『デイリーヤマザキ』でQUICPay(クイックペイ)は支払い・決済に使える?使えない?

『デイリーヤマザキ』の支払いでQUICPay(クイックペイ)は使える?使えない?
お得な支払い方法はある?

本記事では『デイリーヤマザキ』でQUICPay(クイックペイ)による決済ができるか、お得な支払い方があるのか等についてまとめてみました。

スポンサーリンク

『デイリーヤマザキ』でQUICPay(クイックペイ)は?

結論から言うと、『デイリーヤマザキ』ではQUICPay(クイックペイ)が使えます。

『デイリーヤマザキ』で使える電子マネーは、交通系電子マネー(Suica、PASMO、ICOCAなど)、楽天Edy、QUICPay、iDです。

『デイリーヤマザキ』でQUICPay(クイックペイ)/QUICPay+(クイックペイプラス)を利用するときは、以下のいずれかでの決済になります。

・iPhoneの場合:Apple Pay(アップルペイ)・QUICPay/QUICPay+
・Androidの場合:Google Pay(グーグルペイ)・QUICPay/QUICPay+
・Androidの場合:QUICPayモバイル
・カード型・コイン型

『デイリーヤマザキ』の支払い方法・キャッシュレス対応状況

『デイリーヤマザキ』の支払い方法・キャッシュレス状況は次のようになっています。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)○(使える)
楽天ペイ○(使える)
LINE Pay(ラインペイ)○(使える)
メルペイ○(使える)
d払い○(使える)
au PAY(auペイ)○(使える)
FamiPay(ファミペイ)×(使えない)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)○(使える)
電子マネー・楽天Edy○(使える)
電子マネー・nanaco(ナナコ)×(使えない)
電子マネー・WAON(ワオン)×(使えない)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)
iD※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)

※よく利用されると思われる支払い方法だけピックアップしています。

なお、公共料金等収納代行票での支払い、オンライン決済、プリ犬、プリペイドカード、宅配便、切手、はがき、収入印紙、テレフォンカード等に関する支払いなどは現金のみなので注意が必要です。

『デイリーヤマザキ』で楽天ポイントが貯まる

2018年9月より、「デイリーヤマザキ」「ニューヤマザキデイリーストア」「ヤマザキデイリーストアー」の全1,478店舗で楽天ポイントが貯まるようになりました。

100円につき1ポイント付与され、1ポイント1円で支払いに使えます。

買い物をするときには忘れずに提示するようにしましょう。

QUICPay(クイックペイ)なら「JCB CARD W」がおすすめ

JCB CARD Wの強みは、

・1%還元率で年会費無料
・スタバ、Amazon、セブンイレブンに強いで還元率アップ
・Apple Pay/Google Payに登録してQUICPay(QUICPay+)として利用可能

39歳以下なら入会できる年会費無料で還元率1%のクレジットカードです。

何よりも、スターバックス、Amazon(アマゾン)、セブンイレブンでの利用なら還元率をアップでき、3つ合わせれば10%も可能な点は秀逸。

Apple Pay(アップルペイ)でもGoogle Pay(グーグルペイ)でも、どちらも登録してQUICPay(QUICPay+)として利用することも可能です。iPhone派でもAndroid派でもOK。

まとめ

『デイリーヤマザキ』は焼きたてパンが大好評の人気ショップです。2020年になってQR決済も導入され、キャッシュレス化が進んで便利になりました。

特にQR決済はキャンペーンなども多く、タイミングによってはお得に利用できる場合もあります。最新情報を見落とさないようにしましょう。

また、2018年からRポイントが貯まるようになったので、こちらも忘れずに提示しましょう。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2021年6月】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする