「ファミリーマート」でFamiPay(ファミペイ)の使い方やチャージ方法は?【2020年11月最新版】

「ファミリーマート」でのFamiPay(ファミペイ)の使い方やチャージ方法について知りたい!

「ファミリーマート」と言えば、今やFamiPay(ファミペイ)のイメージが強いですね。

FamiPay(ファミペイ)はファミペイアプリをダウンロードすれば使えます。スマホで簡単に決済できて便利なキャッシュレス決済。

今回の記事では、コンビニ大手「ファミリーマート」でのFamiPay(ファミペイ)の使い方やチャージ方法等についてまとめました。

【2020年11月最新版】

スポンサーリンク

 


「ファミリーマート(ファミマ)」でFamiPay(ファミペイ)のQRコード決済は使える

「ファミリーマート」でのFamiPay(ファミペイ)は利用可能です。

FamiPay(ファミペイ)の使い方は、QR/バーコード画面を提示して、レジで読み取ってもらいます。

レジへ
(レジを打っている間に準備)
→FamiPay(ファミペイ)を立ち上げる
→(”FamiPayを使う”がONになっていない場合はON)
→(パスワード入力)
→店員さんに「ファミペイで」と伝える
→レジでQR/バーコード画面を提示し読み取ってもらう
→支払い完了

「ファミリーマート(ファミマ)」でFamiPay(ファミペイ)で支払えないもの

FamiPay(ファミペイ)で何でも支払えるわけではありません。

<支払いできない商品・サービス>

・一部の代行収納
・一部のFamiポート取扱い商品・サービス(各種代金のお支払い、寄付、Famiパス、貸付金の返済等)
・電子マネーチャージ
・コピー、FAX

税金・公共料金等収納代行の支払いはFamipay(ファミペイ)

「ファミリーマート(ファミマ)」なら、FamiPay(ファミペイ)で税金・公共料金等収納代行の支払いが可能です。

FamiPay(ファミペイ)の支払いはFamiPayファミペイ残高から

「ファミリーマート(ファミマ)」でFamiPay(ファミペイ)でQRコード決済で支払う場合、その元の支払い方法は1種類あります。

・FamiPayファミペイ残高から支払う方法

事前にチャージが必要です。

FamiPay(ファミペイ)へのチャージ方法

FamiPayファミペイ残高へのチャージ方法は以下になります。

・ファミリーマート店頭で現金チャージ
・ファミマTカード(クレジットカード)登録でチャージ
・オートチャージ
・銀行口座チャージ

※受け取ったFamiPayボーナスは、チャージなしに自動的にFamiPay決済に利用できるようになりました。

ファミリーマート店頭レジで現金チャージ

レジでチャージの旨を伝えて現金を支払います。

ファミペイアプリを立ち上げ
→「FamiPayを使う」をON
→暗証番号入力
→レジでチャージの旨伝える
→スマホ画面のバーコードを提示して読み取ってもらう
→レジ画面に表示されたチャージ額を選択
→チャージ金額を現金で支払う

レジでのチャージ:上限金額10万円

「ファミリーマート(ファミマ)」でFamiPay(ファミペイ)を利用した時の還元率

FamiPay(ファミペイ)は、支払い時に以下のファミペイボーナスが貯まります。

通常:200円(税込)で1円 →0.5%還元率
Famiポート・収納代行:1件につき10円

FamiPay残高へのチャージをファミマTカードから行った場合は、その分もFamipay(ファミペイ)が付与されるので、
①ファミマTカード→FamiPayへチャージ(0.5%還元率)
②FamiPay(ファミペイ)で支払い
この2点でポイントを稼ぐことができます。

「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」もしくは「dポイントカード」を提示・併用

「ファミリーマート(ファミマ)」では、「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」もしくは「dポイントカード」を提示すると併用してポイントが貯まります。
(2019年11月26日~それまでのTポイントに加え、楽天スーパーポイントもしくはdポイントが貯められるようになります。)

「Tポイントカード」:200円(税込)ごとに1ポイント(0.5%還元率)
「楽天ポイントカード」:200円(税込)ごとに1ポイント(0.5%還元率)
「dポイントカード」:200円(税込)ごとに1ポイント(0.5%還元率)

「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」「dポイントカード」はいずれか一つのみになり、3つの併用はできません。

また、ファミリーマートのスマートフォンアプリ「ファミペイ」内で、「dポイント」「楽天スーパーポイント」「Tポイント」との連携が可能です。(2019年11月26日~)

ポイントカードを連携させておけば、併用も手間いらずです。

「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」「dポイントカード」いずれを併用するかは好みでよいでしょう。

合計還元率は

「ファミリーマート(ファミマ)」でFamiPay(ファミペイ)を使って支払った時の還元率は、おおよそ合計1~1.5%になります。

<FamiPay残高>

FamiPay(ファミペイ):
※通常の支払い
0.5%
「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」「dポイントカード」:200円(税込)=1ポイント(0.5%)
合計:1%

<PayPay残高(ファミマTカードからチャージした場合)>

ファミマTカードからチャージ:0.5%
FamiPay(ファミペイ):
※通常の支払い
0.5%
「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」「dポイントカード」:200円(税込)=1ポイント(0.5%)
合計:1.5%

「FamiPay(ファミペイ)」と現金の併用

FamiPay(ファミペイ)の残高不足の場合のみ、現金やTポイントと併用できますが、他の電子マネー・クレジットカードと併用して支払いはできません。

「ファミリーマート(ファミマ)」では他のキャッシュレス決済も利用できる!お得なものを選択しよう

「ファミリーマート(ファミマ)」では、他のキャッシュレス決済方法もいろいろあります。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)○(使える)
楽天ペイ○(使える)
LINE Pay(ラインペイ)○(使える)
メルペイ○(使える)
d払い○(使える)
au PAY(auペイ)○(使える)
FamiPay(ファミペイ)○(使える)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)○(使える)
楽天Edy○(使える)
nanaco(ナナコ)×(使えない)
WAON(ワオン)○(使える)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)
iD※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)

※よく利用されると思われる決済方法だけピックアップしています。詳細は公式サイトで

かなりのクレジットカード・QRコード決済・電子マネーの利用が可能です。

◎ちなみにポイントでの支払いも可能(支払えないものもあり)
1Tポイント=1円
1dポイント=1円
1楽天ポイント=1円

「ファミリーマート(ファミマ)」の支払い方法はどれがお得かは、以下の記事を参考にどうぞ。

まとめ

「ファミリーマート(ファミマ)」でFamiPay(ファミペイ)は使えます。

FamiPay(ファミペイ)のメリットは、税金・公共料金等を支払えることです。特にファミマTカードからファミペイ残高にチャージした場合は、0.5%分のFamiPayボーナスがもらえるので、税金・公共料金等でもお得になります。

「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」「dポイントカード」の併用で+0.5%還元率です。(税金・公共料金等支払い対象外)

ただ基本的な還元率については、あまりよくありません。他のキャッシュレス決済と比較したほうが良いです。特にキャンペーンはチェックしておかないと、何が一番お得かわかりません。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする