【2020年8月最新版】「ガスト」でiD(アイディー)は支払い方法に使える?ApplePayは?

「ガスト」でiD(アイディー)は支払い方法に使えるのか使えないのか知りたい!

全国に3,200店舗以上の系列店を展開する「すかいらーくグループ」の1つ「ガスト」。キャッシュレス決済の方法としてiD(アイディー)はどうでしょうか。

今回の記事では、「ガスト」でiD(アイディー)を支払いに使えるのか、Apple Pay(アップルペイ)やGoogle Pay(グーグルペイ)のiD(アイディー)、メルペイiD等についてまとめました。

【2020年8月最新版】

スポンサーリンク

 


「ガスト」でiD(アイディー)は使える・使い方

結論から言えば、「ガスト」でiD(アイディー)は利用可能です。

「ガスト」でiD(アイディー)を利用するときは、以下のいずれかでの決済になります。

・iPhoneの場合:Apple Pay(アップルペイ)・iD(アイディー)
・Androidの場合:Google Pay(グーグルペイ)・iD(アイディー)
・Androidの場合:おサイフケータイ
・カード型(クレジットカード付帯含む)
・メルペイiD

アップルペイ・iD(アイディー)で決済が可能

「ガスト」でApple Pay(アップルペイ)のiD(アイディー)で支払うことは可能です。

レジへ
→Apple Pay(WALLET)を立ち上げる
→iD(アイディー)のクレジットカードを選択
→店員さんに「アイディーで」と伝える
→ホームボタンに指をおいてTouch ID(またはFace ID)で認証しながら、NFC読み取り端末にスマホをかざす
→支払い完了

iD(アイディー)はポストペイ型電子マネーなので、残高を気にする必要はありません。

※登録したクレジットカードによってQUICPay(QUICPay+)が利用できるか、iDが利用できるかが決まります。

Androidの場合:グーグルペイ・iD(アイディー)で決済が可能

「ガスト」でGoogle Pay(グーグルペイ)のiD(アイディー)で支払うことも可能です。Android端末のロックを解除したり、アプリを起動したりする必要はありません。

レジへ
→支払いは「アイディーで」と伝え、スマホをかざす
→支払い完了

iD(アイディー)はポストペイ型電子マネーなので、残高を気にする必要はありません。

※登録したクレジットカード・プリペイドカード・デビットカードによってQUICPay(QUICPay+)が利用できるか、iDが利用できるかが決まります。

Google Pay(グーグルペイ)・iD(アイディー)については下記の記事で紹介しています。

おサイフケータイで決済が可能

おサイフケータイ利用可能なAndroid端末であれば、iDアプリも利用できます。「ガスト」では、iD(アイディー)で支払うことが可能です。

レジへ
→支払いは「アイディーで」と伝え、スマホをかざす
→支払い完了

カード型(クレジットカード付帯含む)で決済が可能

「ガスト」では、カード型のiD(アイディー)でも支払うことが可能です。

レジへ
→支払いは「アイディーで」と伝え、カードをかざす
→支払い完了

メルペイiD決済も使える

「ガスト」ではメルペイiD決済でも支払いができます。

「ガスト」でiD(アイディー)を利用した時の還元率

iD(アイディー)を利用した時の還元率は、クレジットカードに大きく依存します。

それ以外にもいろいろお得になる方法があります。

「すかいらーくアプリ」を活用してクーポンをゲット!

「ガスト」には、すかいらーくグループの公式のアプリ「すかいらーくアプリ」があります。

「ガスト」を利用する場合、「すかいらーくアプリ」を利用してお得なクーポンや、キャンペーン情報をゲットします。

すかいらーくアプリ

すかいらーくアプリ
開発元:SKYLARK CO.,LTD.
無料
posted withアプリーチ

アプリ以外に、すかいらーくでは、「オトクーポン」というメールでお得なクーポンが届くサービスも実施しています。

各種サービスのクーポンを利用する

公式アプリ以外にも「ガスト」で利用できるクーポンを入手する方法は他にもあります。

・LINE・ラインクーポン
・SmartNews(スマートニュース)のクーポン

メニューによっては200円引きのクーポンがあったり、50円引き程度なら割とかんたんに手に入ります。

公式アプリと掲載されているものが違う場合もあるので、自分が食べたいメニューがなければこちらもみたほうがよいかもしれません。

が、スマホ決済のキャンペーンを利用すれば超絶にお得になることもあるので、そちらも要チェックです。

「Tポイントカード」を提示・併用

「ガスト」では、「Tポイントカード」を提示するとポイントが貯まります。

「Tポイントカード」提示:200円(税抜)ごとに1ポイント(0.5%還元率)
<使う>
Tポイントで支払うこともできます。1ポイント=1円

※クーポンと一緒に、ポイントカードでポイントを貯めたりできます。

還元率は

「ガスト」でiD(アイディー)を使って支払った時の還元率は、おおよそ以下になります。紐付けしているクレジットカードの還元率によって変わってきます。

支払い:クレジットポイント
Tポイントカード:0.5%
合計:0.5%
+クレジットポイント

割引クーポン等があればさらにお得になります。

「ガスト」では他のキャッシュレス決済も利用できる!お得なものを選択しよう

「ガスト」では、他のキャッシュレスでの支払い方法もいろいろあります。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)○(使える)
楽天ペイ○(使える)
LINE Pay(ラインペイ)○(使える)
メルペイ○(使える)
d払い○(使える)
au PAY(auペイ)×(使えない)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)○(使える)
電子マネー・楽天Edy○(使える)
電子マネー・nanaco(ナナコ)×(使えない)
電子マネー・WAON(ワオン)×(使えない)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)
iD※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)

※○(使える)でも一部利用できない店舗があります。
※よく利用されると思われる決済方法だけピックアップしています。

かなりのクレジットカード・QRコード決済・電子マネーの利用が可能です。

すかいらーくご優待券が安く手に入ればお得になるかも!?

ガストは「すかいらーくグループ」の系列店です。なので「すかいらーくご優待券」を安く手に入れることができれば、キャッシュレス決済以上にお得になることがあります。

ベネフィットステーションを利用する

ベネフィットステーションは、ベネフィットワンという会社が提供している企業向けの福利厚生代行サービスです。企業向けですが、個人で利用することも可能です。

ジャックスカードの会員は、ベネフィットステーションとほぼ同等レベルの「J’sコンシェル」というベネフィットワンが提供するサービスに無料で入会ができます。

ジャックスカード・・・Reader's Card(リーダーズカード)

割引をいろいろ利用するのであれば、「みんなの優待」などでベネフィットステーションのサービスを利用する手もあります。

例えば、
◆デジタルクーポンコードでコード式すかいらーくご優待券(お食事券)500円⇒450円
◆デジタルクーポンコードでコード式すかいらーくご優待券(お食事券)2000円⇒1800円
◆デジタルクーポンコードでコード式すかいらーくご優待券(お食事券)5000円⇒4500円

ベネフィットステーションで「すかいらーくご優待券」を実質10%オフで手に入れることができます。

キャッシュレス決済のキャンペーン等を利用できない場合は、圧倒的にお得です。

グルーポン等に掲載されることがある

ベネフィットステーション以外でも、グルーポンなどのクーポンサイトに掲載されることがあります。

「すかいらーくご優待券」を実質5%オフ、10%オフで手に入れることができることがあります。

その他にも「株主優待券」等を安く手に入れたりすれば、キャッシュレス決済よりお得になるかもしれません。

まとめ

「ガスト」でiD(アイディー)は使えます。iphoneアイフォン・アップルペイ、グーグルペイのiD(アイディー)、メルペイiDも利用できます。

会計時には「Tポイントカード」提示を忘れず!「すかいらーくご優待券」も要チェック。

が、キャッシュレス決済がいろいろ利用できるので、キャンペーンによっては激得な場合もあります。キャンペーンはチェックしておかないと、そのとき何が一番お得かはわかりません。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする