自動車税や固定資産税などの税金・公共料金等の支払いでポイント付与はnanaco?Famipay(ファミペイ)?PayPay?あるいは?【2020年11月最新版】

自動車税や固定資産税などの税金・公共料金等の収納代行でポイント付与されたりお得な支払い方法があるって聞いたけど、どれが一番お得なのかなあ?

自動車税や固定資産税などの税金・公共料金等の収納代行で支払う方法として、電子マネーやQR決済等を利用する方法があります。

普通に現金で支払うよりお得になりますが、どの方法が一番お得なのか確認してみました。

【2020年11月最新版】

スポンサーリンク

 


公共料金・税金等の収納代行・【nanaco】の場合

公共料金・税金等の収納代行と言えばセブンイレブンで【nanaco】というくらい有名な方法です。

なぜこの方法が流行ったかというと、クレジットカードから【nanaco】へチャージする際に、以前は2%還元なんて余裕であったためです。

ただ残念ながら、2020年3月12日~nanacoクレジットチャージ事前登録(新規登録)対象カードは「セブンカード」限定に変更になりました。
(3月11日までに登録済の場合は引き続き利用可。)

ここしばらくは【nanaco】チャージといえば「リクルートカード」が定番でしたが、今後は「セブンカード・プラス」等の登録できるクレジットカード、もしくはnanacoギフトを利用する方法が主になります。

nanacoギフトは手間がかかるのが難点ですが、還元率は2%可能な場合も!?

支払い上限は?

【nanaco】は一度の支払いに5枚まで利用できると言われています。(店舗による)

ただし、1枚のnanacoカードでも「残高5万円+センター預かり5万円」という状態で、途中で残高照会してもらえば10万円までの支払いはできます。

※センター預かり5万円はモバイルnanacoではできません。この技はnanacoカードのみです。

公共料金・税金等の収納代行・【Famipay(ファミペイ)】の場合

【Famipay(ファミペイ)】で公共料金・税金等の収納代行の支払いをすると、一律で10ポイントのファミペイボーナスが付与されます。

それ以外にポイントが付与される点は
クレジットカード→【Famipay(ファミペイ)】
ここでどのくらいのポイントが獲得できるか。

【Famipay(ファミペイ)】へのクレジットチャージでポイントが付く方法があります。それは「ファミマTカード」でチャージすること。

ファミペイチャージでポイントが付くクレカは「ファミマTカード」だけです。

ファミマTカードで付くポイントはクレジットポイントのTポイントではなく、ファミペイボーナスで付きます。還元率は0.5%です。

ファミマTカードで0.5%還元率

「ファミマTカード」→【Famipay(ファミペイ)】で0.5%還元率です。(ファミペイボーナス付与)

年会費無料
追加カードETCカード
還元率0.5%~
ポイントTポイント
付帯旅行保険なし
電子マネー機能なし
Apple Pay登録可(iDとして利用可能)

FamiPay(ファミペイ)へチャージできるクレジットカードは「ファミマTカード」しかありません。

支払い上限は?

「ファミマTカード」でのチャージ上限は以下になります。

上限金額3万円/1回、10万円/1日、100万円/1月

なので、10万円までの支払いなら問題なく【Famipay(ファミペイ)】で可能です。

公共料金・税金等の収納代行・【PayPay】の場合

「PayPay」残高支払いで、公共料金・税金等の請求書払いが可能になっています。支払える先もかなり増えてきました。→対象支払い先

PayPay残高払い・請求書払い利用特典は、PayPay決済金額の0.5%のPayPayボーナス付与です。

支払い上限は?

PayPay残高からの支払い上限は、過去30日内で200万円、1日で50万円です。

ただ、チャージとの兼ね合いから考えると、ソフトバンク・ワイモバイルユーザー以外は、ヤフーカードを使ったチャージとの合わせ技で、お得な上限は1日最大25万円と考えておいたほうがよいでしょう。(青いバッジがついている+本人認証設定済みヤフーカードの場合なので、条件は厳し目です。)

※ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いの上限は支払いのクレジットカードによる

公共料金・税金等の収納代行・【LINE Pay】の場合

【LINE Pay】でも「LINE Pay 請求書支払い」があります。払えるものも増え始めています。→LINE Pay請求書払い

還元率としては、「VISA LINE Pay カード」を持っていないとお得になりません。

※支払先によっては、請求書に手数料はお客さま負担と記載がある場合に手数料がかかります。

【LINE Pay】へのチャージ方法は以下です。

①銀行口座からのチャージ
②セブン銀行ATMでチャージ
③Famiポートでチャージ
④LINE Pay カード レジチャージ
⑤QR/バーコードを表示してレジでチャージ
⑥東急線各駅の券売機でチャージ
⑦「VISA LINE Payクレジットカード」による「チャージ&ペイ」

2020年5月1日~はじまった「チャージ&ペイ」と「VISA LINE Pay カード」の組み合わせ以外はお得になる方法はありません。

ただし、「VISA LINE Pay カード」を持っている&「LINE Pay 請求書支払い」対象であれば圧勝です!

レギュラーでも1%還元率、シルバー以上になれば1.5%還元率以上です。

支払い上限は?

税金の請求書支払いは30万円まで利用可能です。

公共料金・税金等の収納代行・【au PAY(auペイ)】の場合

【au PAY(auペイ)】でも「au PAY 請求書支払い」があります。ただ、今のところ払えるものが少な目なのが難点です。→au PAY 請求書支払い

税金や公共料金を支払ったポイント還元は、0.5%になります。

【au PAY(auペイ)】へのチャージ方法は以下です。

①auかんたん決済 ※auユーザーのみ
②クレジットカード(au PAY カード/その他クレジットカード)
③現金(セブン銀行ATM/ローソン銀行ATM/ローソン店頭/auショップ)
④Pontaポイント/au WALLET ポイント/auポイント
⑤銀行口座(auじぶん銀行/提携の銀行口座)
⑥au PAY スマートローン(au WALLET スマートローン)
⑦au PAY チャージカード

クレジットカードからもチャージができるので、ポイント付与があるクレジットカードを利用すればさらに還元率がアップします。

ミニストップ×WAON(ワオン)の場合

2020年5月4日~ミニストップ×「WAON(ワオン)」で一部の自動車税・軽自動車税について支払いができるようになっています。

2020年8月10日~ミニストップ×「WAON(ワオン)」で一部の税金・公共料金について支払いができるようになっています。

「WAON(ワオン)」へのチャージでポイント付与があるカードを利用すれば、その分お得になります。

イオンカードセレクト」、あるいは「イオン銀行キャッシュ+デビット」からWAONへのオートチャージで0.5%分のポイントがもらえます。

JALマイルを貯めている人なら、「JALカード」×「JMB WAON」でコースによっては200円につき1~2 JALマイル貯まります。

支払い上限は?

「WAON(ワオン)」の残高上限は5万円です。(2万円の場合は変更可能)複数枚での支払いはできません。

クレジットカードの場合は?国民年金なら「エポスゴールドカード」がすごい

電子マネーやQR決済ではなく、クレジットカードからの引き落としでもお得なものがあります。

管理人おすすめのクレジットカードは
「エポスカード」→インビテーション(招待)→「エポスゴールドカード」(年会費永年無料)
です。

「エポスカード」を利用しているとインビテーションがくることがありますが、インビテーション経由で入会する「エポスゴールドカード」は年会費永年無料。このルートなら「エポスゴールドカード」の年会費はかかりません。

(もちろん「エポスゴールドカード」は秀逸なクレジットカードなので、年会費5000円(税込み)を払っても入る価値はありますが。)

「エポスゴールドカード」には「選べるポイントアップショップ」という特典があります。3つの店舗を選択できポイント3倍=1.5%還元率。

「選べるポイントアップショップ」には、モバイルSuicaやJR東日本などのほかに、以下の公共料金も選択可能です。

公共料金朝日新聞、NHK放送受信料、ENEOSでんき、大阪ガス、沖縄電力、関西電力、九州電力、京葉ガス、国民年金、西部ガス、四国電力、静岡ガス、仙台市ガス、中国電力、中部電力、東京ガス、東京電力、東京都自動車税、東京都水道料金、東彩ガス、東部ガス、東邦ガス、東北電力、日本経済新聞、福岡市水道料金、北陸電力、北海道ガス、北海道電力、ヤフー公金支払、横浜市水道料金、読売新聞、レモンガス

つまり、国民年金やヤフー公金支払(別途決済手数料必要)で1.5%還元率が可能です。

さらに「エポスゴールドカード」にはボーナスポイントもあるので、もう少し上乗せも可能。

国民年金や税金の支払いには、お得なクレジットカードがないかチェックすることも1つの手です。

「エポスカード」→インビテーション→「エポスゴールドカード」がおすすめ。まずは「エポスカード」からです。

「エポスカード」
おすすめポイント年会費無料
全国の提携の居酒屋やカフェで割引やワンドリンクサービスなどの特典が多数!
Suica、楽天Edyチャージでポイント付与
海外旅行保険自動付帯
申し込み資格18歳以上の方(高校生を除く)
年会費無料
家族カード
ETCカード無料
海外旅行傷害保険最高500万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険
Apple Pay・Google PayApple Payに登録してQUICPayクイックペイとして利用可能。Google Pay(グーグル ペイ)に登録可能。(ただしQUICPayクイックペイとしては利用不可)

ヤフー公金支払いは?

「Yahoo!公金支払い」は、クレジットカードかTポイントから支払いができます。

ただし、決済手数料が取られるものもあるので、還元率としては他よりも落ちることになります。

まとめ

自動車税や固定資産税などの税金・公共料金等の収納代行で支払う方法としておすすめは、

「LINE Pay 請求書支払い」対象+「VISA LINE Pay カード」
レギュラーでも1%還元率、シルバー以上になれば1.5%還元率以上可能です。

【PayPay(ペイペイ)】請求書払い
対応先が相当増えてきました。0.5%は可能。
PayPay残高払いで請求書払いが可能なので、クレジットカードを持っていなくても0.5%は可能。

【Famipay(ファミペイ)】+ファミマTカード
リクルートカードを利用する⑤より、チャージも1回に支払える金額も手間なしで0.5%還元率です。

ミニストップ×【WAON(ワオン)】
2020年8月10日~、税金・公共料金の収納代行ができるようになりました。
「イオンカードセレクト」「イオン銀行キャッシュ+デビット」のオートチャージなら0.5%還元率。対象のJALカード×JMB WAONで0.5%JALマイル還元率~

【nanaco】+リクルートカード
※2020年3月12日~nanacoクレジットチャージ事前登録(新規登録)対象カードは「セブンカード」限定に変更になったため、3月11日までに登録済の場合はのみ。
新規なら「セブンカード・プラス」で0.5%還元。
※新規の場合は、手間はかかるがnanacoギフトで1%還元率以上も

もし、払いたい公共料金・税金が対応しているなら⑥【au PAY(auペイ)請求書払い】もアリ。0.5%程度は可能。ただし上限金額注意。

収納代行でなくクレジットカード利用も要チェック。特に国民年金・ヤフー公金支払い可能なら、⑦「エポスカード」→インビテーション(招待)→「エポスゴールドカード」(年会費永年無料)は秀逸。

支払うものや、どこまで手間をかけてもよいか、バランスを図りながら選択することがおすすめです。

「エポスカード」→インビテーション→「エポスゴールドカード」がおすすめ。まずは「エポスカード」からです。

「エポスカード」
おすすめポイント年会費無料
全国の提携の居酒屋やカフェで割引やワンドリンクサービスなどの特典が多数!
Suica、楽天Edyチャージでポイント付与
海外旅行保険自動付帯
申し込み資格18歳以上の方(高校生を除く)
年会費無料
家族カード
ETCカード無料
海外旅行傷害保険最高500万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険
Apple Pay・Google PayApple Payに登録してQUICPayクイックペイとして利用可能。Google Pay(グーグル ペイ)に登録可能。(ただしQUICPayクイックペイとしては利用不可)
スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする