新「Kyash Card」登場でICチップ・Visaタッチ決済?「Kyashリアルカード」を使っている人は要注意

2020年初め頃に、新しい「Kyash Card」が登場します。

新しい「Kyash Card」にはICチップ・Visaタッチ決済がついている等、既存の「Kyashリアルカード」との違いについてまとめました。

スポンサーリンク

新「Kyash Card」の特徴はICチップ・Visaタッチ決済

新しい「Kyash Card」にはICチップが付き、VISAのタッチ決済も利用できるようになります。

ただし、発行手数料900円が必要ということで、発行手数料を払ってまで新「Kyash Card」を申し込む必要があるかといったところが、検討のポイントになります。

既存の「Kyashリアルカード」は→「Kyash Card Lite」という名前になり、2020年4月からは還元率もそれまでの1%→0.5%へダウン。

使い続けるべきか悩むところになりそうです。

ということで、まずは新「Kyash Card」、既存「Kyashリアルカード」、「Kyash Card Virtual」の比較です。

→公式サイト

 新「Kyash Card」既存「Kyashリアルカード」「Kyash Card Virtual」
ICチップ(4桁暗証番号)
Visaタッチ決済
Apple Pay
(QUICPay決済)
Google Pay
(QUICPay決済)
国内利用オンラインのみ
海外利用オンラインのみオンラインのみ
1回あたりの決済上限30万円5万円5万円(本人認証未5千円)
月あたりの決済上限100万円12万円12万円(本人認証未2万円)
ポイント還元率(対象外アリ)1%1%→0.5%(2020/4より)0.5%
月あたりの
還元対象決済上限
12万円12万円12万円
発行手数料900円300円※1無料
年会費無料無料無料
本人確認書類必要不要不要

※1:「Kyash Card Lite」提供開始以降は、有効期限または100万円の利用上限に達した際の再発行時に、発行手数料として300円が必要

Apple Pay(アップルペイ)にも登録できるようになりました。

発行手数料900円がポイント

新「Kyash Card」のポイントは、発行手数料900円を払ってまで発行するかどうかでしょう。

そもそも新「Kyash Card」であってもプリペイドカードなので、チャージをして残高が必要です。

Kyashのチャージ方法は以下の4つ。

①登録カードでのチャージ
②コンビニチャージ
③セブン銀行ATMチャージ
④銀行ATM(ペイジー)チャージ

①の登録カードには、Visa/Mastercardのクレジットカード、デビットカードが登録できます。

例えば「楽天カード」などの1%還元率のカードであれば1%ポイント付与され、ここではポイント獲得できます。

なので、チャージで1%+新「Kyash Card」の利用で1%=合計2%の還元率は悪くはありません。

ただし、ポイント付与対象外の取引もたくさんあります。

・売上未確定のままのお取引
・交通機関へのお支払い(定期券、乗車券、切符、回数券、特急券などの料金)
・鉄道、バス、モノレール、ケーブルカーなど
・モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
・Apple Pay/Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
・税金のお支払い
・ふるさと納税、税金各種
・公共料金のお支払い
・寄付金のお支払い
・金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入
・また金券、商品券や有価証券等の現金同等物を販売しているサイトでの購入
・郵便局でのお支払い(実店舗・オンライン)
・造幣局の販売サイトでのお支払い
・代金未回収が発生しているお取引
・本人または第三者による不正利用と弊社が判断したお取引

まとめ

以前ほど、Kyashの優位性がなくなっている上での新「Kyash Card」。

既存の「Kyashリアルカード」は→「Kyash Card Lite」という名前になり、2020年5月からは還元率もそれまでの1%→0.5%へダウン。

実際発行されるときにどんなキャンペーンが展開されるか次第で、発行するかどうか決めることになりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする