iPhone(アイフォン)でGoogle Payは使える?nanaco、楽天Edyは?

Apple Pay(アップルペイ)の登場で、iPhone(アイフォン)でのSuicaやQUICPay、iDの利用も可能になっている現在。

でも、Google Pay(グーグルペイ)は利用できるのか?nanacoは?楽天Edyは?

そんな疑問は、まだまだあります。

今回の記事では、iPhone(アイフォン)でのGoogle Pay(グーグルペイ)、nanaco、楽天Edyの利用可能状況についてまとめました。

スポンサーリンク

 


iPhone(アイフォン)でGoogle Pay(グーグルペイ)は利用できるのか?

「iPhone(アイフォン)でGoogle Pay(グーグルペイ)を利用できるかどうか」という問いに対する答えは、YESでありNOであるという状況です。

Google Pay(グーグルペイ)では以下のサービスが利用できます。

・Google サービスの購入(日本で利用可能)
・店舗でのお支払い、およびポイントカード、ギフトカード、クーポン、イベント チケット、搭乗券の使用(日本で利用可能)
・オンラインまたはアプリでの支払い(日本で利用可能)
・友だちや家族への送金
・電車やバス運賃の支払い(日本で利用可能)
・Chrome に保存された情報を使用しての支払い(日本で利用可能)

これらのサービスが全世界で利用できるわけではなく、サービスによって国やデバイスが限定されている状況です。

大半のサービスは日本で利用できますが、問題はiPhone(アイフォン)で利用できるかどうかということ。

→公式サイト

公式サイトにも書かれていますが、iPhone(アイフォン)でGoogle Pay(グーグルペイ)を利用できるかというと、アメリカではYESで、日本ではNO=利用できない、のが現状となります。

残念ながら日本では、iPhone(アイフォン)でGoogle Pay(グーグルペイ)は利用できません。

iPhone(アイフォン)でnanacoは利用できるのか?

結論からというと、iPhone(アイフォン)でnanacoを利用することはできません。Apple Pay(アップルペイ)にnanacoは対応していません。

EdyのようにEdyカードと組み合わせて・・といった、なんちゃってすらできない状況です。

残念ながら日本では、iPhone(アイフォン)でnanacoは利用できません。

代替案としては、iPhone+キーホルダー型nanaco・nanacoカードぐらいしか手はないようです。

キーホルダー型nanaco・ENEOS nanaco

ENEOS nanacoはENEOSのサービスステーションで作ることができます。
年会費無料・発行手数料300円(税込)

→公式サイト

ENEOS nanacoに限らず、ガソリンスタンドでnanacoが使えるのはENEOSだけです。ポイントも貯まります(200円(税抜)につき1ポイント)。

※ENEOSでの支払い時は、電子マネーのみとなり、現金・クレジットカード・Tカードとの併用は不可となります。

キーホルダー型nanaco・ANA QUICPay+nanaco

ANAスキップサービス、QUICPay、nanacoの機能が1つになった「ANA QUICPay + nanaco」がありますが、JCBブランドのANAカードを持っていないと作れません。

その名の通り、ANAスキップサービス、QUICPay、nanacoの機能が1つになったものです。JCBブランドのANAカードを持っているなら、ぜひ持ちたいアイテムですね。

発行手数料300円(税別)
※「ANA QUICPay + nanaco」の年会費は無料ですが、ANAカードの年会費がかかります。


iPhone+キーホルダー型nanacoの場合、残高照会やチャージが少し面倒ですね。

iPhone(アイフォン)で楽天Edyは利用できるのか?

結論からというと、iPhone(アイフォン)単体で楽天Edyを利用することはできません。Apple Pay(アップルペイ)に楽天Edyは対応していません。

残念ながら日本では、iPhone(アイフォン)単体で楽天Edyは利用できません。

iPhone単体での【楽天Edy】は無理ですが、組み合わせによって利用できなくもありません。

iPhone+Edyカード with パソリ(RC-S390)

もしくは、

iPhone+おサイフケータイジャケット等おサイフケータイ対応機器

この2パターンで利用できなくはありません。ただし、iPhone単体では使えません。

iPhone+おサイフケータイジャケット等おサイフケータイ対応機器

iPhone+おサイフケータイジャケット等おサイフケータイ対応機器の場合、残念なのは、「おサイフケータイジャケット」はもう販売していない・・・(販売していても中古です。)

元々「おサイフケータイジャケット」はiPhone 6 Plusまで、iPhone8等では使用できませんでした。

ということで現在「おサイフケータイジャケット」の代わりは、「wena wrist/pro/active」。

パッと見、ただの腕時計のように見えますが、バンドのところにチップが入っていて、電子マネーとして機能してくれます。

「wena wrist/pro/active」で使える電子マネー等の機能は以下の通り。

・楽天Edy
・iD
・ANA Skipサービス
・QUICPay
・dポイント
・ヨドバシポイント

ただの腕時計ではないので充電は必要ですが、1回充電すれば1週間程度持つので、それほど不便は感じないはずです。

支払いに利用するときはiPhoneがなくても可能なので、腕時計をする人ならこれもアリだとは思います。

【楽天Edy】として使う場合は
①「おサイフリンク」アプリをダウンロード
②「wena wrist/pro/active」と接続(Bluetoothでペアリングし接続し、利用できるサービスとして【楽天Edy】を追加)
③チャージ(「おサイフリンク」でチャージ)
④店舗で【楽天Edy】で支払い
の流れになります。

ただ価格設定が高めです。手に入れようと思ったら30000円を超えてくる感じです。

iPhone+Edyカード with パソリ(RC-S390)

iPhone+「wena wrist/pro/active」も便利ですが初期費用が高いので、できるだけ安く抑えて【楽天Edy】をiPhoneでと考えた場合は、iPhone+Edyカード with パソリ(RC-S390)になります。

その場合、必ず必要になるのが「パソリ(RC-S390)」。5000円を切っているので、「wena wrist/pro/active」より、だいぶ出費を抑えられます。

 

Edyカードについては、Edy機能付き楽天カードを申し込めば無料で手に入ります。

iPhoneと使いたいとなると、キーホルダー型のほうがよいでしょうか。

可愛いタイプなら、お買いものパンダEdyキーホルダーがあります。

 

その他のキーホルダー型のEdyは楽天イーグルス関係です。ぱっと見はそれとわからないのでおすすめです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天イーグルス Edyキーホルダー(本革)《茶》
価格:1200円(税込、送料別) (2019/8/22時点)

楽天で購入

他の色や、タイプが違うもの(選手キャラ)も楽天イーグルス関係なら出ています。

【楽天Edy】として使う場合は
①「パソリ用Edy」アプリをダウンロード
②iPhoneにパソリ(RC-S390)でEdyカードを接続(「パソリ用Edy」アプリ→初期設定→Bluetoothでペアリングし接続)
③チャージ
④店舗で【楽天Edy】で支払い
の流れになります。

まとめ

iPhone(アイフォン)単体で、Google Pay(グーグルペイ)、nanaco、楽天Edyは利用できるのか確認しましたが、結論としては全て単体では利用できませんでした。

iPhone(アイフォン)にはApple Pay(アップルペイ)があるので、現状それほど不便は感じなくなっていると思いますが、nanaco、楽天Edyの場合は、カード型をスマホケースに入れておくとか、キーホルダー型を付けるという方法しかないようです。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする