ローソンでメルペイは使えるけど、コード決済(コード払い)や使い方は?【2021年最新版】

「ローソン」でのメルペイのコード決済(コード払い)や使い方を知りたい!

【2021年最新版】

【コンビニのQRコード決済 対応表】

ペイペイ楽天ペイd払いauペイラインペイメルペイ
セブン
ローソン
ファミマ
ミニストップ
デイリー
セイコーマート
ポプラ
NewDays××××××
東海キヨスク
アズナス××××××
アンスリー×

「ローソン」と言えば、いろんなキャッシュレス決済の導入が早いイメージが強いのですが、メルペイはどうでしょうか。

今回の記事では、コンビニ大手「ローソン」でのメルペイは、コード決済(コード払い)なのかiD決済(メルペイiD)なのか、使い方やスマート払い(あと払い)等についてまとめました。

スポンサーリンク

「ローソン」でメルペイは使える・使い方は?

結論から言うと、ローソンでメルペイは利用可能です。

その他のQRコード決済も、PayPay(ペイペイ)、d払い、au PAY(auペイ)等ほとんどが使えます。

「ローソン」では他のキャッシュレス決済も利用できる!お得なものを選択しよう

「ローソン」では、他のキャッシュレス決済方法もいろいろあります。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)○(使える)
楽天ペイ○(使える)
LINE Pay(ラインペイ)○(使える)
メルペイ○(使える)
d払い○(使える)
au PAY(auペイ)○(使える)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)○(使える)
楽天Edy○(使える)
nanaco(ナナコ)×(使えない)
WAON(ワオン)○(使える)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)
iD※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)

※○でも一部利用できない店舗があります。
※よく利用されると思われる決済方法だけピックアップしています。

詳細は公式サイトで

ローソンでのメルペイの使い方

ローソンでメルペイは使えるのですが、メルペイには2種類の決済方法・使い方があります。

コード決済(コード払い)・QRコード決済
メルペイiD決済(メルペイ電子マネーiD)

ローソンの場合はどちらも利用できます。

メルペイのコード決済(コード払い)・QRコード決済が可能

ローソンでメルペイのコード決済(コード払い)・QRコード決済が利用できます。

メルペイのコード決済(コード払い)・QRコード決済を使う場合は、メルペイのQR/バーコード画面を提示して、レジで読み取ってもらいます。

レジへ
(レジを打っている間に準備)
→メルペイを立ち上げる
コード払いをタップ
→店員さんに「メルペイで」と伝える
→レジでQR/バーコード画面を提示し読み取ってもらう
→支払い完了

メルペイiD決済(メルペイ電子マネーiD)が可能

ローソンでは、メルペイiD決済(メルペイ電子マネーiD)で支払うことも可能です。

レジへ
(レジを打っている間に準備)
→メルペイを立ち上げる
iDをタップ
→店員さんに「アイディで」と伝える
→レジでスマホをかざす
→支払い完了

※メルペイiD決済(メルペイ電子マネーiD)ですが、電子マネーiDと違って、残高が必要です。スマート払い(あと払い)に設定していない場合は、残高不足だとエラーになります

クーポンを使った場合の使い方は下記の記事で紹介しています。

「ローソン」でメルペイで支払えないもの

メルペイで何でも支払えるわけではありません。

テレホンカード類、バスカード・各種乗車券・回数券、各種商品券、QUOカード、切手・ハガキ、・印紙、一部のLoppi取次サービス、公共料金・収納代行票の支払いには利用できません。

税金・公共料金等収納代行の支払いについては、以下の記事にまとめてあります。

メルペイの支払い方法

ローソンでメルペイで、コード決済(コード払い)・QRコード決済、メルペイiD決済(メルペイ電子マネーiD)で支払う場合、その元の支払い方法には2種類あります。

◆メルペイ残高・ポイント
◆メルペイスマート払い(あと払い)

メルペイ残高で支払うにはチャージが必要です。

メルペイスマート払い(あと払い)をする場合、年齢や利用状況によっては使えないこともあります。

メルペイ残高へのチャージ方法

メルペイ残高のチャージ方法は以下になります。

①メルカリ売り上げ高からの支払い
②銀行口座からのチャージ
③セブン銀行ATMでチャージ

残念ながらメルペイは、クレジットカードからチャージできるような仕様ではありません。

メルペイスマート払い(あと払い)

「スマート払い(あと払い)」とは、当月分の購入代金を、翌月にまとめて支払いできるサービスです。

支払い方法をメルペイ残高ではなく、メルペイスマート払い(あと払い)にしておくことができます。(コード決済(コード払い)・QRコード決済やメルペイiD決済(メルペイ電子マネーiD)の支払い時の最終的な精算があと払いになります。)

ただし、年齢や利用状況によって利用できない場合もあり、あまりメルカリを使っていないような場合も、スマート払い(あと払い)の上限金額は少ない設定になります。

なお、メルペイの詳細については下記の記事で詳しく紹介しています。

「Pontaカード」もしくは「dポイントカード」を提示で

ローソンでは、「Pontaカード」もしくは「dポイントカード」を提示するとポイントが貯まります。

「Ponta(ポンタ)カード」もしくは「dポイントカード」提示
・0:00~15:59  ⇒ 200円(税抜)ごとに1ポイント(0.5%還元率)
・16:00~23:59 ⇒ 200円(税抜)ごとに2ポイント(1%還元率)
(2020年7月7日~上記へ変更)

「Pontaカード」と「dポイントカード」はどちらか一方のみになります。

「Pontaカード」のみ提示:OK
「dポイントカード」のみ提示:OK
「Pontaカード」「dポイントカード」両方提示:NG

どちらを提示するかは好みでよいでしょう。

「メルペイ」は現金と併用できない

「メルペイ」は残高が足りないからといって、現金と併用払いはできません。

QUOカードPayを除くバーコード決済は、現金を含む、他の決済手段との併用支払いはできません。

まとめ

「ローソン」でメルペイは使えます。コード決済(コード払い)もiD決済(メルペイiD)も利用できます。

ポイントの貯め方としては、「Pontaカード」か「dポイントカード」を提示すれば+0.5~1%還元率なので、必ず提示しましょう!

ただ還元率については、他のキャッシュレス決済と比較したほうが良いです。特にキャンペーンはチェックしておかないと、何が一番お得かわかりません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする