「楽天カード」のメリット特典,デメリット,Apple Pay,タッチ決済等まとめ【2020年8月最新版】

「楽天カード」ってどんなクレジットカード?メリット・デメリットは?

「楽天カード」は年会費無料の大人気のクレジットカードです。

今回の記事では、「楽天カード」はどんなクレジットカードなのか、メリット・特典、デメリット、Apple Pay(アップルペイ)、Google Pay(グーグルペイ)、PayPay等スマホ決済対応、タッチ決済(非接触型カード決済)の状況等まとめました。

【2020年8月最新版】

スポンサーリンク

 


「楽天カード」はどんなクレジットカード?

「楽天カード」がどんなクレジットカードなのか、メリットや特典を含めた特徴をリストにすると、

・年会費無料
・家族カードも年会費無料
・ETCカード年会費500+税(無料条件あり)
・ポイント還元率1%~
・SPUでポイントアップ
・貯まるポイントは楽天ポイント
・楽天ポイントの有効期限は1年(延長可能)
・楽天ポイントカード搭載・楽天Edy付きも選択可能
・ハワイラウンジが使える
・ミッキー・ミニー・YOSHIKIデザイン等、カードのデザインが選べる
・海外旅行傷害保険利用付帯最高2000万円
・国内旅行傷害保険付帯なし
・国際ブランドはJCB/VISA/Mastercard/AMEXの4種類
・VISA/Mastercardブランドでタッチ決済(コンタクトレス決済)搭載
・Apple Payに登録可能(クイックペイとして利用)
・Google Payに登録可能(クイックペイとして利用)(AMEX以外)
・PayPay、楽天ペイ、d払い、auペイに登録可能(国際ブランドによる)
・楽天Edy、モバイルSuica、モバイルPASMO、スマートイコカにチャージ可能

年会費無料で1%還元率、楽天グループをよく利用するならおすすめのクレジットカードです。

「楽天カード」のメリット・特典

クレジットカードのメリットはどんな特典がついていてお得かということ。まずは特典についてです。

年会費が無料

「楽天カード」の年会費は無料です。

家族カードも年会費無料です。(5枚まで)

申し込み対象:生計を同一にする配偶者、親、子ども(18歳以上)に限る

ETCカード

ETCカードは年会費500円+税です。

楽天PointClubの会員ランクがダイヤモンド会員・プラチナ会員の場合は年会費無料になります。

還元率1%~

クレジットカード利用額100円につき 1 楽天ポイント(=1円相当)が貯まります。

還元率:1%~

楽天モバイル・楽天カード・楽天トラベルなどのサービスを組み合わせると、楽天市場でのポイントがさらにアップします。

楽天グループには、サービスを利用するほどポイントがアップするSPU(スーパーポイントアップ)があります。

サービス倍率達成条件
楽天カード+2楽天カード(種類問わず)を利用して楽天市場で買い物
楽天プレミアムカード・ゴールドカード+2楽天カード(プレミアム・ ゴールド)を利用して楽天市場で買い物
楽天銀行+楽天カード+1楽天銀行の口座から楽天カード利用分を引き落とし
楽天の保険+楽天カード+1「楽天の保険」の保険料を 楽天カードで支払い※1
楽天でんき+0.5加入&利用
楽天市場アプリ+0.5楽天市場アプリでの買い物
楽天証券+1月1回500円以上のポイント投資※2
楽天モバイル+1通話SIM利用、Rakuten UN-LIMIT
楽天TV+1楽天TVのNBAまたはパ・リーグSpecial加入・契約更新
Rakuten Fashion (旧楽天ブランド アベニュー)+0.5月1回以上買い物
楽天Pasha+0.5トクダネ対象商品の購入&レシート申請で、合計100ポイント以上の獲得
楽天ブックス+0.5月1回1注文1000円以上 買い物※3
楽天Kobo+0.5電子書籍を月1回1注文1000円以上買い物※3
楽天トラベル+1対象サービスを月1回5000円以上予約し、対象期間の利用※4
楽天ビューティ+1月1回3000円以上利用
楽天ひかり+12020年4月1日~

※2020年4月1日
※1:ポイントアップ対象は支払い月の翌月の楽天市場の買い物
※2:楽天ポイントコースへの設定・再設定が必要
※3:クーポン割引後の税込金額
※4:バスの予約は対象外

楽天市場での買い物やカード利用金額かポイントアップの対象となります(サービスによる)。SPUで付与されるポイントは、一部のサービスを除き、期間限定ポイント(付与月の翌月末日23時59分まで有効)です。

貯まるポイントは楽天ポイント

楽天ポイントの交換先はいろいろあります。

楽天市場や街中のお店で1ポイント=1円で利用できます。楽天ペイでも利用可能です。

それ以外にも様々な利用方法があり、使い道に困ることはありません。

楽天ポイントの有効期限

「楽天カード」を利用して貯まるポイントは楽天ポイントです。

通常ポイントは、最後にポイントを獲得した月を含めた1年間が有効期限ですが、期間内に1度でもポイントを獲得すれば有効期限は延長されます。(期間限定ポイントはそれぞれの有効期限)

楽天ポイントカード搭載・楽天Edy付きも選択可能

楽天ポイントカードは、街での買い物や、ポイントが使えるお店のレジで提示するだけで楽天ポイントを貯めて・使えるカードです。

1ポイント=1円相当なので、提示できる店舗では提示しないと損です。

現在発行中の楽天カードには、すべて楽天ポイントカード機能がついています。

また、プリペイド式電子マネー・楽天Edy機能がついた一体型のクレジットカードを選択することもできます。

ハワイラウンジが使える!

ハワイに専用ラウンジがあり、「楽天カード」の提示で無料で利用できます。(楽天カード保有者と同伴者)

楽天カード ワイキキラウンジ

営業時間:9:30-20:00 (年中無休) ※最終受付 19:45
場所:T ギャラリア ハワイ by DFS 2階

・カード盗難・紛失時の相談
・温かいコーヒーや冷たいジュースの提供
・Wi-Fi
・ラウンジ内トイレ完備 ※ウォシュレット付き
等のサービスがあります。

楽天カード アラモアナラウンジ

(2019年8月8日~)

営業時間:9:30-18:00 ※最終受付 17:45(休業日はアラモアナセンターに準じる)
場所:アラモアナセンター エヴァウィング 3階

・カード盗難・紛失時の相談
・温かいコーヒーや冷たいジュースの提供
・Wi-Fi
・ラウンジ内トイレ完備 ※ウォシュレット付き
等のサービスがあります。

ミッキー・ミニー・YOSHIKI等、カードのデザインが選べる

「楽天カード」にはいくつかのデザインがあり選択することができます。

ミッキーマウスやミニーマウス、YOSHIKIデザイン等があります。

旅行保険・付帯保険・その他

海外旅行保険

保険が有効になるためには、カード決済の条件(利用条件)を満たしている必要があります。(利用付帯)

2020年10月1日~は、カード決済の条件(利用条件)が変更になります。
保険が有効となるには、日本を出国する以前に以下に該当する代金を楽天カードで支払っていること(旅行開始後、日本出国以前に代金を支払った場合は、支払時以降の旅行期間が対象)。
・海外旅行代金(募集型企画旅行の代金)
以下は対象外になります。
×自宅から出発空港までの交通費(公共交通乗用具の運賃)
公式サイト
傷害死亡・後遺障害最高額2000万円
傷害治療費用1事故の限度額200万円
疾病治療費用1疾病の限度額200万円
賠償責任(免責なし)1事故の限度額2000万円
救援者費用年間限度額200万円
携行品損害(免責金額3000円)年間限度額20万円

国内旅行保険

付帯なし。

その他

カード利用お知らせメール、商品未着あんしん制度(楽天市場)、ネット不正あんしん制度、カード盗難保険付帯など、セキュリティの面でも安心です。

「楽天カード」の国際ブランド

「楽天カード」は申し込み時に、JCB・VISA・Mastercard・アメックスの4種類から選択できます。

国際ブランドの選択は、QRコード決済が国際ブランドによって利用できるできないがあるので、その点も含めて検討したほうがよいですね。

「楽天カード」とタッチ決済(コンタクトレス決済)

最近はタッチ決済(非接触型カード決済)を搭載したクレジットカードも登場してきました。

店頭で専用の端末にクレジットカードをかざすだけで決済が完了するタッチ決済。サインや暗証番号の入力が不要となり、スピーディーに決済できます。
(一定金額以上の支払いの場合、サインもしくは暗証番号の入力が必要)

セキュリティ面からも、タッチ決済はカードをお店側に渡す必要がないので安心。

「楽天カード」の場合は、VISAとMastercardで利用が可能です。

下記のマークがある店舗で利用できます。

「楽天カード」はタッチ決済でも、ポイントが100円で1ポイント貯まります。

「楽天カード」とApple Pay(アップルペイ)

Apple Payと「楽天カード」の相性は、ブランドによって異なります。

JCB・VISA・Mastercardの「楽天カード」はApple PayのWalletに登録してQUICPay(QUICPay+)として使うことができます。

アメックスブランドは登録できません。

VISAの「楽天カード」はWallet経由でのSuicaチャージには使えません。VISAをSuicaチャージに使うためにはiPhone向けのSuicaアプリ経由で行う必要があります。

VISAはWalletに登録してあっても、Apple Pay経由でのネット決済やアプリ内決済には使えません。一般にWallet経由でアプリ内決済ができるブランドはMasterCard,JCB,アメックスです。

JCB・Mastercardの「楽天カード」はWalletからSuicaへのチャージが可能で、Apple Payも制限なく使えます。

「楽天カード」の中でApple Payとの相性が良いのはMasterCard・JCBです。

「楽天カード」とGoogle Pay(グーグルペイ)

Google Pay(グーグル ペイ)での非接触型決済は、2019年5月末から一部のクレジットカードでiD・QUICPayの利用が可能になり、便利になりました。

「楽天カード」(アメックス ブランド以外)は登録できます。登録してポストペイ型の電子マネーQUICPay(QUICPay+)として利用することができます。

「楽天カード」とQRコード決済/スマホ決済

QRコード決済/スマホ決済は、それぞれチャージが必要だったり、登録したクレジットカードからの支払だったり、両方できたりと、コード決済によって違います。

PayPay(ペイペイ)・楽天ペイ・d払い・auペイ・ラインペイ・メルペイと「楽天カード」についてまとめると以下のようになります。

 「楽天カード」を登録「楽天カード」からチャージ
PayPayVISA,Mastercard×
楽天ペイVISA,Mastercard,JCB,アメックスVISA,Mastercard,JCB,アメックス
d払いVISA,Mastercard,JCB,アメックス×(クレカ不可)
auペイMastercard,アメックス,JCB・VISA(auユーザーのみ)
LINE Pay×
メルペイ×(クレカ不可)

還元率については下記の記事で紹介しています。

「楽天カード」と電子マネー

楽天edy

「楽天カード」から楽天Edyへのチャージは可能です。Edyチャージ200円毎に1ポイント付与されます。(通常の1/2)

「楽天カード」で貯めた楽天ポイント(通常ポイント)は、Edyへチャージすることもできます。(1ポイント→Edy1円分(10ポイント以上から交換可能))

※Edyは楽天ポイントが貯まる設定が必要

Suica

2020年5月25日~、Android端末の「楽天ペイ」アプリで「モバイルSuica」の機能を利用できるようになりました。「楽天カード」からのチャージでポイント付与(0.5%)もあります。iPhoneでのチャージもキャンペーン中です。

「楽天カード」と電子マネーについてまとめると

 「楽天カード」
楽天Edy(エディ)○(通常の1/2)
モバイルSuica△(「楽天ペイ」ならポイント付与あり・通常の1/2)
nanaco(ナナコ) ×
WAON(ワオン)×
PASMO(パスモ)オートチャージ不可、モバイルPASMO可
SMART ICOCA(イコカ)
QUICPay(QUICPay+)ApplePayで利用可・GooglePayで利用可(アメックス以外)
iD

○:チャージ可・ポイント付与あり
△:チャージ可・ポイント付与なし
×:チャージ不可

「楽天カード」のデメリット

「楽天カード」のデメリットは、電子マネーへのチャージでポイント付与が少し弱いことです。その点は残念です。

まとめ

「楽天カード」は年会費無料で、1%還元率。海外旅行保険(利用付帯)も付いています。

楽天サービスをよく利用するなら持っていて損はない、おすすめの1枚です。

国際ブランドMasterCard、JCB、VISA、AMEX
申し込み資格18歳以上(高校生不可)
ポイント100円につき 1 楽天ポイント※SPUによりさらにUP
有効期限通常ポイント:最後にポイントを獲得した月を含めた1年間(期間内に1度でもポイントを獲得すれば延長)
期間限定ポイント:それぞれの期限
年会費永年無料
家族カード年会費:永年無料
ETCカード年会費:500円+税(ダイヤモンド・プラチナ会員は年会費無料)
海外旅行傷害保険最高2000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険
その他あんしん機能(カード利用お知らせメール、商品未着あんしん制度(楽天市場)、ネット不正あんしん制度、カード盗難保険付帯など)
スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする