「楽天プレミアムカード」を「d払い」に登録して使う意味は?

「楽天プレミアムカード」は「楽天カード」と同様に「d払い」に登録できるけど、登録して使う意味はある?

「d払い」はドコモユーザーでも利用できるQRコード決済です。

今回の記事では、「d払い」に「楽天プレミアムカード」は登録できるが、わざわざ登録して使う意味があるのか等についてまとめました。

スポンサーリンク

「楽天プレミアムカード」は「楽天カード」同様に「d払い」に登録できる

「d払い」に「楽天プレミアムカード」は登録できます。

「楽天プレミアムカード」は入会時にVISA、MasterCard、JCB、アメックスの4種類のブランドが選べ、どのブランドでも「d払い」に登録可能です。

楽天ゴールドカード」とここが違う!
・プライオリティパスが無料で利用可能
・空港ラウンジも無料利用可能
・SPUでポイントアップ(えらべるサービス/誕生月はポイントアップ)
・付帯保険が充実 等
これは「楽天プレミアムカード」ならではです。

「d払い」に利用できるクレジットカード

「d払い」で支払う方法をかんたんに説明すると、

①電話料金合算払い(ドコモユーザーのみ利用可能)
②クレジットカード払い
③dポイント充当
④d払い残高

①~③は事前にチャージ不要ですが、④d払い残高に設定した場合は、事前にチャージをして口座への残高が必要になります。

クレジットカードが関係あるのは①②

クレジットカードに関係するのは
①電話料金合算払い(ドコモユーザーのみ利用可能)
②クレジットカード払い

①はドコモユーザーのみで、実質ほとんどのクレジットカードがOKです。

②はドコモユーザー以外も利用できる方法で、登録できるクレジットカードは、JCBVISAMastercardアメックス(利用前に3Dセキュアの登録が必要)
→かなりOKということです。

「d払い」には、かなりのクレジットカードは登録できるということで、「楽天プレミアムカード」も登録して利用できます。

「d払い」に「楽天プレミアムカード」を登録できない原因は?

「d払い」にカードを登録できない場合は、以下の理由が考えられます。
・本人認証サービス(3Dセキュア)に対応していないカード
・申し出により「クレジットカード/dカード利用拒否」を設定している
・有効期限切れ、利用停止などで無効なカード
・同一のクレジットカード番号を短期間にほかのdアカウントで利用している(ドコモが判断)

もし手持ちの「楽天プレミアムカード」が登録できないとしたら原因は、
上記いずれか
もしくは
「楽天プレミアムカード」の本人認証をまだ登録していない
などが考えられます。

「楽天プレミアムカード」の本人認証(3Dセキュア)については下記の記事で紹介しています。

「d払い」に「楽天プレミアムカード」を登録して使う意味は?

d払いで支払った時にもらえるdポイントは以下のようになっています。

リアル店舗・ネットでの支払い:200円(税込)につき1ポイント(0.5%還元率)

※ポイント付与がある支払い方法は、電話料金合算・dカード・d払い残高(クレジットカードの場合、dカード以外のクレジットカードからの支払いはポイント付与対象外)

2022年6月1日~、「d払い」利用時のdポイント進呈条件&クレジットカード利用条件が変更になりました。

以前は、「楽天プレミアムカード」を「d払い」に利用して利用した時にクレジットポイント付与はあり、ポイント二重取りができした。

以前はポイント二重取りが可能でしたが、2022年6月1日~はポイント二重取り不可で、クレジットカードで直接支払いしても変わりません。

なので、「d払い」に「楽天プレミアムカード」を登録して使う意味は、クレジットカード払いできないが「d払い」なら使える店舗で間接的にクレカ払いできることにあります。

クレジットカードの場合の支払いの上限

クレジットカードを登録して利用する場合の支払い上限額は以下になります。

<dカード>
クレジットカードの利用枠(限度額)
<dカード以外>
dアカウントの本人確認が完了していない: dアカウント毎に5万円/月まで
dアカウントの本人確認が完了: dアカウント毎に50万円/月まで

まとめ

「d払い」に「楽天プレミアムカード」は登録できます。

以前はポイント二重取りが可能でしたが、2022年6月1日~はポイント二重取り不可で、クレジットカードで直接支払いしても変わりません。

クレジットカード払いできないが「d払い」なら使える店舗で間接的にクレカ払いできるという点では、「d払い」を使う意味はあります。

その他のQRコード決済/スマホ決済について登録できるか登録できない等は、下記の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする