PayPay(ペイペイ)はセブンイレブンで使えるけど使い方やチャージ方法は?【2022年最新版】

セブンイレブンでQRコード決済・PayPay(ペイペイ)を使いたいけど、お得なの?使い方やチャージ方法についても知りたい!

【2022年最新版】

スポンサーリンク

セブンイレブンでQRコード決済・PayPay(ペイペイ)は支払いに使える

PayPay(ペイペイ)は便利でスピーディーなQRコード決済・。セブンイレブンでもお勧めです。

セブンイレブンではメルペイ、d払い、au PAY、LINE Pay、楽天ペイ等も使えます。

セブンイレブンでPayPay(ペイペイ)の使い方

PayPay(ペイペイ)の使い方は、PayPay(ペイペイ)のQR/バーコード画面を提示して、レジで読み取ってもらいます。

①レジへ
②「PayPayで」とお店の人に伝える(セミセルフレジの場合は「QRコード決済」を選択)
③PayPayのバーコードを見せる
④バーコードをお店の人に読み取ってもらう
⑤支払い完了

セブンイレブンアプリとPayPay(ペイペイ)は連携できる!

セブンイレブンには公式アプリがあります。

セブンイレブンアプリでバーコードを提示するとポイント(セブンマイル)が貯まります。

「セブンマイルプログラム」で200円(税抜)=1セブンマイル(1円相当)が貯まります。(0.5%還元率)

さらに、セブンイレブンアプリとPayPay(ペイペイ)が連携できるようになりました。


(画像:公式サイトより引用)

連携することによって、セブンイレブンの会員コードを読まなくても、セブンマイルとPayPayボーナスが両方がもらえるようになります。

実際に支払う時は、セブンイレブンアプリからPayPay支払いをします。

セブンイレブンでPayPay(ペイペイ)で支払えないもの

PayPay(ペイペイ)で何でも支払えるわけではありません。以下のものは支払えません。

・セブンネットショッピング以外のインターネットショッピング商品店頭受取り時の店頭払い
・インターネット代金収納(宅配商品のコンビニ前払い含む)
・公共料金等の収納代行
・マルチコピー機でのサービス
・切手・印紙・ハガキ・年賀ハガキ
・クオ・カード
・テレホンカード
・プリペイドカード
・プリペイド携帯カード
・ビール券・酒クーポン券
・映画券・前売券
・地区指定ゴミ袋・ゴミ処理券
・他金券等に準ずるもの
・nanacoカード発行手数料
・各種電子マネーへの現金チャージ

税金・公共料金等収納代行の支払いは不可(【nanaco】のみ)

セブンイレブンで税金や公共料金を払いたい場合は、【nanaco】か現金での支払いになります。

【nanaco】で公共料金・税金等の収納代行の支払いをしても、nanacoポイントは付きませんが、【nanaco】へのチャージでポイント付与されるクレジットカードからチャージすれば、その分お得になります。

セブンイレブンでPayPay(ペイペイ)は現金と併用できない

PayPay(ペイペイ)は残高が足りないからといって、現金と併用払いはできません。

他にもクレジットカード、nanaco、Suica等も併用できません。基本的に他の支払い方法とは併用できないと考えておいたほうがよいでしょう。

<併用できない支払い方法>
・nanaco
・交通系電子マネー
・楽天Edy
・QUICPay
・iD
・クレジットカード
・バーコード決済
・現金

PayPay(ペイペイ)へのチャージ方法

PayPay残高へのチャージ方法は以下になります。

・銀行口座
・PayPayカード・ヤフーカード:本人認証済
・ヤフオク!・PayPayフリマの売上金
・セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMから現金チャージ
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い

セブン銀行ATMでチャージ

セブンイレブンでは、セブン銀行ATMでチャージができます。

セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」選択
→開始用のQRコードを表示
→PayPay(ペイペイ)のアプリを立ち上げ
セブン銀行をタップ
→セブン銀行ATMの開始用のQRコードをスマホで読み取る
→PayPayアプリに番号が表示されるため、表示された番号をATMに入力
→チャージしたい金額をATMに入金後、金額を確定
→完了

チャージ金額:

 セブン銀行ATM
セブン銀行ATM最少1000円
最大50万円/1回

セブンイレブンでは他のキャッシュレス決済も利用できる!お得なものを選択しよう

セブンイレブンでは、他のキャッシュレス決済方法もいろいろあります。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)○(使える)
楽天ペイ○(使える)
LINE Pay(ラインペイ)○(使える)
メルペイ○(使える)
d払い○(使える)
au PAY(auペイ)○(使える)
J-Coin Pay○(使える)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)○(使える)
楽天Edy○(使える)
nanaco(ナナコ)○(使える)
WAON(ワオン)×(使えない)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)
iD※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)
ポイントカード(楽天ポイントdポイントPontaTポイント/独自)×/×/×/×/○

※○(使える)でも一部利用できない店舗がある場合があります。
※よく利用されると思われる決済方法だけピックアップしています。

詳細は公式サイトで

セブンイレブンの支払い方法はどれがお得か、キャンペーン等の情報は、以下の記事を参考にどうぞ。

ペイペイならPayPayカード

PayPay(ペイペイ)をよく利用するならPayPayカードは要チェックです。

PayPayカードの強みは、

・キャンペーン中でPayPay支払いで合計1.5%還元率~が可能
・PayPayに登録して支払ってもPayPayポイントがもらえる
・PayPay残高にチャージできる
・PayPayのキャンペーン対象になることが多い!

通常のクレジットカード利用であれば1%還元率で年会費無料。

何よりもPayPayキャンペーンに強い!

PayPayキャンペーンは超絶お得なものがいろいろ実施されるので、キャンペーンに参加しやすいことを考えると、PayPayカードは要チェックのクレジットカードです。

まとめ

セブンイレブンでPayPay(ペイペイ)は便利に使えます。使い方もチャージ方法も難しくはありません。

ただ、還元率的には厳しいものがあります。他にも魅力的なキャッシュレス決済があるので、特にキャンペーンでもない限り、一番お得とは言えません。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2022年9月】

【コンビニのQRコード決済 対応表】

ペイペイ楽天ペイd払いauペイラインペイメルペイ
セブン
ローソン
ファミマ
ミニストップ
デイリー
セイコーマート
ポプラ
NewDays××
東海キヨスク
アズナス××××××
アンスリー×
スポンサーリンク

シェアする

フォローする