NewDays(ニューデイズ)で楽天Edy(エディ)は支払い・決済方法に使える?

「NewDays」で楽天Edy(エディ)は支払い方法に使えるのか使えないのか知りたい!お得な情報も!

JR東日本のエキナカポータル「NewDays(ニューデイズ)」。構内の売店として700店舗以上を展開しています。利便性の高いNewDaysはキャッシュレス化が進んでいるイメージがありますが、楽天Edy(エディ)は使えるのでしょうか。

今回の記事ではNewDaysで楽天Edy(エディ)を支払いに使えるのか、お得な利用方法があるのか等についてまとめました。

スポンサーリンク

「NewDays」で楽天Edy(エディ)は使える

結論から言えば、「NewDays」では楽天Edy(エディ)は利用できます

「NewDays」ではほぼ全店舗でクレジットカード、電子マネーが使えます。

⇒お支払い・サービス(公式)

対応店舗で電子マネー・楽天Edyを利用するときは、以下のいずれかのパターンになります。また、「楽天Edy」は、支払い200円(税込)につき1ポイント貯まります。(0.5%還元率)

・Androidの場合:楽天Edyアプリ(おサイフケータイ)
・Androidの場合:Google Pay(グーグルペイ)・楽天Edy
・Androidの場合:楽天ペイアプリ・楽天Edy
・Edyカード・Edy機能付き楽天カード

※iPhoneも組み合わせで「楽天Edy」は利用できますが、iPhone単体では使えません。

NewDaysをお得に利用するには?

NewDaysを便利でお得に利用するための情報を紹介します。知っているのと知らないのとでは大きく差が出るかもしれません。

モバイル会員の特典を利用

NewDays公式サイトからモバイル会員に無料登録をしておくと、お得なクーポンやキャンペーン情報を入手できるようになります。

スマホ向けの専用アプリはありません。ブラウザー上でログインして利用します。

⇒モバイル会員のご案内(公式)

Suica利用でポイントが貯まる

NewDaysはSuicaの利用でJRE POINTが貯まるショップです。JREポイントに紐づいたSuicaで支払うと、200円につき1ポイントがもらえます。

また、一部の店舗ではJREポイントを提示するだけでJREポイントが貯まる店舗もあります。

⇒登録したSuicaのご利用でポイントが貯まるお店(公式)

『NewDays』の支払い方法・キャッシュレス対応状況

『NewDays』の支払い方法・キャッシュレス状況は次のようになっています。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)×(使えない)
楽天ペイ×(使えない)
LINE Pay(ラインペイ)×(使えない)
メルペイ(コード決済)×(使えない)
d払い×(使えない)
au PAY(auペイ)×(使えない)
FamiPay(ファミペイ)×(使えない)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)○(使える)
電子マネー・楽天Edy○(使える)
電子マネー・nanaco(ナナコ)○(使える)
電子マネー・WAON(ワオン)○(使える)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)
iD※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)

※○(使える)でも一部利用できない店舗があります。
※よく利用されると思われる支払い方法だけピックアップしています。

Suicaによるキャッシュレス専用のNewDaysも登場してきています。

楽天Edy(エディ)なら「リクルートカード」がお得

楽天Edyを利用したいならリクルートカードがおすすめです。

リクルートカードからチャージでポイント付与(付与月額合計3万円まで)があるので、楽天Edyを利用してポイント二重取りが可能です。

 クレカEdy合計
リクルートカード1.2%0.5%1.7%

※Edyチャージでポイント付与があるリクルートカードはVISA/Mastercardブランド。

まとめ

「NewDays」で楽天Edy(エディ)は使えます。

キャッシュレス決済がいろいろ選べるようになれば、キャンペーンでお得に利用できます。今後に期待です。

公式サイトやSNS等でキャンペーン情報は常にチェックして、チャンスを見逃さないようにしましょう。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2021年6月】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする