※この記事にはプロモーションが含まれています。[PR]

「Kyash Card(キャッシュ カード)」のメリット・デメリット・ApplePay・タッチ決済等まとめ

「Kyash Card(キャッシュ カード)」ってどんなカード?メリット・デメリットは?

プリペイドカード「Kyash(キャッシュ)」には、「Kyash Card(キャッシュ カード)」、「Kyash Card Lite」、「Kyash Card Virtual」の3種類があります。

→公式サイト

今回の記事では、「Kyash Card(キャッシュ カード)」はどんなプリペイドカードなのか、メリット・デメリット、Apple Pay(アップルペイ)、Google Pay(グーグルペイ)などに登録して利用できるのか、タッチ決済等をまとめました。

スポンサーリンク

もくじ

「Kyash Card(キャッシュ カード)」のメリット・特典

「Kyash Card(キャッシュ カード)」はプリペイドカードです。

「Kyash Card(キャッシュ カード)」の特典・メリットは、
○ICチップ付き・VISAのタッチ決済も利用可能
○年会費無料(発行手数料900円)
○ポイント還元率1%以上も可能※2021/2/10~一部変更
○買い物をするとスマホに通知が届く
 が挙げられます。

「Kyash Card(キャッシュ カード)」はICチップ付き・VISAのタッチ決済も利用可能

「Kyash Card(キャッシュ カード)」は、Visa加盟店なら国内はもちろん、海外でも、オンライン、実店舗、どちらでも利用可能です。

買い物をするとスマホに通知が届きます。

さらに「Kyash Card(キャッシュ カード)」にはICチップが付き、VISAのタッチ決済も利用できるようになります。

1回あたりの決済上限30万円
月あたりの決済上限100万円

そのほかにも、
・「オンライン決済のオン・オフ」「海外実店舗決済オン・オフ」などを自分で設定可
・紛失時などには、スマホ上でカードロックも可
・Kyashアプリで割り勘や送金も可
・支払い口座を共有口座に切り替えて利用も可
等ができます。

年会費無料

年会費は無料です。

ただし発行手数料900円がかかります。

ポイント還元率1%以上も可能

「Kyash Card(キャッシュ カード)」で支払うと、1%のKyashポイントがもらえます。

ただし、ポイント付与には上限があります。

※2021年2月10日~、以下へ変更になりました。

 本人確認残高の種類還元率付与上限
Kyash Card完了Kyashマネー*11%1200ポイント/月
完了Kyashバリュー*20.2%100ポイント/月

*1 決済や送金機能、出金に利用できる残高
*2 決済と送金機能に利用できる残高

※本人確認未完了アカウント(バリューアカウント)の方は入金方法によらず、すべてKyashバリューになり、出金の利用はできません。


(画像:公式サイトより引用)


(画像:公式サイトより引用)

※「他サービスの売上金やポイント」について、該当のサービスから入金した残高は決済と送金に利用

それ以外にもKyashポイント還元対象外となる取引があります。→公式サイト

・売上が確定しなかった取引
・モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
・Apple Pay/Google ウォレット経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
・その他一部のWalletサービスへのチャージ
・交通機関へのお支払い(定期券、乗車券、切符、回数券、特急券などの料金)
・鉄道、バス、モノレール、ケーブルカーなど
・金券や商品券、有価証券等の現金同等物の購入
・金券、商品券や有価証券等の現金同等物を販売しているサイトでの購入
・税金、ふるさと納税、各種税金の支払い
 ※Kyash Visaカードを他社サービスに紐付けて各種税金を支払う場合も、還元対象外となります。
・公共料金の支払い
・寄付金の支払い
・郵便局での支払い(実店舗・オンライン)
・造幣局の販売サイトでの支払い
・代金未回収が発生している取引・本人または第三者による不正利用と弊社が判断した取引
・ポイント還元上限に達したお取引
・「イマすぐ入金」を利用して入金した残高で決済した取引
・「イマすぐ入金」のお支払いが全て完了するまでに行われたKyashバリューでの取引

「Kyash Card(キャッシュ カード)」を利用できない場合もあります。→公式サイト

実店舗
・一部の月額/継続契約の利用料金のお支払い
・ガソリンスタンドでのお支払い(Kyash Cardではご利用可能)
・高速道路通行料金(有人ブース)でのお支払い
・一部の航空会社、航空券予約、購入(Kyash Cardではご利用可能)
・一部のホテル(ホテル内の店舗)でのお支払い(Kyash Cardではご利用可能)
・レンタカーのご利用料金のお支払い(Kyash Cardではご利用可能)
・4桁の暗証番号入力が必要な加盟店(自動券売機、病院の自動精算機など)(Kyash Cardではご利用可能)
・ICチップの読み取りが必要な加盟店(Kyash Cardではご利用可能)
・海外実店舗(Kyash Cardではご利用可能)
・各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い
 nanacoクレジットチャージ/楽天Edy/Vプリカ など
オンライン店舗
・一部の月額・継続契約の利用料金のお支払い
 毎月の継続的なお支払いや、自動更新手続き(契約)が発生する加盟店などでご利用できません。
 公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用料/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバ/ウオーターサーバ定額サービス/通信教育/各種月会費など商品の一部が含まれる場合、ご利用できないことがあります。
・一部の航空会社、宿泊施設(ホテルなど)のお支払い
・各種プリペイド、電子マネーの購入、チャージ代金のお支払い
 nanacoクレジットチャージ/楽天Edy/Vプリカ など

※Kyash VisaカードをApple Pay/Google Payに登録することで、上記に含まれている加盟店でもQUICPay+の加盟店であれば利用可能

「Kyash Card(キャッシュ カード)」へのチャージ方法によってはポイントアップ!

「Kyash Card(キャッシュ カード)」はプリペイドカードです。利用するにはチャージが必要です。

Kyashのチャージ方法は以下

・銀行口座からの入金
・セブン銀行ATM/ローソン銀行ATM/コンビニ からの入金
・クレジットカード/デビットカードからの入金
・提携サービスの売上金やポイントからチャージ(入金)

銀行口座からのチャージもできます。

カードは、Visa/Mastercard/JCB/アメックスのクレジットカード、デビットカードが登録できます。

・JCB:2022年6月28日~
・アメリカン・エキスプレス:2022年7月5日~

クレジットカード→「Kyash Card(キャッシュ カード)」へのチャージでクレジットカードのポイント付与があれば、2重取りが可能です。(ポイント付与率はクレジットカードによる)

※2021年2月10日~ポイント付与率が変更になりました。

例えば
◆「楽天カード」1%→「Kyash Card(キャッシュ カード)」0.2%
=合計1.2%還元率可能

Kyashポイント

Kyashポイントは1ポイント1円分のKyash残高としてチャージして利用することができます。

・Kyash Visaカードによる決済での利用

また、Kyashポイントの有効期限は、Kyash Visaカードによる最終購入日から180日です。

出金も可能

本人確認アカウントの場合、送金・出金に利用できる残高からなら、1円単位で出金できるようになりました。

・出金手数料は一律200円+税
・一日の出金限度額は100万円
・平日9:00~15:30の受付は、原則当日中に出金先口座へ振込が反映
・出金用に登録できる銀行口座は、普通預金もしくは当座預金、最大20行まで登録可能、本人名義の銀行口座のみ登録が可能

⇒公式サイト


(画像:公式サイトより引用)


(画像:公式サイトより引用)

「本人確認アカウント」もしくは「本人確認未完了アカウント」

2020年9月7日のアプリアップデートから、アカウントの種類が「本人確認アカウント」もしくは「本人確認未完了アカウント」のいずれかに移行されるようになりました。

本人確認未完了アカウントの場合、出金はできません。

本人確認の方法:
・スマホ本人確認(eKYC)による本人確認
・Kyash Cardの申し込み・Kyash Cardの有効化による本人確認

「Kyash Card(キャッシュ カード)」の有効化

「Kyash Card(キャッシュ カード)」が手元に届いたら、有効化が必要です。有効化しないとVISA加盟店等で利用できません。

本人認証サービス(3Dセキュア)に対応

2020年11月17日~、「Kyash Card(キャッシュ カード)」は本人認証サービス(3Dセキュア)に対応しました。

※2022年11月14日~「Kyash Card Lite」「Kyash Card Virtual」が本人認証サービス(3Dセキュア2.0)に対応し、すべてのKyash Visaカード(Kyash Card/Kyash Card Lite/Kyash Card Virtual)が本人認証サービス(3Dセキュア2.0)対応

◆本人認証サービス(3Dセキュア)の利用方法
事前の設定やパスワードの暗記などが不要で、決済の際に以下の流れで利用可能。
①3Dセキュア(Visa Secure)に対応しているVisa加盟店でKyash Cardの情報を入力
②認証方法を選択(SMS・プッシュ通知・Eメール)
③認証コードを入力
④決済完了

「Kyash Card(キャッシュ カード)」とApple Pay(アップルペイ)

Apple Pay(Wallet)に「Kyash Card(キャッシュ カード)」を登録することで、QUICPay(QUICPay+)として利用することができます。

ただし、「Kyash Card(キャッシュ カード)」はWallet経由でのSuicaチャージには使えません。Suicaチャージに使うためにはiPhone向けのSuicaアプリ経由で行う必要があります。

「Kyash Card(キャッシュ カード)」とGoogle Pay(グーグルペイ)

Google Pay(グーグル ペイ)での非接触型決済は、2019年5月末から一部のクレジットカードでiD・QUICPayの利用が可能になり、便利になりました。

「Kyash Card(キャッシュ カード)」はGoogle Pay(グーグル ペイ)に登録して、ポストペイ型の電子マネーQUICPay(QUICPay+)として利用することが可能です。

「Kyash Card(キャッシュ カード)」とQRコード決済/スマホ決済

「Kyash Card(キャッシュ カード)」とPayPay(ペイペイ)

PayPayには、①PayPay残高から支払う方法、②登録したクレジットカードで支払う方法があります。

②に登録できるクレジットカードは、VISAとMastercard、JCBはPayPayカードとなります。

①のPayPay残高へチャージできるクレジットカードは、本人認証サービス(3Dセキュア)済のPayPayカードです。

「Kyash Card(キャッシュ カード)」はVISAなのでPayPayに登録することができます。

「Kyash Card(キャッシュ カード)」と楽天ペイ

「Kyash Card(キャッシュ カード)」はVISAブランドで、3Dセキュア対応です。

なので、「Kyash Card(キャッシュ カード)」は楽天ペイに登録できます。

「Kyash Card(キャッシュ カード)」とd払い

 

「d払い」には、①電話料金合算払い、②クレジットカード払い、③dポイント充当、④d払い残高、で支払う方法があります。

このうちクレジットカードが利用できるのは①②。

①はドコモユーザーのみになりますが、ほとんどのクレジットカードがOKと考えてよいでしょう。

②に登録できるクレジットカードは、JCB、VISA、Mastercard、アメックスで、利用前に3Dセキュアの登録が必要です。

「Kyash Card(キャッシュ カード)」は「d払い」に利用できます。上手に活用すればポイント3重取りも可能です。

「Kyash Card(キャッシュ カード)」とauPAY(auペイ)

auユーザーauユーザー以外も、auPAY(auペイ)に「Kyash Card(キャッシュ カード)」は利用できません。

QRコード決済/スマホ決済と「Kyash Card(キャッシュ カード)」についてまとめると

QRコード決済/スマホ決済は、それぞれチャージが必要だったり、登録したクレジットカードからの支払だったり、両方できたりと、コード決済によって違います。

QRコード決済/スマホ決済と「Kyash Card(キャッシュ カード)」についてまとめると以下のようになります。

 「Kyash Card(キャッシュ カード)」を登録「Kyash Card(キャッシュ カード)」からチャージ
PayPay(ペイペイ)×
楽天ペイ×
d払い×(クレカ不可)
auPAY(auペイ)×
LINE Pay(ラインペイ)×
メルペイ×(クレカ不可)

「Kyash Card(キャッシュ カード)」とSuica

VISAブランドである「Kyash Card(キャッシュ カード)」は、iPhoneのWallet経由ではモバイルSuicaに直接チャージすることはできません。

Wallet経由では無理ですが、iPhone版モバイルSuicaアプリを経由してのチャージならVISAブランドでも可能です。

ポイント付与はありません。

「Kyash Card(キャッシュ カード)」から、Android版モバイルSuicaへのチャージは可能です。

ただし、ポイント付与はありません。

紛失・盗難にあった場合は、まず一時ロック

万が一、紛失したり盗難にあった場合は、まずは一時ロックを行います。

「カードロック」後は Kyashアプリ>アカウント>お問い合わせ より連絡します。

「Kyash(キャッシュ)」の利用限度

「Kyash Card(キャッシュ カード)」、「Kyash Card Lite」、「Kyash Card Virtual」の利用限度についてです。

本人確認アカウントかどうかによって異なります。


(画像:公式サイトより引用)


(画像:公式サイトより引用)

発行手数料はかかりますが、「Kyash Card(キャッシュ カード)」の決済限度が圧倒的に高く設定されています。

「Kyash Card(キャッシュ カード)」のデメリット

「Kyash Card(キャッシュ カード)」のデメリットは、発行手数料900円がかかることです。使用頻度が低い場合はデメリットです。

また、2021年2月10日~、クレジットカード等からチャージした残高での支払いでは、ほとんどポイント付与がない点も残念です。

まとめ

「Kyash Card(キャッシュ カード)」はプリペイドカードなので、いろいろ使い方に制限があります。

ただ、特に審査もないので、気軽に作ることができます。

銀行口座/コンビニ等からチャージした残高での支払いなら月に12万円まで1%還元率。

ICチップが付き、VISAのタッチ決済も利用できるので、優秀なプリペイドカードではないでしょうか。

※この記事にはプロモーションが含まれています。[PR]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする