「Kyash(キャッシュ)」のチャージ方法が知りたい!お得な方法は?【2020年9月最新版】

「Kyash(キャッシュ)」ってプリペイドカードだからチャージが必要だと思うが、どんなチャージ方法があるか知りたい!

今回の記事では、還元率1%以上も可能ということで人気のあるプリペイドカード「Kyash(キャッシュ)」のチャージ方法についてまとめました。

プリペイドカード「Kyash(キャッシュ)」には、「Kyash Card(キャッシュ カード)」、「Kyashリアルカード」、「Kyash Card Virtual」の3種類があります。

【ポイント還元率(※一部対象外取引あり)】
「Kyash Card(キャッシュ カード)」:1%
「Kyashリアルカード」:0.5%
「Kyash Card Virtual」:0.5%

【2020年9月最新版】

スポンサーリンク

 


「Kyash(キャッシュ)」のチャージ方法

「Kyash(キャッシュ)」のチャージ方法には以下があります。

・銀行口座からチャージ(入金)
・クレジットカード/デビットカードからチャージ(入金)
・コンビニ/セブン銀行ATM/ペイジーからチャージ(入金)
・提携サービスの売上金やポイントからチャージ(入金)

さらにクレジットカード/デビットカードでのチャージには、リンク(自動チャージ)と都度チャージ(手動チャージ)する方法があります。

コンビニ・セブン銀行ATM・銀行ATM(ペイジー)のチャージは事前チャージになります。(都度チャージと同じようなものですね。)

まとめると以下のようになります。

チャージ方法都度チャージ(手動チャージ)リンク(自動チャージ)
銀行口座
クレジットカード/デビットカード
コンビニセブン銀行ATM銀行ATM(ペイジー)
ポイント等

銀行口座でのチャージ方法

2020年9月7日~銀行口座からのチャージが可能になりました。

銀行口座からの入金条件には以下のようなものがあります。

※1回あたり2,000円以上かつ1円単位で入金が可能
※1日(24時間)あたりの最大入金額は100000~300000円
・本人確認アカウントかつKyash Cardを発行している場合の最大入金額:300000円
・本人確認アカウントかつKyash Card LiteまたはKyash Card Virtualを発行している場合の最大入金額:100000円
※銀行口座/コンビニ/セブン銀行ATM/銀行ATM(ペイジー)/登録カードからの入金額の合計で100000~300000円
※入金手数料は無料

登録できる銀行口座は、
・普通預金もしくは当座預金
・最大5行まで登録可能
・本人名義の銀行口座のみ登録が可能

登録可能な銀行口座:
ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、イオン銀行、埼玉りそな銀行、福岡銀行、関西みらい銀行、親和銀行、熊本銀行
(2020年9月7日現在)

クレジットカード/デビットカードでのチャージ方法

まずは、登録できるカードについてです。

Visa/Mastercardのクレジットカード、デビットカードを合計5枚まで登録が可能
②24時間に1枚登録することが可能
③ブランドプリペイドカードは利用不可
④カードの新規登録は午前8時から午前0時まで可能

デビットカードも登録できるので、クレジットカードを持っていなくても利用できますね。

また、以下の条件を満たしている必要があります。

・本人名義のカード
・日本国内発行のカード
・有効期限内のカード
・利用停止/不可となっていないカード

※登録するカードの3Dセキュア対応は必須ではありませんが、本人認証の有無によって、「Kyash Card Virtual」の利用上限金額が異なります。

上限バーチャルカード(本人認証未対応)バーチャルカード(本人認証対応)リアルカード
送金1回あたり5千円10万円10万円
1ヶ月合計1万円10万円10万円
決済(購入)24時間当たり5千円3万円5万円
1回あたり5千円3万円5万円
1ヶ月合計2万円12万円12万円

リンク(自動チャージ)

登録カードでのチャージには、リンク(自動チャージ)と都度チャージ(手動チャージ)する方法があります。

リンク(自動チャージ)は、送金時/決済時にKyash(キャッシュ)残高の不足分を自動でチャージする方法です。

例えば、
Kyash(キャッシュ)残高が3000円の状態で、「Kyash(キャッシュ)」で10000円の買い物/送金をした場合に、7000円が即座にチャージされて、買い物/送金が成立するということです。

(公式サイト)リンク(自動チャージ)の設定と解除方法

都度チャージ(手動チャージ)

都度チャージ(手動チャージ)、は任意の金額(限度額内)を決めて、自分で操作をしてチャージする方法です。

◆残高が5万円以上の場合はチャージ不可
◆24時間のチャージ申請総額が50001円以上ある場合は申請不可

①Kyashアプリのウォレットを開き、チャージに使用するカードをタップ
②「Kyash残高にチャージ」をタップ
③チャージする金額を選択し「チャージ」をタップ
④選択した金額に誤りがないことを確認し「チャージ」をタップ
⑤完了→残高確認

コンビニチャージ

ローソン/ファミリーマート/ミニストップ/セイコーマートでチャージ可能です。

※セブンイレブンではセブン銀行ATMでのチャージ方法になります。

◆残高が5万円以上の場合はチャージ不可
◆1日(24時間)あたりのコンビニ/セブン銀行ATM/銀行ATM(ペイジー)/カードのチャージ金額の合計が 50001円 以上になる場合は申請不可
◆最低チャージ金額は3000円
◆現金のみ

①Kyashアプリ>ウォレット>「その他の方法でチャージ」>コンビニをタップ
②希望の金額をタップ(最低チャージ金額は3000円)
※初回利用時のみ名前(姓名)の入力が必須
③内容に間違いがなければ「チャージ申請」をタップ
※支払期限は申請日翌日の23:59まで→支払期限を過ぎると自動的キャンセル
④ウォレット画面の「やることリスト」>「チャージ申請中」をタップ
⑤「支払方法」をタップし操作手順を確認のうえチャージ
⑥コンビニでは、
ローソン・ミニストップ:Loppi利用
ファミリーマート:Famiポート利用
セイコーマート:クラブステーション利用
⑦レジで支払い

セブン銀行ATMチャージ

セブン銀行ATMを利用してチャージする方法です。

Kyashアプリが入ったスマートフォンでチャージを行うので、Kyash Visaカードは不要です。

◆チャージ金額より多い金額の紙幣を入れた場合お釣りが出る
◆硬貨は使用不可

①ATMで「スマートフォンでの取引」を選択(カードは入れない)
② Kyashアプリ > ウォレット >「その他の方法でチャージ」>「セブン銀行ATM」>「QRコードをスキャン」をタップ
③ATM画面にQRコードが表示されたらスマートフォンをかざして読み取り、右下の「次へ」を押す
④アプリ画面に表示される企業番号をATMに入力し、右下の「確認」を押す
⑤任意のチャージ金額を入金
⑥完了するとレシートが出てくる

銀行ATM(ペイジー)チャージ

銀行ATM(ペイジー)を利用したチャージ方法もあります。

◆残高が5万円以上の場合はチャージ不可
◆1日(24時間)あたりのコンビニ/セブン銀行ATM/銀行ATM(ペイジー)/カードのチャージ金額の合計が 50001円 以上になる場合は申請不可
◆最低チャージ金額は3000円
◆みずほ銀行からのチャージは1回/日
◆楽天銀行からのチャージ不可

①Kyashアプリ>ウォレット>「その他の方法でチャージ」>銀行ATM(ペイジー)をタップ
②希望の金額をタップ(最低チャージ金額は3000円)
※初回利用時のみ名前(姓名)の入力が必須
③内容に間違いがなければ「チャージ申請」をタップ
※支払期限は申請日翌日の23:59まで→支払期限を過ぎると自動的キャンセル
④ウォレット画面の「やることリスト」>「チャージ申請中」をタップ
⑤「支払方法」をタップし操作手順を確認のうえチャージ
⑥各銀行でペイジーの手続きを行う(銀行のサイトやATM等)

お得な方法は!

「クレジットカード/デビットカードでのチャージ」が一番お得な方法になります。

理由は、
クレジットカード→「Kyash(キャッシュ)」へのチャージでクレジットカードのポイント付与
があれば、2重取りが可能です。

例えば「Kyash Card(キャッシュ カード)」の場合、
◆「Reader’s Card(リーダーズカード)」1.257%還元率→「Kyash Card(キャッシュ カード)」1%還元率=合計2.257%還元率可能
◆「REX CARD(レックスカード)」1.25%還元率→「Kyash Card(キャッシュ カード)」1%還元率=合計2.25%還元率可能
◆「楽天カード」(VISA/Mastercard)1%還元率→「Kyash Card(キャッシュ カード)」1%還元率=合計2%還元率可能

「Kyash(キャッシュ)」を使ってお得を享受したいなら、チャージでポイント付与があるクレジットカードが必須です。

まとめ

「Kyash(キャッシュ)」のチャージ方法は、
・銀行口座からチャージ(入金)
・クレジットカード/デビットカードからチャージ(入金)
・コンビニ/セブン銀行ATM/ペイジーからチャージ(入金)
・提携サービスの売上金やポイントからチャージ(入金)

カードを登録する方法が一番かんたんでお得ですが、登録できるカードがないようなら、銀行口座やセブン銀行ATMを利用する方法が比較的使いやすいでしょうか。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする