セブンイレブンで交通系IC・Suica(スイカ)を使いこなす!ATMでチャージは?【2021年最新版】

セブンイレブンで交通系ICカード・Suica(スイカ)を使いこなしたい!セブン銀行ATMでチャージではできる?

セブンイレブンと言えばnanacoのイメージが強いのですが、使い慣れているSuicaとの相性はどうでしょうか。還元率やお得情報等についてまとめました。

【2021年最新版】

スポンサーリンク

セブンイレブンでも交通系ICカード・Suica(スイカ)は支払いに使える

セブンイレブンで、交通系ICカード・Suica(スイカ)は便利に使えます。

交通系電子マネー(Suica・PASMO・Kitaca・tolca・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん)、nanaco、楽天Edy、QUICPay、iDが使えるセブンイレブン。

でもWAONは使えません。

セブンイレブンでSuicaを利用した時の還元率

Suicaを利用した時の還元率は、クレジットカードに大きく依存します。

クレジットカード→Suicaへチャージ

ここでどれだかポイント付与されるかにより、還元率は変わってきます。

セブンイレブンアプリ提示で+0.5%

セブンイレブンでは、セブンイレブンアプリでバーコードを提示するとポイント(セブンマイル)が貯まります。

「セブンマイルプログラム」で200円(税抜)=1セブンマイル(1円相当)が貯まります。(0.5%還元率)

セブンイレブンでSuica(スイカ)へチャージ

 Suicaへのチャージ方法は、アプリを使ってクレジットカードから都度チャージするなどの方法があります。

それ以外にも、セブンイレブンで現金でSuicaへチャージする方法が2通りあります。

セブンイレブンのレジで現金チャージ

モバイルSuicaでもSuicaカードでも同じ手順でチャージできます。

レジで店員さんに「スイカのチャージをしたい」と伝える
→チャージしたい金額を聞かれるので、チャージする金額を伝える
→金額を現金で払う
→NFC読み取り端末にモバイルSuica・Suicaカードをかざす
→チャージ完了

チャージ金額:1000円単位
チャージ上限:残高と合わせて2万円まで

残高が3200円の場合、16000円をチャージできるということです。

セブン銀行ATMで現金チャージ

セブンイレブンでは、セブン銀行ATMでチャージができます。

セブン銀行ATMで「電子マネーチャージはこちら」選択
→「電子マネーを置いてください」と出たら、読み取り部分にSuicaを置く
(iPhoneの場合、TouchIDやFaceIDで認証したあとにSuicaが使える状態にしてから置く)
→画面が切り替わる
→「チャージ」を選択
→チャージ金額を選択
→紙幣を入れる
→チャージ完了

チャージ金額:1000円単位
チャージ上限:残高と合わせて2万円まで

営業時間とATM手数料 : 電子マネー「交通系電子マネー」(公式サイト)

セブンイレブンでSuica(スイカ)で支払えないもの

Suicaで何でも支払えるわけではありません。以下のものは支払えません。

・セブンネットショッピング以外のインターネットショッピング商品店頭受取り時の店頭払い
・インターネット代金収納(宅配商品のコンビニ前払い含む)
・公共料金等の収納代行
・マルチコピー機でのサービス
・切手・印紙・ハガキ・年賀ハガキ
・クオ・カード
・テレホンカード
・プリペイドカード
・プリペイド携帯カード
・ビール券・酒クーポン券
・映画券・前売券
・地区指定ゴミ袋・ゴミ処理券
・他金券等に準ずるもの
・nanacoカード発行手数料
・各種電子マネーへの現金チャージ

税金・公共料金等収納代行の支払いは不可(【nanaco】のみ)

セブンイレブンで税金や公共料金を払いたい場合は、【nanaco】か現金での支払いになります。

【nanaco】で公共料金・税金等の収納代行の支払いをしても、nanacoポイントは付きませんが、【nanaco】へのチャージでポイント付与されるクレジットカードからチャージすれば、その分お得になります。

セブンイレブンでSuica(スイカ)はnanaco等と併用できない

セブンイレブンでSuicaで支払う場合、併用できない支払い方法があります。

・nanaco
・複数枚の交通系電子マネー
・楽天Edy
・QUICPay
・iD
・クレジットカード
・バーコード決済

セブンイレブンでは他のキャッシュレス決済も利用できる!お得なものを選択しよう

セブンイレブンでは、他のキャッシュレス決済方法もいろいろあります。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)○(使える)
楽天ペイ○(使える)
LINE Pay(ラインペイ)○(使える)
メルペイ○(使える)
d払い○(使える)
au PAY(auペイ)○(使える)
J-Coin Pay○(使える)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)○(使える)
楽天Edy○(使える)
nanaco(ナナコ)○(使える)
WAON(ワオン)×(使えない)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)
iD※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)
ポイントカード(楽天ポイントdポイントPontaTポイント/独自)×/×/×/×/○

※○(使える)でも一部利用できない店舗があります。
※よく利用されると思われる決済方法だけピックアップしています。

詳細は公式サイトで

セブンイレブンの支払い方法はどれがお得か、キャンペーン等の情報は、以下の記事を参考にどうぞ。

ビックカメラSuicaカードやエポスゴールドカードでチャージしたモバイルSuicaで1.5%

Suica(スイカ)なら、ビックカメラSuicaカード等のビューカードやエポスゴールドカードでチャージしたモバイルSuicaで支払う、という方法が高還元でおすすめです。

ビックカメラSuicaカードはSuicaユーザー御用達のクレジットカード。モバイルSuicaへのチャージで1000円につき15ポイントのJREポイントが付与されます。

エポスゴールドカードは選べるポイントアップショップでモバイルスイカを選んでおけば1.5%還元率が可能です。

auペイ・Suicaが登場したことにより、au PAYゴールドカード×au PAY・Suicaで2.5%還元率が可能になりました。

まとめ

セブンイレブンで交通系ICカード・Suica(スイカ)を使う場合、還元率はチャージに使うクレジットカードによります。最低1.5%はキープしておきたいところ。

他にもキャッシュレス決済はいろいろありますし、キャンペーンも多いので、情報は常にチェックしておく必要があります。アプリの利用も必須です。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2022年7月】

【コンビニのクレカ/電子マネー 対応表】

クレジットカードクイックペイidnanacoワオン楽天エディSuicaPASMO
セブン×
ローソン×
ファミマ×
ミニストップ×
デイリー××
セイコーマート
ポプラ×
NewDays
東海キヨスク××
アズナス
アンスリー××
スポンサーリンク

シェアする

フォローする