【2020年8月最新版】「バーガーキング」で電子マネー「iD(アイディー)」は支払い・決済に使えるかどうか?

「バーガーキング」で電子マネー「iD(アイディー)」は支払いに使えるのかどうか知りたい!

「バーガーキング」のお得な決済方法には何があるのでしょうか。キャッシュレス決済が進行中だと言われていますが、どうなのでしょうか。

電子マネー「iD(アイディー)」はどうでしょうか。

iD(アイディー)は誰でもかんたんに使える便利なポストペイ(後払い)式の電子マネー。

今回の記事では「バーガーキング」でiD(アイディー)が利用できるか等についてまとめました。

【2020年8月最新版】

スポンサーリンク

「バーガーキング」でiD(アイディー)は使える店舗あり

結論から言うと、「バーガーキング」でiD(アイディー)は、使える店舗と使えない店舗があると思われます。

公式サイトによると、バーガーキングのキャッシュレス対応は店舗によって異なるようです。

バーガーキングのiD対応はまちまちですが、バーガーキングでお得に利用するための方法があります。

「バーガーキング公式アプリ」でクーポンゲットが鉄則!

「バーガーキング」を利用する場合、スマホ向けの「バーガーキング公式アプリ」を利用してお得なクーポンをゲットするのが鉄則です。

バーガキングの常連さんたちにとって、クーポンチェックは当たり前のことです。

アプリから注文(モバイルオーダー)もできるので、お店に行ってから並ぶようなこともなくなります。

バーガーキングに行く前に、まずはアプリをダウンロードして設定しておきましょう。

バーガーキング Burger King

バーガーキング Burger King
開発元:Burger King Japan
無料
posted withアプリーチ

バーガーキング」では他のキャッシュレス決済が利用できる可能性あり!

「バーガーキング」では他のキャッシュレス決済方法が選べる場合もあります。

「バーガーキング」の支払い方法・キャッシュレス状況は次のようになっています。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード△(一部で不可)
PayPay(ペイペイ)△(一部で可)
楽天ペイ×(使えない)
LINE Pay(ラインペイ)×(使えない)
メルペイ(コード決済)×(使えない)
d払い×(使えない)
au PAY(auペイ)×(使えない)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)△(一部で可)
電子マネー・楽天Edy△(一部で可)
電子マネー・nanaco(ナナコ)△(一部で可)
電子マネー・WAON(ワオン)△(一部で可)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む△(一部で可)
iD※Apple Pay・Google Pay含む△(一部で可)

店舗によって差があるため、一概に使える・使えないの判断ができないのが難しいところです。

公式サイトの店舗検索で調べたときに「クレジット・電子マネー」というアイコンが付いているお店は少なくとも現金オンリーではないようです。

⇒バーガーキング 店舗検索(公式)

2019年後半にはJCBとQUICPayが使えなくなった模様。公式発表が無いため、全店舗なのかどうかはわかりません。

モール内の店舗はクレジットカード・電子マネーに対応している傾向があります。

クレジットカードや電子マネーでお得な方法は?

クレジットカードや電子マネーが使える店舗であれば、おすすめできるお得な方法がいくつかあります。

BICカメラSuicaカードでチャージしたモバイルSuicaで決済

BICカメラSuicaカードでチャージしたモバイルSuicaで支払う、というものがあります。

BICカメラSuicaカードはSuicaユーザー御用達のクレジットカード。Suicaへのチャージで1000円につき15ポイントのJREポイントが付与されます。

Suicaチャージ1000円につき15ポイント(1.5%)
クーポンクーポンの割引率による
合計:1.5%+クーポン

リクルートカードでチャージした電子マネーで決済⇒2.7%還元

さらなる高還元率を狙うなら、電子マネーへのチャージで1.2%のポイントが付くリクルートカードを導入しましょう。

さまざまな電子マネーへのチャージでクレジットポイントが付くリクルートカード。普段使い慣れている電子マネーで決済ができる方がいいという人は多いはず。

リクルートカードならモバイルSuica、楽天Edy、SMART ICOCAへのチャージがポイント付与の対象となります。

ただし、ポイント加算の対象となるのは利用金額の合算で月間30,000円まで。しかもそれぞれの電子マネーの合計金額ではなく、すべての電子マネーの合算金額なので注意が必要です。

楽天Edyのポイント0.5%
チャージによるポイント1.2%(30,000円相当まで)
クーポンクーポンの割引率による
合計:1.7%+クーポン

まとめ

キャッシュレス決済の手段が限られているバーガーキング。

ヘビーユーザーでもライトユーザーでも、公式アプリのクーポンを利用するのは必須です。

自分の行きつけの店舗がキャッシュレス対応していればラッキー。還元率が高めのクレジットカードや、普段使っている電子マネーを選んで上手に利用するのが得策ということになります。

いずれにしても、少しでもお得な方法を選択したほうがいいですよね。

なお、公式発表が無くても電子マネーに対応している場合があります。電子マネーの公式サイトでは店舗名で検索できますから、事前に確認してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする