クレジットカードは2枚・3枚~複数持ちで使い分けが最強で賢い選択!【2021年最新版】

今や、クレジットカードは2枚・3枚~複数持ちの使い分けが、当たり前になりつつあります。

1枚のクレジットカードに集めておくと管理は楽ですが、メイン/サブのクレジットカードを決めて、2枚・3枚持ちで複数を使い分ければ、賢く節約もできます。

今回の記事では、クレジットカードを2枚・3枚~複数持ちする場合の、最強の組み合わせをご紹介します。

【2021年最新版】

スポンサーリンク

クレジットカード2枚・3枚~複数持ちの候補

クレジットカードを2枚・3枚~複数持ちする場合の、最強の組み合わせは、自身の好みやライフスタイルによってかなり変わってきます。

店舗等どこをよく利用するかが、特に重要になってきます。

スターバックスをよく利用する人のクレジットカード2枚持ち最強の組み合わせ

スターバックスをよく利用する人なら、下記の2枚が最強の賢い組み合わせになります。

  1. メイン:JCBカードW
  2. サブ:エポスゴールドカード

メインカードの「JCBカードW」(年会費無料)は1%還元率。

サブカードの「エポスゴールドカード」(年会費無料可能)は、ポイントアップショップに電気料金やモバイルSuicaなど、よく利用する3店舗を選択して1.5%還元率。

・2枚持ちでも年会費無料可能
・国際ブランドはJCBブランドとVISAブランド(エポス)で被らない
・1枚はゴールドカードなので、空港ラウンジ利用などの特典も使える

※国際ブランドは別で持ったほうが、QRコード決済に使いやすかったり、海外での利用時に困りません。

さらにココがポイント!

スタバカードのチャージ用に「JCBカードW」を使えば効果的です。
→5.5%還元率が可能です。
スタバリワードと合わせれば15%還元率!

スタバをよく利用する人なら、間違いのない最強のクレジットカード2枚持ちになります。

おすすめのメインカードは・・・

JCBカードW」は年会費無料で1%還元率が可能なクレジットカードです。

スタバカードへのチャージで5.5%還元率以外にもお得になるパートナー店舗があります。
Amazonでも対象カテゴリーならポイント4倍=2%還元率、セブンイレブンでも2%還元率。

貯めたポイントもディズニーチケットに交換できるなど、JCBカードらしい仕様で、メインカードにふさわしい1枚です。

おすすめのサブカードは・・・

エポスゴールドカード」は、完全に年会費を支払わずにゴールドカードを持てるという、夢のようなルートがあるクレジットカードです。

そのルート=エポスカード→インビテーション→エポスゴールドカード。これで年会費無料が可能です。

さらに、最強サブカードとしてのポイントは、選べるポイントアップショップというサービスを利用すると、選択した3つの店舗/サービスは、ポイント3倍=1.5%還元率になるという特典があることです。

選択肢は豊富で、電気料金やガス料金、鉄道会社(JR東日本、JR西日本、JR東海、JR九州、小田急電鉄、西武鉄道、東京都交通局、 東京メトロ等)やモバイルスイカも選ぶことができます。

電気料金等の支払いで1.5%還元率を確保できる他にはないクレジットカードであり、しかも年会費無料も可能であるゴールドカードという点が、最強サブカードたる所以です。

例えば・・・

「JCBカードW」からスタバカードへのチャージ額が1ヶ月で1万円程度使っているとしたら、年間で1320 okidokiポイント=6600円相当、これだけお得になる計算です。

しかも「JCBカードW」で貯めたokidokiポイントは、1600ポイントで東京ディズニーリゾート・パークチケット(1枚)に交換できます。

「JCBカードW」をメインカードとして利用することになるので、これ以外にも当然ポイントは獲得できます。

1年間で”ディズニーチケット1枚無料で獲得”、なんてことは余裕です。

さらに「エポスゴールドカード」でもポイントは貯まります。

モバイルSuicaチャージでも1.5%還元率が可能なので、Suica払いできるところは積極的に利用して1.5%還元率を確保、+メインカードで1%還元率を確保。

JCBカードW」&「エポスゴールドカード」は最強のクレジットカード2枚持ちです。

\JCBカードWについて確認してみましょう/

40歳以上の場合

もし40歳以上でこれから「JCBカードW」に入会できないという場合は、代わりに、

①「dカード」をスタバカードチャージ用(4%還元率)&メインカード
②「JCB一般カード」をスタバカードチャージ用(5%還元率)&メインカードは楽天カード/dカード/リクルートカード等から選択

という選択肢があります。

\JCB一般カードについて確認してみましょう/

ビックカメラでよく買い物する人のクレジットカード2枚持ち最強の組み合わせ

ビックカメラをよく利用する人なら、下記の2枚が最強の賢い組み合わせになります。

  1. メイン:ビックカメラSuicaカード or Visa LINE Payクレジットカード
  2. サブ:エポスゴールドカード

メインカード候補①の「ビックカメラSuicaカード」(年会費無料可能)は1%還元率。

メインカード候補②の「Visa LINE Payクレジットカード」(年会費無料可能)は1%還元率。

サブカードの「エポスゴールドカード」(年会費無料可能)は、ポイントアップショップに電気料金やモバイルSuicaなど、よく利用する3店舗を選択して1.5%還元率。

・2枚持ちでも年会費無料可能
・国際ブランドを被らないようにしたければ、ビックカメラSuicaカードを選択(ビックカメラはJCBを選択すれば、エポスのVISAと被らない)
・LINE Pay(ラインペイ)で高還元率を狙いたければ、Visa LINE Payクレジットカードを選択(この場合はエポスもVISAブランドで被る)
・1枚はゴールドカードなので、空港ラウンジ利用などの特典も使える

※国際ブランドは別で持ったほうが、QRコード決済に使いやすかったり、海外での利用時に困りません。

さらにココがポイント!

ビックカメラでの買い物用に「ビックカメラSuicaカード」、あるいは「Visa LINE Payクレジットカード」を使えば効果的です。
◆「ビックカメラSuicaカード」→11.5%還元率
◆「Visa LINE Payクレジットカード」→3%クーポンが利用できれば14%還元率可能

ビックカメラをよく利用する人なら、「ビックカメラSuicaカード」&「エポスゴールドカード」あるいは、「Visa LINE Payクレジットカード」&「エポスゴールドカード」で、間違いのない最強のクレジットカード2枚持ちになります。

おすすめのメインカード①

ビックカメラSuicaカード」は実質年会費無料が可能な、1%還元率のクレジットカードです。

定期券の購入や、Suicaへチャージで1.5%還元率になります。

さらに、「ビックカメラSuicaカード」からチャージしたSuica(スイカ)を使ってビックカメラで買い物をした場合、現金払いと同率の10%のビックポイントがもらえるので、最高還元率は11.5%となります。

通常還元率も1%なので、普段使いのメインカードにふさわしい1枚です。

おすすめのメインカード②

Visa LINE Payクレジットカード」は実質年会費無料が可能な、1%還元率のクレジットカードです。(2021年4月まではキャンペーンで3%)

LINE Pay(ラインペイ)のチャージ&ペイで利用すれば、マイランク=プラチナで3%還元率になります。

さらに、ビックポイントカード・LINEポイントクラブの3%オフクーポン・「チャージ&ペイ(プラチナランク)」を利用できれば三重取りで14%還元も可能です。(クーポンとランクによって還元率は変動します。)

通常還元率1%、LINE Pay(ラインペイ)にも強い、普段使いのメインカードにふさわしい1枚です。

おすすめのサブカードは・・・

エポスゴールドカード」は、完全に年会費を支払わずにゴールドカードを持てるという、夢のようなルートがあるクレジットカードです。

そのルート=エポスカード→インビテーション→エポスゴールドカード。これで年会費無料が可能です。

さらに、最強サブカードとしてのポイントは、選べるポイントアップショップというサービスを利用すると、選択した3つの店舗/サービスは、ポイント3倍=1.5%還元率になるという特典があることです。

選択肢は豊富で、電気料金やガス料金、鉄道会社(JR東日本、JR西日本、JR東海、JR九州、小田急電鉄、西武鉄道、東京都交通局、 東京メトロ等)やユニクロといった有名ショップも選ぶことができます。

電気料金等の支払いで1.5%還元率を確保できる他にはないクレジットカードであり、しかも年会費無料も可能であるゴールドカードという点が、最強サブカードたる所以です。

例えば・・・

例えば、ビックカメラで年間利用額20万円だとします。

「ビックカメラSuicaカード」で支払いすれば、23000円お得になる計算です。(11.5%)

「Visa LINE Payクレジットカード」で支払いすれば、28000円お得になる計算です。(14%)

これだけで、他に何か欲しいものが買えそうです。

さらに「エポスゴールドカード」でもポイントは貯まります。

「エポスゴールドカード」でも「ビックカメラSuicaカード」でもモバイルSuicaチャージで1.5%還元率が可能なので、Suica払いできるところは積極的に利用して1.5%還元率を確保、+メインカードで1%還元率を確保。

「Visa LINE Payクレジットカード」の場合は、積極的にLINE Pay(ラインペイ)を利用して還元率アップを狙います。

ビックカメラSuicaカード」&「エポスゴールドカード」あるいは、「Visa LINE Payクレジットカード」&「エポスゴールドカード」で、最強のクレジットカード2枚持ちです。

\エポスカードについて確認してみましょう/

セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・マクドナルドを利用する人のクレジットカード3枚持ち最強の組み合わせ

セブンイレブン・ローソン・ファミマ・マクドナルドをよく利用する人なら、下記の3枚が最強の賢い組み合わせになります。

  1. メイン:JCBカードW or 楽天カード/dカード/リクルートカード等 
  2. サブ①:三井住友カード(NL)ナンバーレス
  3. サブ②:エポスゴールドカード

メインカードの「JCBカードW」(年会費無料)は1%還元率、
あるいは、楽天カード/リクルートカード/dカード等を、メインカードとして選択しても年会費無料で1%還元率以上可能。

サブカード①の「三井住友カード(NL)ナンバーレス」(年会費無料)は、セブンイレブン・ローソン・マクドナルドでタッチ決済利用時に5%還元率、ファミマでも2.5%還元率。

サブカード②の「エポスゴールドカード」(年会費無料可能)は、ポイントアップショップに電気料金やモバイルSuicaなど、よく利用する3店舗を選択して1.5%還元率。

・3枚持ちでも年会費無料可能
・国際ブランドは、メインカードにJCBブランドかMastercardブランドを選択すれば、エポスのVISAブランドとは被らない
・1枚はゴールドカードなので、空港ラウンジ利用などの特典も使える

※国際ブランドは別で持ったほうが、QRコード決済に使いやすかったり、海外での利用時に困りません。

さらにココがポイント!

セブンイレブン・ローソン・ファミマ・マクドナルドに「三井住友カード(NL)ナンバーレス」を使えば効果的です。
→5%還元率が可能です。
マクドナルド(マック)で還元率5%+1%=最大6%が可能!

セブンイレブン・ローソン・ファミマ・マクドナルドをよく利用する人なら、間違いのない最強のクレジットカード3枚持ちになります。

おすすめのメインカードは・・・

選択肢1:「JCBカードW」は年会費無料で1%還元率が可能なクレジットカードです。

お得になるパートナー店舗があり、スタバカードへのチャージで5.5%還元率、Amazonでも対象カテゴリーならポイント4倍=2%還元率、セブンイレブンでも2%還元率。

貯めたポイントもディズニーチケットに交換できるなど、JCBカードらしい仕様で、メインカードにふさわしい1枚です。

選択肢2:「楽天カード」は年会費無料で1%還元率。楽天ペイとの組み合わせで1.5%還元率も可能。楽天ユーザーなら間違いのない1枚です。

選択肢3:「dカード」は年会費無料で1%還元率。d払いのキャンペーンと相性抜群です。QRコード決済も使いこなしたいなら間違いありません。

選択肢4:「リクルートカード」は年会費無料で1.2%還元率。電子マネーのチャージに強いクレカです。1.2%還元率はメインカードとして申し分ありません。

おすすめのサブカード①

三井住友カード(NL)ナンバーレス」は、セブンイレブン・ローソン・マクドナルドでタッチ決済利用時に常時5%還元率、ファミマでも常時2.5%還元率と、信じられない還元率が可能なクレジットカードです。

しかも年会費が無料なので、コンビニ、マクドナルド用サブカードとして申し分ありません。

おすすめのサブカード②

エポスゴールドカード」は、完全に年会費を支払わずにゴールドカードを持てるという、夢のようなルートがあるクレジットカードです。

そのルート=エポスカード→インビテーション→エポスゴールドカード。これで年会費無料が可能です。

さらに、最強サブカードとしてのポイントは、選べるポイントアップショップというサービスを利用すると、選択した3つの店舗/サービスは、ポイント3倍=1.5%還元率になるという特典があることです。

選択肢は豊富で、電気料金やガス料金、鉄道会社(JR東日本、JR西日本、JR東海、JR九州、小田急電鉄、西武鉄道、東京都交通局、 東京メトロ等)やモバイルスイカも選ぶことができます。

電気料金等の支払いで1.5%還元率を確保できる他にはないクレジットカードであり、しかも年会費無料も可能であるゴールドカードという点が、最強サブカードたる所以です。

例えば・・・

毎日セブンイレブン・ローソンやマクドナルドで500円使っているとしたら、1年で182500円支払っていることになります。

「三井住友カード(NL)ナンバーレス」で支払いすれば、9125円お得になる計算です。

これは無視できない数字です。

さらに「エポスゴールドカード」でもポイントは貯まります。

モバイルSuicaチャージでも1.5%還元率が可能なので、Suica払いできるところは積極的に利用して1.5%還元率を確保。

メインカードでも1%還元率でポイントは貯まります。

JCBカードW」or 楽天カード/dカード/リクルートカード等 &「三井住友カード(NL)ナンバーレス」&「エポスゴールドカード」は、最強のクレジットカード3枚持ちです。

\三井住友カードナンバーレスについて確認してみましょう/

イオンでよく買い物をする人のクレジットカード3枚持ち最強の組み合わせ

イオンでよく買い物をする人なら、下記の3枚が最強の賢い組み合わせになります。

  1. メイン:JCBカードW or 楽天カード/dカード/リクルートカード等 
  2. サブ①:イオンカードセレクト
  3. サブ②:エポスゴールドカード

メインカードの「JCBカードW」(年会費無料)は1%還元率、
あるいは、楽天カード/リクルートカード/dカード等を、メインカードとして選択しても年会費無料で1%還元率以上可能。

サブカード①の「イオンカードセレクト」(年会費無料)は、イオングループでの利用なら常時1%還元率。20日、30日5%オフなどのサービスデーもあってお得。

サブカード②の「エポスゴールドカード」(年会費無料可能)は、ポイントアップショップに電気料金やモバイルSuicaなど、よく利用する3店舗を選択して1.5%還元率。

・3枚持ちでも年会費無料可能
・国際ブランドは、エポスのVISAブランドと被らないように組み合わせ可能
・1枚はゴールドカードなので、空港ラウンジ利用などの特典も使える

※国際ブランドは別で持ったほうが、QRコード決済に使いやすかったり、海外での利用時に困りません。

さらにココがポイント!

イオングループでの利用時に「イオンカードセレクト」&WAONを使えば効果的です。
◆サービスデーでは5%オフやポイント5倍等も。

イオンでよく買い物する人なら、間違いのない最強のクレジットカード3枚持ちになります。

おすすめのメインカードは・・・

選択肢1:「JCBカードW」は年会費無料で1%還元率が可能なクレジットカードです。

お得になるパートナー店舗があり、スタバカードへのチャージで5.5%還元率、Amazonでも対象カテゴリーならポイント4倍=2%還元率、セブンイレブンでも2%還元率。

貯めたポイントもディズニーチケットに交換できるなど、JCBカードらしい仕様で、メインカードにふさわしい1枚です。

選択肢2:「楽天カード」は年会費無料で1%還元率。楽天ペイとの組み合わせで1.5%還元率も可能。楽天ユーザーなら間違いのない1枚です。

選択肢3:「dカード」は年会費無料で1%還元率。d払いのキャンペーンと相性抜群です。QRコード決済も使いこなしたいなら間違いありません。

選択肢4:「リクルートカード」は年会費無料で1.2%還元率。電子マネーのチャージに強いクレカです。1.2%還元率はメインカードとして申し分ありません。

おすすめのサブカード①

イオンカードセレクト」は、イオングループでのクレカ支払いで常時1%還元率、WAONオートチャージでもポイントが得られる数少ないクレジットカードです。

◆イオンカードセレクト→WAONへオートチャージ(0.5%)
◆WAONで支払い(イオングループ・会員登録済)(1%)
→イオングループでWAON払いなら、いつでも合計1.5%還元率可能です。

さらに、以下のようなサービスデーがあります。

毎月10日:カード払い・WAON払いでポイント5倍
毎月20日・30日:カード払い・WAON払いで5%オフ

しかも年会費が無料なので、イオン買い物用、WAONチャージ用として申し分ありません。

おすすめのサブカード②

エポスゴールドカード」は、完全に年会費を支払わずにゴールドカードを持てるという、夢のようなルートがあるクレジットカードです。

そのルート=エポスカード→インビテーション→エポスゴールドカード。これで年会費無料が可能です。

さらに、最強サブカードとしてのポイントは、選べるポイントアップショップというサービスを利用すると、選択した3つの店舗/サービスは、ポイント3倍=1.5%還元率になるという特典があることです。

選択肢は豊富で、電気料金やガス料金、鉄道会社(JR東日本、JR西日本、JR東海、JR九州、小田急電鉄、西武鉄道、東京都交通局、 東京メトロ等)やモバイルスイカも選ぶことができます。

電気料金等の支払いで1.5%還元率を確保できる他にはないクレジットカードであり、しかも年会費無料も可能であるゴールドカードという点が、最強サブカードたる所以です。

例えば・・・

毎月10日、20日、30日にドカンと買い物で1万円ずつ、それ以外の日に1ヶ月2万円程度、イオンで買い物するとします。(1ヶ月5万円で計算)

「イオンカードセレクト」でチャージしたWAONで支払いすれば、年間でざっと、21540円程度お得になる計算です。

これはちょっと無視できない数字です。

さらに「エポスゴールドカード」でもポイントは貯まります。

モバイルSuicaチャージでも1.5%還元率が可能なので、Suica払いできるところは積極的に利用して1.5%還元率を確保。

メインカードでも1%還元率でポイントは貯まります。

JCBカードW」or 楽天カード/dカード/リクルートカード等 &「イオンカードセレクト」&「エポスゴールドカード」は、最強のクレジットカード3枚持ちです。

\イオンカードセレクトについて確認してみましょう/

ウエルシアでお得に買い物したい人のクレジットカード2枚持ち最強の組み合わせ

ウエルシアの毎月20日Tポイント1.5倍デーでお得に買い物したい人なら、下記の2枚が最強の賢い組み合わせになります。

  1. メイン:Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)
  2. サブ:エポスゴールドカード

メインカードの「Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)」(年会費無料)は1%還元率。

サブカードの「エポスゴールドカード」(年会費無料可能)は、ポイントアップショップに電気料金やモバイルSuicaなど、よく利用する3店舗を選択して1.5%還元率。

・2枚持ちでも年会費無料可能
・国際ブランドは、ヤフーカードで選択すればエポスのVISAブランドと被らない
・1枚はゴールドカードなので、空港ラウンジ利用などの特典も使える

※国際ブランドは別で持ったほうが、QRコード決済に使いやすかったり、海外での利用時に困りません。

さらにココがポイント!

Tポイントを貯めるために「Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)」を使えば効果的です。
→ウエルシアの毎月20日Tポイント1.5倍デーでTポイントを利用すれば、実質33.3%割引

ウエルシアの20日狙いなら、間違いのない最強のクレジットカード2枚持ちになります。

おすすめのメインカードは・・・

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)」は年会費無料で1%還元率が可能なクレジットカードです。

貯まるポイントはTポイント。

これをウエルシアの毎月20日Tポイント1.5倍デーで利用すれば、実質33.3%割引が可能ということになります!

おすすめのサブカードは・・・

エポスゴールドカード」は、完全に年会費を支払わずにゴールドカードを持てるという、夢のようなルートがあるクレジットカードです。

そのルート=エポスカード→インビテーション→エポスゴールドカード。これで年会費無料が可能です。

さらに、最強サブカードとしてのポイントは、選べるポイントアップショップというサービスを利用すると、選択した3つの店舗/サービスは、ポイント3倍=1.5%還元率になるという特典があることです。

選択肢は豊富で、電気料金やガス料金、鉄道会社(JR東日本、JR西日本、JR東海、JR九州、小田急電鉄、西武鉄道、東京都交通局、 東京メトロ等)やモバイルスイカも選ぶことができます。

電気料金等の支払いで1.5%還元率を確保できる他にはないクレジットカードであり、しかも年会費無料も可能であるゴールドカードという点が、最強サブカードたる所以です。

例えば・・・

「Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)」で毎月1000ポイント貯めることができたとします。

これをウエルシアの毎月20日Tポイント1.5倍デーで利用すれば、1500円分の買い物ができます。=500円お得ということ(33.3%割引)。

これを1年間実践できれば、6000円相当お得になります!

さらに「エポスゴールドカード」でもポイントは貯まります。

モバイルSuicaチャージでも1.5%還元率が可能なので、Suica払いできるところは積極的に利用して1.5%還元率を確保、+メインカードで1%還元率を確保。

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)」&「エポスゴールドカード」は最強のクレジットカード2枚持ちです。

\エポスカードについて確認してみましょう/

 

まとめ

クレジットカードは2枚・3枚~複数持ちの使い分けが当たり前の時代です。

最強の組み合わせは、自身の好みやライフスタイルによってかなり変わってきますが、例えば、最強の組み合わせは下記のようになります!

スターバックスをよく利用する人 →再度確認
おすすめのメインカードは・・・JCBカードW
サブカードエポスゴールドカード

ビックカメラでよく買い物する人 →再度確認
メインカードビックカメラSuicaカード」あるいは、「Visa LINE Payクレジットカード
サブカードエポスゴールドカード

セブンイレブン・ローソン・ファミマ・マクドナルドを利用する人 →再度確認
メインカードJCBカードW」or 楽天カード/dカード/リクルートカード
サブカード①三井住友カード(NL)ナンバーレス
サブカード②エポスゴールドカード

イオンでよく買い物をする人 →再度確認
メインカードJCBカードW」or 楽天カード/dカード/リクルートカード
サブカード①イオンカードセレクト
サブカード②エポスゴールドカード

ウエルシアでお得に買い物したい人 →再度確認
メインカードYahoo! JAPANカード(ヤフーカード)
サブカードエポスゴールドカード

この中でも、2枚・3枚~複数持ちの使い分けに最強で必須のクレジットカードは「エポスゴールドカード」。

特に、エポスカード→インビテーション→エポスゴールドカードで年会費を完全に無料で済ませるルートは見逃せません!

JCBカードW」も2枚・3枚~複数持ちの使い分けクレカのメインカードとして、最強の1枚に挙げられます。

特にこだわるようなお店がないんだよなあ・・・

という場合は、

  1. メイン:JCBカードW
  2. サブ:エポスゴールドカード

が、2枚・3枚~複数持ちの使い分けにおすすめの最強組み合わせです!

↓詳細は公式サイトで確認できます。

↓詳細は公式サイトで確認できます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする