5%還元/割引は当たり前!?キャッシュレス(クレジットカード/QRコード決済)複数使い分けで節約術

今や、クレジットカードやQRコード決済を複数使ったキャッシュレスの使い分けは、当たり前になりつつあります。

○○Payやクレジットカードのキャンペーンを駆使して節約している人は多数。

今回の記事では、知っていれば得をする、キャッシュレス決済(クレジットカード/QRコード決済)を複数使い分ける節約術についてご紹介します。

スポンサーリンク

キャッシュレス(クレジットカード/QRコード決済)を複数使い分ける時のチェックポイント

日常生活で節約をしたいと思ったら、食費、日用品、外食、レジャー、衣類、電気料金等の支出をどう節約するかが重要になります。

が、あまり切り詰めてもストレスになるだけで、続かないということも多々ありますよね。

そこで今回は、「購入するものをそれほど変えずに、いかにお得になれるか」という視点で節約術をご紹介します。

それが「キャッシュレス決済(クレジットカード/QRコード決済)複数使い分け」です。

ポイントは、まず、自分の日々の支払いについて考えることです。

  • メインのスーパーマーケットはどこですか?
  • コンビニで購入が多いですか?
  • 外食は多いですか?マックやスタバは使いますか?
  • ドラッグストアはどこをよく利用しますか?
  • 衣類の購入はどこをよく利用しますか?
  • 電気料金、ガス料金はどうやって払っていますか?
  • 家賃や水道料金はどうやって払っていますか?
  • マイカーありますか?
  • ・・・

振り返ってみると、日々の支払いでキャッシュレス決済(クレジットカード/QRコード決済)できるものは非常に多くあります。

(家賃等は銀行口座からかもしれませんが。)

つまり、
クレジットカードをお得度に応じて使い分けたり、QRコード決済はキャンペーンが頻繁に開催されるのでそれを上手に利用していけば、節約につながるというわけです。

基本はクレジットカード複数使い分け+○○Payのキャンペーン複数利用

  1. クレジットカード複数使い分け
  2. QRコード決済(○○Pay)のキャンペーン複数利用

キャッシュレスを複数使い分けて節約するには、①②を使いこなすことが重要です。

クレジットカードは?と思われるかもしれませんが、
外食等ではキャンペーンやクーポン利用のほうが圧倒的に還元率がよく、そちらを利用することが多いのが現状です。

具体的に考えていきます。

クレジットカード複数使い分け

  1. 電気料金等で1.5%還元率のエポスゴールドカード(年会費無料可能)は持ちたい
  2. セブンイレブン・ローソン・マクドナルドで5%還元率の三井住友カード ナンバーレス(年会費無料)はほしい
  3. スーパーはイオンがメインならイオンカードセレクト(年会費無料)がほしい
  4. ビックカメラ&Suicaをよく利用するならビックカメラSuicaカード(年会費無料可能)がほしい
  5. スタバヘビーユーザーならJCBカードW(年会費無料)がほしい

まずエポスゴールドカードです。

エポスゴールドカード
年会費無料可能・基本0.5%還元率
電気料金やガス料金を1.5%還元率にできるエポスゴールドカードは絶対に持ちたい1枚です。
モバイルSuicaへのチャージでも1.5%還元率可能。
特に、エポスカード→インビテーション→エポスゴールドカードなら、年会費なしでゴールドカードが持てるので最強です。

ほかは、かなり自身の環境に左右されることになります。

三井住友カード ナンバーレス(年会費無料)基本0.5%
→コンビニ、マクドナルドをよく利用するなら最大5%還元率可能な必須クレカ

イオンカードセレクト(年会費無料)基本0.5%
→イオン利用者なら必須

ビックカメラSuicaカード(年会費無料可能)基本1%
→ビックカメラ&Suica利用なら持ちたい

JCBカードW(年会費無料)基本1%
→スタバヘビーユーザー必須 & 通常クレカ利用で1%還元率

楽天カード(年会費無料)基本1%
→楽天グループの利用が多い人 & 通常クレカ利用で1%還元率

dカード(年会費無料)基本1%
→d払いキャンペーンの利用に便利 & マツキヨでお得 & 通常クレカ利用で1%還元率

リクルートカード(年会費無料)基本1.2%
→電子マネーチャージに強い

具体的な2枚~3枚・複数枚持ちのパターンを、下記の記事で紹介しています。

例えば!
・JCBカードW
・エポスゴールドカード
(2枚持っても年会費無料可能)

の組み合わせや

・楽天カード
・三井住友カード ナンバーレス
・エポスゴールドカード
(3枚持っても年会費無料可能)
・イオンカードセレクト
・JCBカードW
・エポスゴールドカード
(3枚持っても年会費無料可能)

といったように、2枚~3枚の複数持ちで使い分ける方法がおすすめです。

クレジットカードで1%~5%を確保。QRコード決済も利用して、それ以上の還元率を目指す形です。

QRコード決済(○○Pay)のキャンペーン複数利用

QRコード決済のキャンペーンは、クレジットカードがなくても参加できます。

d払い×dカード、PayPay×ヤフーカードのキャンペーンのように、クレカがあったほうがよいものもあります。

が、いずれのQRコード決済も銀行口座やコンビニでチャージできるので、それほど困ることはありません。

元々20%還元等を狙うので、クレジットカードを使ってチャージするときの0.5%や1%は、相性のよいクレカを持っていない場合は、思い切って諦めます

それよりも、いかにキャンペーンをキャッチして利用していくかのほうが重要です。

・10%、20%還元のキャンペーン情報をキャッチする
・クーポンがお得なQRコード決済をチェックする
・はじめて/新規のキャンペーンを見逃さない
・チャージキャンペーンを上手に利用する

これらを駆使していけば、かなり節約につながります。

例えば!

例えば、下記のようなキャンペーンやクーポン配布は、いろいろ実施されます。

d払い×dポイントで+20%還元キャンペーン
au PAY(auペイ)×ガスト/バーミヤン/から好し等すかいらーくグループ・最大20%還元
au PAY(エーユーペイ)×スーパーマーケット/ドラッグストアで最大20%還元
【d払い】おすすめクーポン
PayPay(ペイペイ)】おすすめクーポン

新規でお得だったり、チャージに利用できるようなキャンペーンも時々開催されます。

Vポイントアプリ(iD/Visaタッチ決済)DL&チャージで最大2000円相当還元
au PAY(エーユーペイ)ローソンATMチャージで最大3000ポイント(5%還元)
セブンイレブン×楽天バリアブルカードで1000ポイント

ドラッグストア関係は割と頻繁にキャンペーンが開催されます。

キャンペーンがなくてもアプリ等で10%割引クーポンがかんたんに手に入るので、まず困ることはありません。

飲食店関係も、何かしらキャンペーンが開催されていたり、貯めたdポイントや楽天ポイントを使って支払いができます。

上記はほんの一例です。毎月キャンペーンは多数開催されています。

QRコード決済のキャンペーンを、複数こなすのは大変と思うかもしれませんが、使っていくうちに慣れます。

逆にそのお得さを覚えると、普通に外食したり、ドラッグストアを利用できなくなります。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2021年6月】

使い分け方法

クレジットカードやキャンペーンは、”ココ”で使ったほうがお得!というものもあります。

下記の記事で、具体的に考察しています。

年会費が高いクレカを実質年会費無料で楽しむことも

「クレジットカード複数使い分け」テクニックの、番外編です。

「年に1回、記念日くらいはちょっとおしゃれにかっこよく!」ということが、かなりお得にできる方法もあります。

クレジットカードは一度にたくさん申し込まないこと!

クレジットカードを申し込む場合、一時期にたくさんのカードを申し込むと、審査で否認される場合があります。

多重申し込みと言われるもので、「この人はどうしてこんなにたくさんのクレジットカードに申し込む必要があるのだろうか?あやしい。」ということから、審査落ちする場合があります。

1ヶ月に2枚程度なら問題はないと思われますが、それ以上という場合は申し込むタイミングをずらして、期間を空けるようにしましょう。

まとめ

今や、クレジットカードやQRコード決済を複数使ったキャッシュレスの使い分けは、当たり前になりつつあります。

  1. クレジットカード複数使い分け
  2. QRコード決済(○○Pay)のキャンペーン複数利用

それぞれ使い分けて利用していくには、ちょっとしたテクニックも必要です。

が、上手に使い分ければ必ず節約に繋がります。しかもタダで外食できたり、普段買えないようプチ贅沢ができて楽しい!

お得になるものはいろいろあるので、使わないと損ですよ。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2021年6月】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする