ファミリーマート(ファミマ)は楽天Edy(エディ)オートチャージ対象!チャージ(入金)や受け取り方法は?【2021年最新版】

「ファミリーマート(ファミマ)」で楽天Edy(エディ)を使いたいけど、チャージ方法や受け取りについて知りたい!

今回の記事では、コンビニ大手「ファミリーマート(ファミマ)」での「楽天Edy(エディ)」のチャージ、受け取り方法等についてまとめました。

【2021年最新版】

スポンサーリンク

ファミリーマート(ファミマ)で楽天Edy(エディ)は支払いに使える・オートチャージ対象店舗

「ファミリーマート(ファミマ)」で「楽天Edy(エディ)」は支払いに使えます。

楽天Edy(エディ)は、支払い200円(税込)につき1ポイント貯まります。(0.5%還元率)

「ファミリーマート(ファミマ)」で「楽天Edy」を利用するときの使い方は、以下のいずれかのパターンになります。

・Androidの場合:楽天Edyアプリ(おサイフケータイ)
・Androidの場合:Google Pay(グーグルペイ)・楽天Edy
・Androidの場合:楽天ペイアプリ・楽天Edy
・Edyカード・Edy機能付き楽天カード

※iPhoneも組み合わせで「楽天Edy」は利用できますが、iPhone単体では使えません。

いずれの支払い方であっても、楽天Edyはプリペイド型電子マネーのため、事前にチャージして残高がある状態でないと利用できません。

ファミリーマート(ファミマ)で楽天Edy(エディ)へのチャージ(入金)方法

「楽天Edy(エディ)」へのチャージ方法は、アプリを使ってクレジットカードから都度チャージするなどの方法があります。

それ以外にも、「ファミリーマート(ファミマ)」で現金で「楽天Edy」へチャージする方法があります。

「ファミリーマート(ファミマ)」のレジで現金チャージ

1000円単位でチャージできます。

レジで店員さんに「Edyのチャージをしたい」と伝える
→NFC読み取り端末にモバイルEdy・Edyカードをかざす
→チャージ金額を現金で払う
→チャージ音がなるまで、NFC読み取り端末にモバイルEdy・Edyカードをかざしたままにしておく
→チャージ完了

レジでのチャージは、現金でしかチャージはできません。クレジットカードからのチャージはできません。

ファミリーマート(ファミマ)は楽天Edy(エディ)オートチャージ対象

Edy機能付き楽天カード・おサイフケータイの場合、「ファミリーマート(ファミマ)」でオートチャージサービスが利用できます。

(コンビニならどこでもオートチャージ対象店舗というわけではありません。例えば、セブンイレブンはオートチャージ対象店舗ではありません。)

ファミリーマート(ファミマ)で楽天Edy(エディ)の受け取り方法

ファミリーマート(ファミマ)の場合は、「Famiポート」を使って、ポイント交換やキャンペーンなどでプレゼントされた楽天Edyを受け取ることができます。

「電子マネー(楽天Edy)」をタッチ
→「Edyを受け取る」をタッチ
→楽天Edyを読み取り部分にかざす
→(「その他のEdyを受け取る」をタッチ)
→受け取りたい項目にチェックして「OK」
→内容に間違いがないか確認し「OK」
→楽天Edyを動かさないで受け取り
→受け取り完了

ファミリーマート(ファミマ)で楽天Edy(エディ)で支払えないもの

楽天Edy(エディ)で何でも支払えるわけではありません。以下のものは支払えません。

<支払いできない商品・サービス>

公共料金等の各種代金お支払い
Famiポート取扱い商品・サービス
プリペイドカード類(POSAカード、QUOカード、テレホンカード等)
切手・はがき・印紙類
ゴミ処理券等の金券類
一部の自治体指定ごみ袋
電子マネーチャージ
コピー、FAX

税金・公共料金等収納代行の支払いはFamipay(ファミペイ)

「ファミリーマート(ファミマ)」なら、Famipay(ファミペイ)で税金・公共料金等収納代行の支払いが可能です。

「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」もしくは「dポイントカード」を提示・併用

「ファミリーマート(ファミマ)」では、「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」もしくは「dポイントカード」を提示すると併用してポイントが貯まります。

「Tポイントカード」:200円(税込)ごとに1ポイント(0.5%還元率)
「楽天ポイントカード」:200円(税込)ごとに1ポイント(0.5%還元率)
「dポイントカード」:200円(税込)ごとに1ポイント(0.5%還元率)
ポイントでの支払いも可能です。(支払えないものもあり)
1Tポイント=1円
1dポイント=1円
1楽天ポイント=1円

「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」「dポイントカード」はいずれか一つのみになり、3つの併用はできません。

また、ファミリーマートのスマートフォンアプリ「ファミペイ」内で、「dポイント」「楽天スーパーポイント」「Tポイント」との連携が可能です。(2019年11月26日~)

ポイントカードを連携させておけば、併用も手間いらずです。

「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」「dポイントカード」いずれを併用するかは好みでよいでしょう。

「ファミリーマート(ファミマ)」では他のキャッシュレス決済も利用できる!お得なものを選択しよう

「ファミリーマート(ファミマ)」では、他のキャッシュレス決済方法もいろいろあります。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)○(使える)
楽天ペイ○(使える)
LINE Pay(ラインペイ)○(使える)
メルペイ○(使える)
d払い○(使える)
au PAY(auペイ)○(使える)
FamiPay(ファミペイ)○(使える)
J-Coin Pay○(使える)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)○(使える)
楽天Edy○(使える)
nanaco(ナナコ)×(使えない)
WAON(ワオン)○(使える)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)
iD※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)

※○(使える)でも一部利用できない店舗があります。
※よく利用されると思われる支払い方法だけピックアップしています。

詳細は公式サイトで

かなりのクレジットカード・QRコード決済・電子マネーの利用が可能です。

楽天Edy(エディ)なら「リクルートカード」がお得

楽天Edyを利用したいならリクルートカードがおすすめです。

リクルートカードからチャージでポイント付与(付与月額合計3万円まで)があるので、楽天Edyを利用してポイント二重取りが可能です。

 クレカEdy合計
リクルートカード1.2%0.5%1.7%

※Edyチャージでポイント付与があるリクルートカードはVISA/Mastercardブランド。

まとめ

「ファミリーマート(ファミマ)」で「楽天Edy」は使えます。オートチャージ対象店舗です。

レジで現金チャージ(入金)もできます。

Famiポートを使って楽天Edy(エディ)の受け取りも可能です・

ポイントの貯め方としては、「楽天Edy」支払いで+0.5%、「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」「dポイントカード」の併用で+0.5%還元率。

「楽天Edy」へのチャージでポイントが貯まるクレジットカードを利用すれば、ポイント3重取りが可能です。

ただし、還元率的にはキャンペーン等が超絶にお得な場合があります。

他のキャッシュレス決済と比較したほうが良いかもしれません。特にキャンペーンはチェックしておかないと、何が一番お得かわかりませんよ。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2021年5月】

【コンビニのクレカ/電子マネー 対応表】

クレジットカードクイックペイidnanacoワオン楽天エディSuicaPASMO
セブン×
ローソン×
ファミマ×
ミニストップ×
デイリー××
セイコーマート
ポプラ×
NewDays
東海キヨスク××
アズナス
アンスリー××
スポンサーリンク

シェアする

フォローする