年会費無料ドコモ「dカード」(ディーカード)の特典・メリット,還元率,Apple Pay等まとめ【2021年最新版】

年会費無料で持てるドコモの「dカード」(ディーカード)、特典・メリット、デメリット、還元率等は?ドコモユーザー以外は入会できるの?

「dカード」というとドコモユーザーしか入会できないと思いがちですが、実はドコモユーザー以外でも入会できます。

今回の記事では、「dカード」(ディーカード)はどんなクレジットカードなのか、特典やメリット、デメリット、還元率、ApplePay(アップルペイ)、Google Pay(グーグルペイ)等まとめました。

【2021年最新版】

スポンサーリンク

もくじ

ドコモ「dカード」(ディーカード)はどんなクレジットカード?

「dカード」(ディーカード)がどんなクレジットカードなのか、メリットや特典を含めた特徴をリストにすると、

・年会費永年無料・ドコモユーザー以外も入会可能
・家族カードも年会費無料
・ETCカード年会費500円+税(無料条件あり)
・スタバカードへのチャージで4%還元率
・マツモトキヨシ(マツキヨ)で合計4%還元率可能
・メルカリで2.5%還元率
・ポイントアップモールでネットショッピングもお得
・ポイント還元率1%~
・dポイント(通常)の有効期限は2年間
・dポイントが使えるサービスはいろいろある
・dポイントカード・iD(アイディー)搭載
・クーポンがお得
・「d払い」のキャンペーンでも有利
・旅行保険付帯なし
・お買い物あんしん保険年間最高100万円(海外・国内リボ分割)
・dカード(ディーカード)ケータイ補償・購入後1年間最大1万円
・国際ブランドはVISA/Mastercardの2種類
・VISAブランドでタッチ決済(コンタクトレス決済)搭載
・Apple Payに登録可能(アイディーとして利用)
・PayPay、楽天ペイ、d払い、auペイに登録可能(国際ブランドによる)
・楽天Edy、モバイルSuica、モバイルPASMOにチャージ可能

年会費無料、1%還元率、ドコモユーザー以外でも入会できる秀逸なクレジットカードです。

年会費無料ドコモ「dカード」(ディーカード)の特典・メリット

クレジットカードのメリットはどんな特典がついていてお得かということ。まずは特典についてです。

「dカード」(ディーカード)の年会費=永年無料・ドコモユーザー以外も入会可能

年会費は永年無料です!

ドコモユーザー以外も入会可能です。

「dカード」の家族カード

家族カードを発行することができます。

しかも、年会費無料で発行できます。

ETCカード

「dカード」の場合、初年度年会費無料で発行できます。
(2年目以降も、前年度(本会員のdカード契約月から1年間)に一度でもETCカード利用の請求があれば無料・なければ500円+税)

ETCカード利用時にも、100円(税込)の利用につきdポイントが1ポイントたまります。

スタバカードへのチャージで4%還元率!

スターバックス(スタバ)は特約店なので、スタバカードへのチャージでいつでもポイントアップです!

スタバカード×「dカード」でいつでも4%還元が可能です。

「dカード」クレジットポイント1%+特約店ポイント3%=4%

マツモトキヨシ(マツキヨ)がお得!合計4%還元率可能

マツモトキヨシ(マツキヨ)は特約店なので、いつでもポイントアップです!

マツモトキヨシ(マツキヨ)×「dカード」でいつでも3%還元が可能です。

「dカード」クレジットポイント1%+特約店ポイント2%=3%

さらにdポイントカードの提示で+1%なので、合計4%還元率が可能です!

メルカリでお得!


公式サイトより引用

メルカリ×「dカード」でいつでも2.5%還元が可能です。

「dカード」クレジットポイント1%+特約店ポイント1.5%=2.5%

ローソンでお得・5%還元 ※終了

2020年11月30日(月)のご利用分をもちまして、ローソン・ローソンストア100における、 dカード・DCMXカード・dカード プリペイドでお支払い時の3%割引特典を終了させていただきます。
公式サイトより引用)

ローソンを頻繁に利用している人は、「dカード」の特典をフルに活用することができます。

ポイントアップモールでネットショッピングもお得

ネットショッピングをする際に、会員専用の「dカード ポイントアップモール」を経由することにより、dポイントが最大で10.5倍貯まります。

→dカード ポイントUPモール

同じ買い物をするのにも、会員専用モールを使うのと使わないのとでは大違いです。

「dカード」(ディーカード)のポイント還元率は1%!

ポイント還元率:1%

「dカード」(ディーカード)はカード利用額100円(税込)につき1ポイント貯まります。貯まるポイントはdポイントです。

dポイントは実質1ポイント=1円相当なので、還元率は1%になります。

dカード特約店dポイント加盟店ではさらにポイントの加算や割引があります。

ネットショッピングの場合は、dカード ポイントUPモールではさらにポイントの加算があります。

dポイントの有効期限

dポイント(通常ポイント)の有効期限は、獲得した月から起算して48か月後の月末まであるので、ゆっくり利用することができます。

dポイントが使えるサービスはいろいろある

「dカード」の利用で貯まるポイントはdポイントです。dポイントを使えるサービスはいろいろあります。

ケータイ料金の支払いに使う(ドコモ回線)1ポイント=1円相当
d払い1ポイント=1円相当
dマーケット1ポイント=1円相当
ドコモ商品1ポイント=1円相当
dカード プリペイド1ポイント=1円相当
データ量の追加1GB=1100ポイント
ポインコグッズ1ポイント=1円相当
優待チケットd払い利用
スゴ得クーポンに交換ポイント→クーポンに交換するとおまけでメダルがもらえる
抽選プレゼントdポイントを使って応募
App Store & iTunesギフトカード1ポイント=1円相当
韓国・台湾で使う海外ポイントと交換
ハワイ・グアム・ニューヨークで使う1ポイント=1¢
寄付1ポイント=1円相当
街のお店で使う1ポイント=1円相当
商品交換交換商品による
iDキャッシュバック(dカード)2000ポイント=2000円相当
JALマイル5000ポイント→2500 JALマイル
Ponta5250ポイント→5000 Pontaポイント
スターバックスカード3000ポイント→3000円分
ドトール バリューカード3000ポイント→3000円分
自治体ポイント5250ポイント→5000ポイント

※dポイント(期間・用途限定)を使えないサービスもあります。

いろいろなサービスに利用できるので、dポイントの使い道に困ることはありません。

また、『dポイント投資』というサービスもあります。手持ちのdポイントを使って投資体験ができる新しいサービスです。

dポイントを「運用ポイント」に交換(追加)すると、運用ポイントが投資信託やETF(上場投資信託)などの値動きに連動し毎日変動し、運用ポイントはいつでもdポイントに交換(引出)することができます。

100ポイント単位で運用し、運用中のポイントは、1ポイント単位で引き出すことができます。引き出したポイントは、dポイントとして利用可能です。

dポイントの使い方については、下記の記事でも紹介しています。

dポイントカード・iD(アイディー)搭載

dポイントカードは、街での買い物や、ポイントが使えるお店のレジで提示するだけでdポイントを貯めて・使えるカードです。

1ポイント=1円相当なので、提示できる店舗では提示しないと損です。

dカードには、すべてdポイントカード機能がついています。

また、カードにはポストペイ型の電子マネー・iD(アイディー)も搭載しています。

クーポンがお得

「dポイントクラブ」のステージ

「dカード」に申し込む際には「dアカウント」と紐付けされます。「楽天カード」と楽天IDの関係ですね。

「dアカウント」には優待サービスがありますが、ステージによって優待サービスが異なります。

ステージはプラチナ、4th、3rd、2nd、1stの5段階あり、ステージの決まり方はドコモ回線の継続利用期間か6ヶ月間のdポイントの獲得数。

一番上のプラチナを狙う場合も、6ヶ月間のdポイントの獲得数が10000ポイント以上ということは、6ヶ月間で「dカード」を100万円以上利用すればよい計算なので、狙えなくはない範囲です。

優待サービスはプラチナでなければ受けられないものや、全員受けられるものなどがあり、やはり上位のステージのほうがお得度が増します。

プラチナクーポン(プラチナステージ限定)

基本的に抽選なので、当たったり当たらなかったりですが、お得なクーポンの抽選に参加できます。

ローソン第1、第3火曜日更新
ファミリーマート第2、第4火曜日更新
映画ペアチケット毎週金曜日更新
JALラウンジ利用前に応募
ホテル&レストランランチ毎月
全国百貨店共通商品券(10000円分)毎月

JALのラウンジが利用できるクーポンもあります。時期によって案外当たりやすいという声も聞き、JALマイルを貯めている人達には人気です。

※クーポンは変わります。最新の状況は公式サイト→でご確認ください。

スペシャルクーポン(プラチナ・4thステージ限定)

映画や遊園地、スポーツクラブなどを優待価格で利用可能です。

※「スペシャルクーポン」は株式会社リロクラブの「スペシャルクーポン・サイト」で確認することになります。

(例)
イオンシネマ:優待で1300円→さらに、火曜日ならドコモチューズデーで1100円!
という場合もあります。

スペシャルクーポンの購入は、クレジットカードもしくはd払いで支払います。d払いでの支払い時にはポイントも利用できます。(期間限定ポイントも利用可能)

dポイントクラブクーポン(全ステージ共通)

グルメ、ショッピング、レジャーや旅行までdポイントクラブ会員なら誰でも優待価格で利用可能です。

※クーポンの内容は変わります

ローソンやガスト、ジョナサン等が人気ですね。

「d払い」のキャンペーンでも有利

「d払い」ではよくキャンペーンが実施されますが、「d払い」の支払い方法がdカード(ディーカード)以外のクレジットカードは対象外(=電話料金合算払い、dカードでの支払い、口座払いが対象)のことがあります。

ドコモの「dカード」(ディーカード)なら大丈夫です。

「dカード」(ディーカード)の旅行保険・付帯保険

旅行保険

海外旅行保険・国内旅行保険ともに、残念ながら付帯していません。

お買い物あんしん保険

「dカード」(ディーカード)で購入した品物が、万一盗難、破損などの損害を受けた場合、お買い物あんしん保険として、国内・海外のショッピングともに年間100万円まで補償されます。

※国内での購入品の場合、リボ払い または 3回以上の分割払い
※自己負担額:1事故あたり3000円

dカード(ディーカード)ケータイ補償

購入後1年間、最大1万円のケータイ補償があります。

「dカード」(ディーカード)のdカードケータイ補償は、利用中の携帯電話端末が、購入から1年以内に、偶然の事故により紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損等)となってしまい、新たに同一機種・同一カラーの新端末をドコモショップ等で、契約中のdカードを利用して購入した場合に購入費用の一部を補償する、dカードの会員向けの特典です。

サポートデスク

海外現地での観光案内や各種予約、トラブル時などに日本語で対応してくれるサポートデスク「VJデスク」が利用できます。

「dカード」(ディーカード)の国際ブランド

VISA、MasterCardの2つのブランドから選べます。

「dカード(VISA)」はVisaのタッチ決済が使える!

VISAのタッチ決済とは、上記マークがある店舗で、レジにあるリーダーに非接触対応のVisaカードをタッチするだけで支払いができる決済方法です。

「dカード(VISA)」はVISAのタッチ決済が利用できます。

利用方法もかんたん。上記のマークがある店舗で、「VISAのタッチで支払います」と伝えて「dカード(VISA)」を読み取り端末かざすだけです。

「dカード」(ディーカード)とApple Pay(アップルペイ)

もともとdカードは単体でポストペイ型電子マネー「iD」の機能を持ち合わせていますが、「dカード」をApplePayに登録すると、ポストペイ型の電子マネーiD(アイディー)として使えるようになります。

「dカード」(ディーカード)とGoogle Pay(グーグルペイ)

Google Pay(グーグル ペイ)での非接触型決済は、2019年5月末から一部のクレジットカードでiD・QUICPayの利用が可能になり、便利になりました。

「dカード」をGoogle Pay(グーグル ペイ)に登録することはできますが、登録してポストペイ型の電子マネーiD・QUICPayとして利用することはできません。

「dカード」(ディーカード)とQRコード決済/スマホ決済

QRコード決済/スマホ決済は、それぞれチャージが必要だったり、登録したクレジットカードからの支払だったり、両方できたりと、コード決済によって違います。

QRコード決済/スマホ決済(ペイペイ・楽天ペイ・d払い・au PAY・LINE Pay・メルペイ)と「dカード」(ディーカード)についてまとめると以下のようになります。

 「dカード」を登録「dカード」からチャージ
PayPay(ペイペイ)×
楽天ペイ×
d払い×(クレカ不可)
auPAY(auペイ)Mastercardのみ
LINE Pay(ラインペイ)×
メルペイ×(クレカ不可)

還元率については下記の記事で紹介しています。

「dカード」(ディーカード)電子マネーと注意点

「dカード」(ディーカード)と電子マネーについてまとめると以下になります。注意点は、チャージできる=ポイント付与がある、ということではない点です。

 VISA・MasterCard
楽天Edy
モバイルSuica
nanaco ×
WAON×
PASMO(パスモ)オートチャージ:×
モバイルPASMO:△
QUICPay(QUICPay+)
iDカードに搭載
ApplePayで利用可
そのほかにおサイフケータイで可

○:チャージ可・ポイント付与あり
△:チャージ可・ポイント付与なし
×:チャージ不可

デメリット

「dカード」(ディーカード)には、デメリットというほどのデメリットはありません。

残念な点を敢えてあげるなら、旅行保険が付帯しないことでしょうか。

特典もそれほど多くはありません。

まとめ

年会費無料・還元率1%のドコモの「dカード」(ディーカード)。

マツキヨをはじめとした特約店での買い物がお得になり、「d払い」のキャンペーンでも優位性があります。

「d払い」のキャンペーン頻度は高いので、「dカード」(ディーカード)を持っていた方がキャンペーン参加が有利になります。

ドコモユーザー以外でも入会できるので、「d払い」のキャンペーンを狙うなら持って損はないですよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする