「楽天ペイ」に「楽天PINKカード」は登録できる?カードとの違いは?

「楽天ペイ」に「楽天PINKカード」は登録できる?カードとの違いは何?

「楽天PINKカード」は年会費無料で、ピンクが基調の可愛いデザインが大人気のクレジットカードです。

今回の記事では「楽天ペイ」に「楽天PINKカード」を登録できない場合があるのかや、「楽天ペイ」と「楽天カード」の違い等について解説します。

スポンサーリンク

「楽天ペイ」に「楽天PINKカード」は登録できる

結論から言えば、「楽天ペイ」に「楽天PINKカード」は登録できます!

<楽天ペイの支払い方法>
①クレジットカード・デビットカードから
②楽天キャッシュから
※楽天ポイントから
さらに、
①に登録できるクレジットカード:楽天カードならすべてOK、その他のカードは国内で発行されたVisa、Mastercard、JCB、アメックス(デビットカードも可)
②の楽天キャッシュにチャージできるクレジットカードは、楽天カードだけ

「楽天PINKカード」は入会時にVISA、MasterCard、JCB、アメックスの4種類のブランドが選べます。

「楽天ペイ」にカードを登録できない場合は、以下の理由が考えられます。
・本人認証サービス(3Dセキュア)に対応していないカード
・海外のカード会社が発行したカード
・本人名義以外のカード
・有効期限切れ、利用停止なでの無効なカード

もし手持ちの「楽天PINKカード」が登録できないとしたら原因は、
上記いずれか
もしくは
「楽天PINKカード」の本人認証をまだ登録していない
と思われます。

「楽天PINKカード」の本人認証(3Dセキュア)については下記の記事で紹介しています。

「楽天ペイ」へのチャージ方法

※楽天ペイは登録したクレジットカード・デビットカードから支払いができるので、チャージが必須な訳ではありません。

楽天ペイ=楽天キャッシュへチャージする方法は以下です。

・ラクマの売上金をチャージ
・楽天カードからチャージ
・楽天銀行からチャージ
・楽天ウォレットからチャージ
・ATM(セブン銀行)からチャージ

クレジットカードの場合、楽天カード以外からはチャージできません。

「楽天ペイ」なら「楽天PINKカード」がおすすめ

年会費無料
追加カードETCカード、家族カード
還元率1%~
ポイント楽天ポイント
付帯保険海外旅行保険(自動付帯)
Apple Pay・Google PayApple Pay:登録してQUICPay(QUICPay+)として利用可能
Google Pay:アメックスブランド以外は登録してQUICPay(QUICPay+)として利用可能

「楽天PINKカード」なら「楽天ペイ」が一番おすすめです。

「楽天ペイ」と「楽天カード」の違い

「楽天ペイ」はスマホで決済が行えるキャッシュレス決済ツールです。スマホを持っていてアプリをダウンロードすれば、誰でも利用できます。

一方、「楽天カード」はクレジットカードです。クレジットカードは入会時に審査があり、誰でも持てるわけではありません。

「楽天ペイ」=スマホ決済ツール
「楽天カード」=クレジットカード

同じ楽天グループのサービスですが、内容は全く違うものです。

「楽天ペイ」×「楽天カード」の還元率

「楽天ペイ」の支払い方法は以下になります。

①クレジットカード払い(クレジットカード・デビットカードから)
②チャージ払い(楽天キャッシュから)
③楽天銀行口座払い
※ポイント払い(楽天ポイントから)

2020年7月~、ポイント還元率は楽天ペイ×楽天カードからチャージで最大1.5%還元になっています。

クレジットカード/ポイント払いの場合

①クレジットカード払い(クレジットカード・デビットカードから)の場合、チャージは必要ありません。

 クレジットカード払いポイント払い
楽天カード楽天ポイント
ポイント還元率1%1%
ポイント進呈日支払いした月の
翌月中旬頃翌々月末

「楽天カード」以外の他クレジットカードでも支払いは可能ですが、ポイント付与はありません。

チャージ払い(楽天キャッシュから)の場合

②チャージ払い(楽天キャッシュから)を選択した場合、楽天キャッシュにチャージして利用することができます。

 チャージ払い(楽天キャッシュから)
チャージ元楽天カード楽天銀行ラクマ売上金
ポイント還元率1.5%※1%1%
ポイント進呈日(チャージ分)チャージした月の翌月中旬
ポイント進呈日(支払い分)支払いした月の翌々月末

※楽天カードからのチャージ時に楽天カードから0.5%還元、チャージ残高(楽天キャッシュ)でのお支払い時に楽天ペイから1%還元、合計で1.5%還元。

楽天ペイアプリによるコード/QR/セルフでの支払いを対象。下記の支払い分は対象外。
・楽天ペイアプリ内の楽天ポイントカードによる支払い分
・楽天ペイアプリ内の楽天Edyへのチャージ分、楽天Edyによる支払い分
・楽天ペイアプリ内のSuicaへのチャージ分、Suicaによる支払い分
・ネットでの楽天ペイの支払い分

楽天キャッシュは、個人間で送金もできます。

楽天ペイで楽天ポイントを利用する方法

支払い方法が①でも②でも、楽天ポイントを使うように設定すれば、期間限定ポイントも利用できるので、楽天ユーザーにとってはポイント消化にはイチオシツールです。

①を支払い方法に設定している場合、楽天ポイントを全額または数量を設定して支払いに併用できます。

1.「全てのポイント/キャッシュを使う」にチャックを入れる あるいは「設定」をタップ
2.「設定」を選択した場合、「すべて使う」or「一部使う」をタップ
3.「一部使う」を選択した場合、ポイント優先かキャッシュ優先を選択、いくらまで使うかを入力し「完了」

②を支払い方法に設定している場合は、ポイント利用は可能ですが、利用ポイント数を設定することはできません。

※楽天ペイで楽天ポイントを利用する場合、通常ポイントと期間限定ポイントでは、期間限定ポイントから優先して使われます。

まとめ

「楽天ペイ」に「楽天PINKカード」は登録できます!

「楽天ペイ」に一番向いている、相性抜群のクレジットカードです。

年会費無料のクレジットカードなので、「楽天ペイ」をよく使うなら「楽天PINKカード」は持っていて損なしです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする