※この記事にはプロモーションが含まれています。[PR]

モバイルSuica(スイカ)チャージに「dカード」「dカード ゴールド」は利用できる?ポイントは?

モバイルSuica(スイカ)チャージに「dカード」は利用できる?注意点は?

SuicaはJR東日本が発行している便利な交通系電子マネーです。交通系ICカードの相互利用サービスで全国で利用でき、多くの店舗での支払い等にも利用できます。

そこで今回の記事では、「dカード」はモバイルSuica(スイカ)のクレジットチャージに利用できるのか、ポイント付与等についてまとめました。

dカード」「dカード ゴールド」は同様になります。

スポンサーリンク

「dカード」「dカード ゴールド」はモバイルSuica(スイカ)チャージに利用できる

結論から言えば、「dカード」をモバイルSuica(スイカ)チャージに利用することはできます

※「dカード」は入会時にVISA、MasterCardの2種類のブランドが選べます。

モバイルSuica(スイカ)チャージでポイント付与は?d払い経由がおすすめ

「Suicaにチャージできる=ポイント付与がある」というわけではありません。クレジットカードによって扱いは異なります。

残念ながら、「dカード」から直接モバイルSuicaチャージでポイント付与はありません。

※SF(電子マネー)へのチャージのほか、「モバイルSuica」で購入するモバイルSuica特急券・定期券・Suicaグリーン券もポイント付与対象外です。

ポイント付与について→公式サイト

ただし、Android端末なら、d払いからSuicaへチャージで、チャージ金額の0.5%(200円につき1ポイント)相当のdポイントがたまります。

d払いなら、「dカード」を利用したチャージで0.5%還元率が可能です。

【d払いからSuicaへチャージ方法】
・dカード:0.5%
・電話料金合算払い:0.5%
・d払い残高:0.5%

「dカード」「dカード ゴールド」をチャージに利用してSuica(スイカ)を使う方法

Suicaを利用するときは、以下のようなパターンがあります。

・iPhoneの場合:Apple Pay(アップルペイ)・モバイルSuica
・Androidの場合:モバイルSuicaアプリ
・Androidの場合:Googleウォレット(グーグルペイ)・モバイルSuica
・Androidの場合:au PAY・モバイルSuica
・Androidの場合:d払い・モバイルSuica
・楽天ペイ・モバイルSuica
・Suicaカード
など

いずれの支払い方法であっても、Suicaはプリペイド型電子マネーのため、チャージして残高がある状態でないと利用できません。

上記のうち「dカード」「dカード ゴールド」をチャージに利用できるのは、Apple Pay(アップルペイ)・モバイルSuica、モバイルSuicaアプリ、Googleウォレット(グーグルペイ)・モバイルSuica、au PAY・モバイルSuica、d払い・モバイルSuicaになります。

iPhoneの場合:Apple Pay(アップルペイ)・モバイルSuicaで利用

「dカード」の国際ブランドは
VISA
Mastercard(マスターカード)

「dカード」はWalletアプリからSuicaへのチャージが可能で、Apple Payも制限なく使えます。

Androidの場合:Google ウォレット(Google Pay)・モバイルSuicaで利用

Google アカウントに登録できるクレジットカードであれば、Google ウォレット(グーグルペイ)・モバイルSuicaのチャージに利用できます。

「dカード」はGoogle アカウントに登録できます。

Androidの場合:モバイルSuicaアプリで利用

Android端末なら、モバイルSuicaアプリがおすすめです。

Google ウォレット(Google Pay)・SuicaとモバイルSuicaアプリでは、できることに違いがあります。

 Google ウォレットのモバイルSuicaモバイルSuicaアプリ
入金(チャージ)(Google アカウントに登録したクレジットカード)
入金(チャージ)(モバイルSuicaに登録したクレジットカード)
入金(チャージ)(コンビニ、チャージ機等での現金によるチャージ)
電車での利用
お買いものでの利用
SF(電子マネー)の残額表示
SF(電子マネー)の利用履歴表示
定期券の購入
Suicaグリーン券の購入
おトクなきっぷの購入
タッチでGo!新幹線
エクスプレス予約サービス(東海道・山陽新幹線)
JRE POINT・Suicaポケットの受取り
ネット決済
再発行
チャージ払いもどし・退会

⇒公式サイト

「dカード」はモバイルSuicaアプリでのクレジットチャージに利用可能です。

モバイルSuicaへのクレジットチャージについては→公式サイト

そのほか、Android端末なら、au PAYアプリのモバイルSuicaを使うこともできます。

チャージはau PAY残高からになります。

au PAY残高へのチャージには、Mastercardブランドの「dカード」なら利用できます。

また、d払いアプリ・モバイルSuica(Android端末)も利用できるようになりました。

d払いからSuicaへチャージで、チャージ金額の0.5%(200円につき1ポイント)相当のdポイントがたまります。

モバイルsuicaのチャージ用にdカードが登録できない場合は?

モバイルSuicaアプリに登録できるクレジットカードは、本人認証サービス(3Dセキュア2.0)に対応するクレジットカードになります。

・ビューカード(JR東日本グループのクレジットカード)
・JCB
・VISA
・Mastercard
・American Express
・Diners Club
・JR東海エクスプレス・カード

もし、モバイルSuicaに「dカード」等クレジットカードが登録できない場合は、下記のような原因がないか、確認してみましょう。

・本人認証サービスへの登録が済んでいない
・3Dセキュア2.0に対応していない
・有効期限が切れている
・同一のクレジットカードを複数のモバイルSuica会員情報に重複登録できない

⇒公式サイト・「dカード」本人認証サービス

また、海外で発行されたクレジットカード、及びデビットカード・プリペイドカード等は、原則として登録できません。

まとめ

「dカード」はモバイルSuica(スイカ)チャージに利用可能です。

d払いからSuicaへチャージ(Android端末)で、チャージ金額の0.5%(200円につき1ポイント)相当のdポイントがたまります。

dカード」「dカード ゴールド」は同様になります。

※この記事にはプロモーションが含まれています。[PR]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする