「dカード」「dカード ゴールド」×「d払い」は二重取りでお得!登録できない場合の原因は?【2021年最新版】

「d払い」に「dカード」を登録すれば二重取りでお得なはずなのに!
登録できない!原因は何がある?

【2021年最新版】

「d払い」と「dカード」の相性は抜群です。

スポンサーリンク

「dカード」「dカード ゴールド」ならポイント二重取り可能で、キャンペーンもお得

「d払い」は通常支払い時もdポイント付与があります。

リアル店舗での支払い:200円(税込)につき1ポイント(0.5%還元率)
ネットでの支払い:100円(税込)につき1ポイント(1%還元率)

「dカード」を「d払い」に登録して支払いすると、d払い側でポイント付与0.5~1%、クレジットカード側で1%還元率で、合計1.5%~2%還元率の二重取りが可能になります。

※ただし、「d払い」の支払いを電話料金合算払いにすると、dカードのポイント付与対象外になります。ドコモの携帯電話利用料金については、dポイントクラブのポイントプログラムでのポイント付与になります。

「d払い」のキャンペーンでは、「d払い」の支払い方法がdカード以外のクレジットカードは対象外(=電話料金合算払い、dカードでの支払い、口座払いが対象)のことがあります。

その点「dカード」なら問題ありません。

「d払い」に「dカード」「dカード ゴールド」を登録できない!原因は?

「dカード」は入会時にVISA、MasterCardの2種類のブランドが選べ、どちらも「d払い」に登録できます。

当然と言えば当然ですが、「dカード」は「d払い」のキャンペーン等でも優遇されていて、相性抜群です。

なので、もし手持ちの「dカード」が登録できないとしたら原因は、
・アプリアップデートが必要
・本人認証サービス(3Dセキュア)に対応していないカード
・申し出により「クレジットカード/dカード利用拒否」を設定している
・有効期限切れ、利用停止などで無効なカード
・「dカード」の本人認証をまだ登録していない
などが考えられます。

「dカード」の本人認証登録は公式サイトに説明があります。

→公式サイト

「d払い」に利用できるクレジットカードは多い

「d払い」で支払う方法をかんたんに説明すると、

①電話料金合算払い(ドコモユーザーのみ利用可能)
②クレジットカード払い
③dポイント充当
④d払い残高

この中でクレジットカードに関係あるのは①②のみ。④ではクレジットカードは利用できません。

①電話料金合算払い

月々の電話料金と合算して支払います。

ドコモの回線契約(spモード、またはiモードのどちらかの契約が必要)を持っていていれば利用可能。

電話料金の支払いに利用できるクレジットカードにそれほどの縛りはありません。ほとんどOKと考えて問題ないでしょう。

ただし利用できるのはドコモユーザーということになります。

②クレジットカード払い

クレジットカードを登録・紐付けできます。

JCBVISAMastercardアメックスで、利用前に3Dセキュアの登録が必要。

3Dセキュア対応であれば、かなりの代表的な国際ブランドのクレジットカードがOKです。ほとんど利用できると言ってもよいくらいです。

まとめ

「d払い」に「dカード」は登録できます。ポイント二重取りも可能。

「d払い」と「dカード」の相性は抜群です。

もし手持ちの「dカード」が登録できないとしたら原因は、
・アプリアップデートが必要
・申し出により「クレジットカード/dカード利用拒否」を設定している
・有効期限切れ
・本人認証をまだ登録していない
等を確認してみましょう。

dカード」「dカード ゴールド」は同様になります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする