Google Pay(グーグルペイ)でQUICPay(クイックペイ)が使えるクレジットカード等は?

Google Pay(グーグルペイ)には電子マネー(Suica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPay、iD)のためのプラットホームとしての役割があります。

しかし、どんなクレジットカードでもGoogle Pay(グーグルペイ)に登録してQUICPay(クイックペイ)やiDとして使えるわけではありません。

今回の記事ではGoogle Pay(グーグルペイ)に登録してQUICPay(クイックペイ)として使えるクレジットカード等について解説します。

スポンサーリンク

 


Google Pay(グーグルペイ)に登録してQUICPayとして利用できるクレジットカード・プリペイドカード・デビットカード

対応サービス主なカード
KyashKyash Visa カード ⇒公式
JACCSジャックスカード/ジャックスゴールドカード(Visa,MasterCard,JCB) ⇒公式
(対象外:プリペイドカード)
JCB※下別表を参照 ⇒公式
(対象外:JCBプレモカード、法人クレジットカードおよび一部の個人クレジットカード)
LINELINE Pay カード ⇒公式
you meゆめカード(ゆめかクレジット)・エクセルメンバーズカード ⇒公式
(対象外:ハウスカード、法人クレジットカード)
楽天カード楽天カード/楽天ゴールドカード(Visa,MasterCard,JCB) ⇒公式
(対象外:Amex ブランドが付帯されているカード)
リクルートカードリクルートカード(JCB) ⇒公式
じぶん銀行じぶん銀行スマホデビット ⇒公式

※JCBブランドの対応カードは次の通りです。

株式会社名古屋カード
ちばぎんジェーシービーカード株式会社
第四ジェーシービーカード株式会社
株式会社池田泉州JCB
株式会社鹿児島カード
株式会社七十七カード
株式会社北陸カード
株式会社やまぎんカード
株式会社十八カード
株式会社東北ジェーシービーカード
株式会社大分カード
株式会社みなとカード
株式会社東邦カード
むさしのカード株式会社
株式会社秋田ジェーシービーカード
株式会社愛媛ジェーシービー
中銀カード株式会社
株式会社高知カード
株式会社おきぎんジェーシービー
株式会社近畿しんきんカード
九州カード株式会社
京銀カードサービス株式会社
きらぼしJCB株式会社
株式会社山陰合同銀行
肥銀カード株式会社
株式会社中国しんきんカード
株式会社とりぎんカードサービス
株式会社紀陽カード
株式会社しがぎんジェーシービー
株式会社北国クレジットサービス
株式会社群銀カード
フィデアカード株式会社
北越カード株式会社
株式会社九州しんきんカード
トモニカード株式会社
株式会社十六カード
たいこうカード株式会社
東日本銀ジェーシービーカード株式会社
株式会社しんきんカード
もみじカード株式会社
株式会社中部しんきんカード
株式会社東北しんきんカード
清水リース&カード株式会社
株式会社OKBペイメントプラット
株式会社百十四ジェーシービーカード
ひろぎんカードサービス株式会社
株式会社とちぎんカード・サービス
スルガカード株式会社
宮銀カード株式会社
きらやかカード株式会社
やまぎんカードサービス株式会社
阿波銀カード株式会社
株式会社福井カード
株式会社札幌北洋カード
三菱UFJニコス株式会社
りそなカード株式会社
商工中金カード株式会社
株式会社福岡銀行
株式会社千葉銀行
株式会社佐賀銀行
株式会社広島銀行
株式会社常陽銀行
株式会社中国銀行
株式会社北洋銀行
株式会社山口銀行
株式会社静岡銀行
株式会社第四銀行
株式会社群馬銀行
株式会社京都銀行
株式会社東邦銀行
株式会社秋田銀行
株式会社ゆうちょ銀行
株式会社伊予銀行
株式会社百十四銀行
株式会社足利銀行
株式会社福井銀行
株式会社大垣共立銀行
株式会社みずほ銀行
株式会社愛媛銀行
株式会社紀陽銀行
株式会社名古屋銀行
株式会社七十七銀行
株式会社沖縄銀行
株式会社親和銀行
株式会社熊本銀行
株式会社三菱UFJ銀行
株式会社十六銀行
株式会社百五カード
株式会社八十二銀行
株式会社じぶん銀行
株式会社鹿児島銀行
株式会社阿波銀行

Google Pay(グーグルペイ)でQUICPay(クイックペイ)を利用するときの注意点

QUICPay(QUICPay+)はポストペイ型の電子マネーのため、事前にチャージ等必要ありません。

Google Pay(グーグルペイ)に登録したQUICPay(QUICPay+)の利用方法はかんたんです。

会計時に「クイックペイで支払います」と伝えてかざすだけ。

ただし、Google Pay(グーグルペイ)のQUICPay(QUICPay+)には利用上限があります。(QUICPayは支払い時に本人認証なしで支払いができるため、1回の利用上限額が厳しくなっています。)

QUICPayマークのお店2万円(税込)まで
(楽天カードは29999円まで)
QUICPay+マークのお店3万円(税込)まで

また、プリペイドカード・デビットカードを登録したGoogle Pay(グーグルペイ)のQUICPay(QUICPay+)は、QUICPay+マークのあるお店でのみ利用できます。

QUICPay(QUICPay+)が利用できるお店

◎QUICPay(クイックペイ)、QUICPay+(クイックペイプラス)が利用できる主な店舗

ジャンルお店 
コンビニアンスリーQUICPay+
くらしハウス
スリーエイト
生活彩家
セイコーマート
セブンイレブン
デイリーヤマザキ
ファミリーマート
ポプラ
ミニストップ
ローソン
ローソンストア100
ガソリンスタンドENEOS(エネオス)QUICPay
昭和シェル石油

その他にも利用できるショップはたくさんあります。→(公式サイト)

※QUICPay加盟店(QUICPay+非対応店)では2万円(税込)を超える支払いはできません。また、プリペイドカード・デビットカードを支払いに指定しているクイックペイは利用できません。

まとめ

Google Pay(グーグルペイ)に登録してQUICPay(クイックペイ)として利用できるクレジットカード等は増えつつあります。

QUICPay(クイックペイ)、QUICPay+(クイックペイプラス)は利用できる店舗も増えています。

最近とくに機能拡張が目覚しいAndroid端末。スマホ決済という点でもiPhoneをしのぐ時代がそこまで来ているのかもしれません。

39歳以下の方におすすめのJCBカードは「JCB カード W」。

「JCB カード W」
おすすめポイントポイントいつも2倍(1%ポイント還元率)
年会費無料
39歳までに申し込みすると、その後も年会費無料で継続利用可能
申し込み資格18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。
年会費無料
家族カード年会費無料
ETCカード年会費無料
海外旅行傷害保険最高2000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険
Apple Pay・Google Payどちらも登録してQUICPayクイックペイとして利用可能
詳細   公式サイト

「JCB CARD W plus L」は、「JCB CARD W」のサービスにプラスして女性に嬉しい各種優待・保険がついたカードです。

「JCB カード W plus L」
おすすめポイントポイントいつも2倍(1%ポイント還元率)
年会費無料
39歳までに申し込みすると、その後も年会費無料で継続利用可能
女性に嬉しい各種優待・保険
申し込み資格18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。
年会費無料
家族カード年会費無料
ETCカード年会費無料
海外旅行傷害保険最高2000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険
Apple Pay・Google Payどちらも登録してQUICPayクイックペイとして利用可能
詳細   公式サイト

40歳以上の方には年会費はかかりますが特典が充実している「JCB ゴールド」がおすすめです。

「JCB ゴールド」
おすすめポイント空港ラウンジが無料で利用できる
「JCB ゴールド ザ・プレミア」のインビテーション(招待)がくることも
海外旅行保険、国内旅行保険が充実
申し込み資格20歳以上で、本人に安定継続収入のある方。(学生不可)
年会費10000円+税
・初年度年会費無料(オンライン入会の場合のみ)
家族カード1名無料、2人目より1名につき1000円(税別)(本会員の年会費が無料の場合、家族会員も無料)
ETCカード年会費無料
海外旅行傷害保険最高1億円(利用付帯)※自動付帯は最高5000万円
国内旅行傷害保険最高5000万円(自動付帯)
Apple Pay・Google Payどちらも登録してQUICPayクイックペイとして利用可能
詳細   公式サイト
スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする