ファミリーマートでd払いは使える?Tポイントと併用は?【2021年最新版】

ファミリーマートでの「d払い」は使える?使い方やTポイントとの併用を知りたい!

【2021年最新版】

【コンビニのQRコード決済 対応表】

ペイペイ楽天ペイd払いauペイラインペイメルペイ
セブン
ローソン
ファミマ
ミニストップ
デイリー
セイコーマート
ポプラ
NewDays××××××
東海キヨスク
アズナス××××××
アンスリー×

ファミリーマートと言えば、今やFamipay(ファミペイ)のイメージが強いのですが、「d払い」はどうでしょうか。

今回の記事では、コンビニ大手ファミリーマートでの「d払い」の使い方やTポイントとの併用等についてまとめました。

スポンサーリンク

 


ファミリーマート(ファミマ)で「d払い」は使える・使い方は?

結論から言うと、ファミリーマート(ファミマ)では「d払い」のコード払い(バーコード・QRコード決済)が利用可能です。

ファミリーマートではLINE Pay、d払い、楽天ペイ、メルペイ、au PAY、PayPayといった様々なQRコード決済が利用できるので、とても便利です。

ファミリーマートでは他のキャッシュレス決済も利用できる!お得なものを選択しよう

ファミリーマート(ファミマ)では、他のキャッシュレス決済方法もいろいろあります。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)○(使える)
楽天ペイ○(使える)
LINE Pay(ラインペイ)○(使える)
メルペイ○(使える)
d払い○(使える)
au PAY(auペイ)○(使える)
FamiPay(ファミペイ)○(使える)
J-Coin Pay○(使える)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)○(使える)
楽天Edy○(使える)
nanaco(ナナコ)×(使えない)
WAON(ワオン)○(使える)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)
iD※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)

※よく利用されると思われる決済方法だけピックアップしています。詳細は公式サイトで

かなりのクレジットカード・QRコード決済・電子マネーの利用が可能です。

◎ちなみにポイントでの支払いも可能(支払えないものもあり)
1Tポイント=1円
1dポイント=1円
1楽天ポイント=1円

ファミリーマートでのd払いの使い方

「d払い」のコード決済を使う場合の使い方は、d払いのバーコード・QRコード画面を提示して、レジで読み取ってもらいます。

レジへ
(レジを打っている間に準備)
→d払いアプリを立ち上げる
→店員さんに「d払い(でぃーばらい)で」と伝える
→レジでバーコード・QRコード画面を提示し読み取ってもらう
→支払い完了

ファミリーマート(ファミマ)で「d払い」で支払えないもの

「d払い」で何でも支払えるわけではありません。

<支払いできない商品・サービス>

公共料金等の各種代金お支払い
Famiポート取扱い商品・サービス (チケット※除く)
プリペイドカード類(POSAカード、QUOカード、テレホンカード等)
宅急便・宅急便コンパクト送料
切手・はがき・印紙類
ゴミ処理券等の金券類
一部の自治体指定ごみ袋
電子マネーチャージ
コピー、FAXの支払い

※支払いできるチケット
・「チケットを探して買う」からお申込みいただいたチケット
・「申込んだチケットのお支払い・お受け取り」からお申込みいただいたチケット <FamiPassは除く>
・「チケットよしもと」
・「映画前売券」
・「JTBチケット<高速バス・東京ディズニーリゾート・トラベル・レジャー等>」

税金・公共料金等収納代行の支払いはFamipay(ファミペイ)

ファミリーマート(ファミマ)なら、Famipay(ファミペイ)で税金・公共料金等収納代行の支払いが可能です。

ファミリーマート(ファミマ)で「d払い」を利用した時のポイント還元率

「d払い」で支払った時にもらえるdポイントは以下のようになっています。

リアル店舗での支払い:200円(税込)につき1ポイント(0.5%還元率)
ネットでの支払い:100円(税込)につき1ポイント(1%還元率)

ファミリーマート(ファミマ)の場合は0.5%還元率になります。

「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」もしくは「dポイントカード」を提示・併用

ファミリーマート(ファミマ)では、「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」もしくは「dポイントカード」を提示すると併用してポイントが貯まります。
(2019年11月26日~それまでのTポイントに加え、楽天スーパーポイントもしくはdポイントが貯められるようになります。)

「Tポイントカード」:200円(税込)ごとに1ポイント(0.5%還元率)
「楽天ポイントカード」:200円(税込)ごとに1ポイント(0.5%還元率)
「dポイントカード」:200円(税込)ごとに1ポイント(0.5%還元率)

「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」「dポイントカード」はいずれか一つのみになり、3つの併用はできません。

また、ファミリーマートのスマートフォンアプリ「ファミペイ」内で、「dポイント」「楽天スーパーポイント」「Tポイント」との連携が可能です。(2019年11月26日~)

ポイントカードを連携させておけば、併用も手間いらずです。

「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」「dポイントカード」いずれを併用するかは好みでよいでしょう。

「d払い」は現金と併用できない

「d払い」は残高が足りないからといって、現金と併用払いはできません。

他の電子マネー・クレジットカードとの併用はできません。

「d払い」なら「dカード」

「d払い」を利用するなら「dカード」は要チェックです。

dカード」の強みは、

・「d払い」のキャンペーン対象になることが多い!
・年会費無料で1%還元率
・ドコモユーザー以外も入会可能

通常のクレジットカード利用であれば1%還元率で年会費無料。貯まるポイントはdポイントなのでポイントの使い道に困ることはありません。

何よりも「d払い」キャンペーンに強い!

「d払い」キャンペーンは頻繁に実施されるので、キャンペーンに参加しやすいことを考えると、「dカード」は要チェックのクレジットカードです。

まとめ

ファミリーマート(ファミマ)で「d払い」は使えます。使い方はコード払いで、「d払い」にクレジットカードを紐付けておけば簡単に利用できます。

「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」「dポイントカード」の併用で+0.5%還元率です。

還元率的には、他のキャッシュレス決済と比較したほうが良いかもしれません。特にキャンペーンはチェックしておかないと、何が一番お得かわかりませんよ。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
今ならコレ!⇒簡単に2000円!VポイントアプリをDL&チャージするだけキャンペーン
その他にもいろいろ⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2021年2月】

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする