※2020年5月時点

「ペイペイ(PayPay)」はキャンペーンも頻繁に実施される人気のスマホ決済です。ペイペイを上手に利用して、お得を享受しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする