【2021年最新版】「ファミリーマート」でQUICPay(QUICPay+)の使い方は?

「ファミリーマート」でQUICPay(クイックペイ)/QUICPay+(クイックペイプラス)を使いたいけど、使い方を知りたい!

「ファミリーマート」と言えば、今やFamipay(ファミペイ)のイメージが強いのですが、「QUICPay(クイックペイ)/QUICPay+(クイックペイプラス)」はどうでしょうか。

今回の記事では、コンビニ大手「ファミリーマート(ファミマ)」での「QUICPay(クイックペイ)/QUICPay+(クイックペイプラス)」の使い方等についてまとめました。

【2021年最新版】

スポンサーリンク

「ファミリーマート(ファミマ)」でQUICPay(クイックペイ)/QUICPay+(クイックペイプラス)は使える・使い方は?

「ファミリーマート(ファミマ)」でQUICPay(クイックペイ)/QUICPay+(クイックペイプラス)は使えます。

「ファミリーマート(ファミマ)」でQUICPay(クイックペイ)/QUICPay+(クイックペイプラス)を利用するときの使い方は、以下のいずれかでの決済になります。

・iPhoneの場合:Apple Pay(アップルペイ)・QUICPay/QUICPay+
・Androidの場合:Google Pay(グーグルペイ)・QUICPay/QUICPay+
・Androidの場合:QUICPayモバイル
・カード型・コイン型

「ファミリーマート(ファミマ)」でQUICPay/QUICPay+で支払えないもの

「QUICPay(QUICPay+)」で何でも支払えるわけではありません。以下のものは支払えません。

<支払いできない商品・サービス>

公共料金等の各種代金お支払い
Famiポート取扱い商品・サービス
プリペイドカード類(POSAカード、QUOカード、テレホンカード等)
宅急便・宅急便コンパクト送料
切手・はがき・印紙類
ゴミ処理券等の金券類
一部の自治体指定ごみ袋
電子マネーチャージ
コピー、FAXの支払い

税金・公共料金等収納代行の支払いはFamipay(ファミペイ)

「ファミリーマート(ファミマ)」なら、Famipay(ファミペイ)で税金・公共料金等収納代行の支払いが可能です。

「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」もしくは「dポイントカード」を提示・併用

「ファミリーマート(ファミマ)」では、「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」もしくは「dポイントカード」を提示すると併用してポイントが貯まります。
(2019年11月26日~それまでのTポイントに加え、楽天スーパーポイントもしくはdポイントが貯められるようになります。)

「Tポイントカード」:200円(税込)ごとに1ポイント(0.5%還元率)
「楽天ポイントカード」:200円(税込)ごとに1ポイント(0.5%還元率)
「dポイントカード」:200円(税込)ごとに1ポイント(0.5%還元率)

「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」「dポイントカード」はいずれか一つのみになり、3つの併用はできません。

また、ファミリーマートのスマートフォンアプリ「ファミペイ」内で、「dポイント」「楽天スーパーポイント」「Tポイント」との連携が可能です。(2019年11月26日~)

ポイントカードを連携させておけば、併用も手間いらずです。

「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」「dポイントカード」いずれを併用するかは好みでよいでしょう。

「ファミリーマート(ファミマ)」では他のキャッシュレス決済も利用できる!お得なものを選択しよう

「ファミリーマート(ファミマ)」では、他のキャッシュレス決済方法もいろいろあります。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)○(使える)
楽天ペイ○(使える)
LINE Pay(ラインペイ)○(使える)
メルペイ○(使える)
d払い○(使える)
au PAY(auペイ)○(使える)
FamiPay(ファミペイ)○(使える)
J-Coin Pay○(使える)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)○(使える)
楽天Edy○(使える)
nanaco(ナナコ)×(使えない)
WAON(ワオン)○(使える)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)
iD※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)

※よく利用されると思われる決済方法だけピックアップしています。詳細は公式サイトで

かなりのクレジットカード・QRコード決済・電子マネーの利用が可能です。

◎ちなみにポイントでの支払いも可能(支払えないものもあり)
1Tポイント=1円
1dポイント=1円
1楽天ポイント=1円

QUICPay(クイックペイ)なら「JCB CARD W」がおすすめ

JCB CARD Wの強みは、

・1%還元率で年会費無料
・スタバ、Amazon、セブンイレブンに強いで還元率アップ
・Apple Pay/Google Payに登録してQUICPay(QUICPay+)として利用可能

39歳以下なら入会できる年会費無料で還元率1%のクレジットカードです。

何よりも、スターバックス、Amazon(アマゾン)、セブンイレブンでの利用なら還元率をアップでき、3つ合わせれば10%も可能な点は秀逸。

Apple Pay(アップルペイ)でもGoogle Pay(グーグルペイ)でも、どちらも登録してQUICPay(QUICPay+)として利用することも可能です。iPhone派でもAndroid派でもOK。

まとめ

「ファミリーマート(ファミマ)」でQUICPay/QUICPay+は使えます。

ただし、還元率的にはキャンペーン等がないとあまりお得とはいえません。

他のキャッシュレス決済と比較したほうが良いかもしれません。特にキャンペーンはチェックしておかないと、何が一番お得かわかりませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする