LINE Pay、PayPay、ファミペイで公共料金・税金は支払える?代行収納への対応を比較

コンビ二の機能の1つに収納代行があります。公共料金や税金を代行して支払うことです。早い話が、銀行や役所に行かなくてもレジで支払えること。

コード決済サービスが乱立する時代が突然のようにやってきましたが、決済できるものとできないものがあるのが煩雑でわかりにくい部分です。

流行のLINE Pay(ラインペイ)、PayPay(ペイペイ)、ファミペイって、コンビ二で税金や公共料金を払うのに使えるの?

多くのユーザーの関心事のひとつがこれ。コード決済サービスで公共料金や税金が払えるのかどうか、です。

税金を支払ってポイントでも付けば一番いいのですが、ポイントが付くパターンは少ないかもしれません。

コード決済サービス「LINE Pay」「PayPay」「ファミペイ」の収納代行への対応についてまとめてみました。

スポンサーリンク

収納代行

公共料金や税金の支払いなどを、銀行口座やクレジットカード引き落としではなく、「請求書」を使って自分で支払っている人が対象です。

収納代行のサービスは原則的に、手数料が無料です。

LINE Pay(ラインペイ)で税金は払えるか

LINE Payで支払えるかどうかは自治体によって異なります。

「LINE Pay 請求書支払い」に対応している請求書であれば、LINE Payで支払えます。対応サービスは順次増えています。

⇒LINE Pay請求書払い(公式)

税金や公共料金を支払ったポイント還元は、マイカラーによって0.5~2%になります。ただし、LINE Pay 請求書支払いについて、一部の支払いは特典付与対象外になる場合があります。

PayPay(ペイペイ)で税金は払えるか

PayPayも公共料金等の請求書払いが可能になりました。

詳細については以下の記事で紹介しています。

FamiPayファミペイで税金は払えるか

ファミペイは税金・公共料金が支払えることで注目されています。

ファミペイのサービスがスタートしたばかりの頃は、どの公共料金が支払えるのかわからず、レジで試してもらって初めて支払い可能がどうかがわかる、という状況でした。

現在は、支払い可能かどうかを確認する方法が公式サイトに載っています。

⇒公共料金・各種料金お支払いに関するお知らせ(公式)

一般には電気、ガス、水道、住民税などの支払いが可能となっていますが、中には支払えないものもあるようです。

レジで支払いをする前にファミマアプリで確かめておくようにしましょう。

具体的には次のような手順になります。

①ファミマアプリの[NEW!]メニューから「公共料金・各種料金お支払い」のバナーをタップ。入力画面を出す。

②図例にならって入力欄に6ケタの数字を入れ、[確認する]をタップ。判定が出る。

[FamiPayお支払い]に丸印が付いていたらレジへGO!

なお、公共料金の収納代行では支払い金額に応じたファミペイボーナスは付きませんが、1回の支払いに対して一律で10ポイントのファミペイボーナスが付与されるしくみになっています。

10ポイントは小額ですが、ポイントを付与するその心意気がうれしいですね。

税金・公共料金ならファミペイ&ファミマTカードがお得

決済サービス3強の中で、公共料金の支払いに強いのはやはりファミペイ。

税金・公共料金の支払いでファミペイボーナスは付きませんが、ファミペイへのクレジットチャージでポイントが付く方法があります。

それはファミマTカードでチャージすること。

ファミペイチャージでポイントが付くクレカはファミマTカードだけです。

ファミマTカードで付くポイントはクレジットポイントのTポイントではなく、ファミペイボーナスで付きます。還元率は0.5%で変わりません。

したがって、ファミマTカードでファミペイにチャージして、そのファミペイで公共料金を支払った場合のみ、公共料金の収納代行でお得になります。

なお、ファミマTカードについては下の記事に詳しくまとめてあります。

まとめ

以上、コード決済サービス「LINE Pay」「PayPay」「ファミペイ」の収納代行への対応についてまとめてみました。

税金と公共料金を支払って少しでも得をしたいと考えるなら、ファミペイがおすすめです。PayPayも支払えますがまだ対象は少なく、LINE Payは地域によって差があります。

何でも支払えるといいのですが、いろいろな事情があってそういうわけにはいかないようです。

【nanaco】での税金・公共料金等の支払いについても含めては、以下の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする