※この記事にはプロモーションが含まれています。[PR]

マルイ「エポスゴールドカード」年会費永年無料でゴールド会員になるには?条件はある?

マルイ「エポスゴールドカード」年会費永年無料でゴールド会員になるには?方法があるって聞いたけど、条件は?

実は、マルイ「エポスゴールドカード」は、年会費永年無料でゴールド会員になることができます。

その方法は、ズバリ!

「エポスカード」を使い続けているとゴールドカードへの招待(インビテーション)が届くことがあり、そこから「エポスゴールドカード」に入会すると年会費が無料なのです。

今回の記事では、「エポスゴールドカード」年会費永年無料でゴールド会員になるにはどうすればよいのか、ゴールドカードへの招待(インビテーション)の条件等についてまとめました。

スポンサーリンク

マルイ「エポスゴールドカード」年会費永年無料でゴールド会員になるには、条件がある?

「エポスゴールドカード」が注目されている理由の1つに、「エポスカードからゴールドカードの招待(インビテーション)により申込んだ場合は、通常年会費5000円が永年無料」というものがあります。

つまり「エポスカード」を使っていて、カード会社から招待(インビテーション)が届き、それから「エポスゴールドカード」に申し込めば、年会費が永年無料です。

ゴールド会員で年会費が永年無料という、信じられないことが起こります!

そこで注目すべきは「招待(インビテーション)」。これが来ないことにはそのチャンスは掴み取れません。

「招待(インビテーション)」はゴールドカードへのアップグレードを薦めるもので、年間に一定以上の金額を利用した人に届くと言われています。

※ちなみに「エポスゴールドカード」はインビテーション無しでも入会することができますが、その場合は年会費5000円がかかります。(ただし、年間利用金額50万円以上で、翌年以降年会費永年無料になります。)

年会費永年無料で「エポスゴールドカード」を持ちたい人も多いので、どのくらいで招待(インビテーション)がくるのかを調べました。

公式には条件は公表されていません。

ちなみに管理人もインビテーションが届いてゴールドカードに切り替えましたが、「カード利用金額50万円以上(1年以内)」で届いたと思われます。

ネット上で拾うと、

・年間カード利用額50万円以上
・半年間で20万円のカード利用
・1年未満で10万円以下のカード利用(携帯引き落とし・ETC等の支払いあり)
・カード発行1年経過・20万円以下のカード利用(生命保険料引き落とし)

なんとなく見えてくるのは、50万円以上のカード利用額か、引き落とし設定です。特に「毎月一定額以上長く使ってくれる顧客」と見られることが重要になってきているように感じます。

公表されていない条件なので憶測の範囲ですが・・・

待てない場合は!

あやふやな情報よりも、年会費5000円払って「エポスゴールドカード」方法もありだと思います。

年間50万円以上利用すれば、翌年度以降は年会費永年無料になります。

「エポスゴールドカード」は、一般カードよりも優待特典が増えたり、通常2年間のエポスポイントの有効期限が無期限になるなど、メリットがいろいろ増えます。

特に、
・選べるポイントアップショップでポイント3倍=1.5%還元率
 →モバイルSuicaチャージで1.5%還元率可能
・年間のカード利用額に応じてボーナスポイント
・ポイントの有効期限は無期限
・空港ラウンジ利用可
などの特典は魅力的です。

「エポスゴールドカード」は年会費5000円を払っても十分元は取れるクレジットカードなので、招待を待たずに申し込む方法もおすすめです。

まとめ

マルイ「エポスゴールドカード」年会費永年無料でゴールド会員になるには・・・

・年間カード利用額50万円以上
・半年間で20万円のカード利用
・1年未満で10万円以下のカード利用(携帯引き落とし・ETC等の支払いあり)
・カード発行1年経過・20万円以下のカード利用(生命保険料引き落とし)

この辺りが条件のようです。特に「毎月一定額以上長く使ってくれる顧客」と見られることが重要に見えますね。

「エポスカード」→インビテーション→「エポスゴールドカード」がおすすめ。まずは「エポスカード」からです。

「エポスカード」
おすすめポイント年会費無料
全国の提携の居酒屋やカフェで割引やワンドリンクサービスなどの特典が多数!
アパホテルでポイント3倍!チェックアウト1時間延長無料!
Suica、楽天Edyチャージでポイント付与
申し込み資格18歳以上の方(高校生を除く)
年会費無料
家族カード
ETCカード無料
[PR]

公式に条件は発表されていないので、急いでいる場合は「エポスゴールドカード」を直接申し込む方法もありではないでしょうか。

※この記事にはプロモーションが含まれています。[PR]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする