【2022年12月】バーガーキングの支払いでお得なキャッシュレスは?キャンペーンは外せない!

名物「ワッパー」のおいしさにヤミツキになる人が続出のバーガーキング。

「バーガーキング」でお得なキャッシュレス決済ですが、店舗によって利用できる支払い方法が異なるので、一概にコレ!とは言えません。

が、キャンペーンを上手に利用すればお得になることもあります!どんなキャンペーンが開催されているか確認しておかないと、実は損かも知れませんよ。

※主なキャンペーンについて記載しています。全て網羅できているわけではありませんのでご了承ください。

キャンペーン内容は変わっている可能性もありますのでご注意ください。利用時には再度ご自身でのご確認をお願いします。

スポンサーリンク

「バーガーキング」のスマホ決済/QRコード決済・電子マネー対応状況とお得なキャッシュレス

「バーガーキング」の支払い方法・キャッシュレス状況は次のようになっています。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード△(店舗により可)
PayPay(ペイペイ)△(店舗により可)
楽天ペイ△(店舗により可)
LINE Pay(ラインペイ)△(店舗により可)
メルペイ(コード決済)△(店舗により可)
d払い△(店舗により可)
au PAY(auペイ)△(店舗により可)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)△(店舗により可)
電子マネー・楽天Edy△(店舗により可)
電子マネー・nanaco(ナナコ)△(店舗により可)
電子マネー・WAON(ワオン)△(店舗により可)
QUICPay(QUICPay+)△(店舗により可)
iD(アイディー)△(店舗により可)
ポイントカード(楽天ポイントdポイントPontaTポイント/独自)×/×/×/×/○

バーガーキングでは、店舗によってクレジットカードのほか、電子マネーでSuica・PASMO・イコカ等交通系電子マネー・楽天Edy・nanaco・WAON・QUICPay(クイックペイ)・iD(アイディー)が利用できそうです。

スマホ決済/QRコード決済ではPayPay(ペイペイ)・メルペイならiD(アイディー)が使えるのでメルペイiD決済を使える店舗があるようです。

店舗によって差があるため、一概に使える・使えないの判断ができないのが難しいところです。

公式サイトの店舗検索で調べたときに「クレジット・電子マネー」というアイコンが付いているお店は少なくとも現金オンリーではないようです。

⇒バーガーキング 店舗検索(公式)

モール内の店舗はクレジットカード・電子マネーに対応している傾向があります。

この中でお得なキャッシュレス決済を考えると比較的使えそうなものは、

・Suica:1.5%可能なクレジットカードチャージ分
・楽天Edy:0.5% +リクルートカードチャージ分(1.2%)

上記の方法におすすめのクレジットカードは以下です。

バーガーキングでお得なクレジットカード

店舗によって差がありますが、使えるならお得になります。

クレジットカード×Suicaで1.5%

ビックカメラSuicaカード等のビューカードからチャージ、あるいはエポスゴールドカード(選べるポイントアップショップ)からチャージしたSuicaで支払うとお得です。

auペイ・Suicaが登場したことにより、au PAYゴールドカード×au PAY・Suicaで1.5%還元率が可能です。

①「ビックカメラSuicaカード」「エポスゴールドカード」「au PAYゴールドカード」→Suica/au PAY・Suicaへチャージ:1.5%
②Suicaで支払い:ポイントなし
合計で1.5%還元率が可能です。

リクルートカード×楽天Edyで1.7%

リクルートカードからチャージでポイント付与(付与月額合計3万円まで)があるので、楽天Edyを利用してポイント二重取りが可能です。

 クレカEdy合計
リクルートカード1.2%0.5%1.7%

【2022年12月】キャッシュレス決済(スマホ決済/QRコード決済)・ポイント等の主なおすすめキャンペーン

2月のバーガーキングで利用できるキャッシュレス決済関連等(間接的なものも含む)でおすすめキャンペーンは、
◆PayPayジャンボ
◆au PAY(エーユーペイ)でたぬきの抽選会(毎月5日/8日/15日/25日)
◆楽天カード/楽天キャッシュ×楽天ペイで最大20%還元
◆楽天ポイントカード×楽天ペイor楽天Edyで抽選最大1000%還元
◆楽天ポイント×楽天ペイ/楽天カード/Edyで抽選最大50%還元
◆9のつく日はQUICPayで抽選全額CB
◆新規登録等を上手に利用すればお得になるものがあります。
******
支払い方法ではありませんが・・・
◆2コ得(12/2~12/15各日10:30~
LINEクーポンや独自アプリにお得な割引クーポンが掲載されていることがあります。こちらもチェックですね。

5000万人突破記念・超PayPay祭!ペイペイジャンボ等

キャンペーン期間 2022年10月17日9:00~2022年12月28日

5000万人突破記念・超PayPay祭でペイペイジャンボ等実施です。

au PAY(エーユーペイ)でたぬきの抽選会キャンペーン(毎月5日/8日/15日/25日)最大3000ポイントあたる!

キャンペーン期間 毎月5のつく日と8日

au PAY(コード支払い)200円(税込)以上の決済で、Pontaポイントが必ず当たります。

楽天カード/楽天キャッシュ×楽天ペイで最大20%還元キャンペーン

キャンペーン期間 2022年12月1日 10:00~2022年12月29日9:59

楽天カード/楽天キャッシュ×楽天ペイで、初めてなら全員、すでに使ったことがある人は抽選で10000名が最大20%還元になるキャンペーンです。

楽天ポイントカード×楽天ペイor楽天Edyで抽選最大1000%還元キャンペーン

キャンペーン期間 
【11月】2022年11月1日~2022年12月1日9:59
【12月】2022年12月1日10:00~2022年12月31日

楽天ポイントカード提示で1ポイント以上獲得&楽天ペイor楽天Edyで支払いで、抽選最大1000%還元キャンペーンです。
※楽天ポイントカードの提示と楽天ペイ、楽天Edyでの支払いは、それぞれ別の店舗でも抽選の対象

楽天ポイント×楽天ペイ/楽天カード/Edyで抽選最大50%還元キャンペーン

キャンペーン期間 毎月開催

キャンペーンにエントリーのうえ、キャンペーン期間中に『楽天ポイントカードを提示しての会計』、『楽天のお支払いサービス(楽天カード・楽天ペイアプリ・楽天Edy)のいずれか1つ以上で支払い』をした人の中から抽選で最大50%分を楽天ポイントで進呈してもらえます。

QUICPay(クイックペイ)×9のつく日は抽選全額キャッシュバックキャンペーン

キャンペーン期間 2022年4月~12月の9の付く日

キャンペーン期間中、9の付く日にQUICPay(クイックペイ)を利用すると、抽選で対象日のクイックペイ利用分を全額キャッシュバックしてもらえます。
※対象外クレジットカードあり

「d払い」はじめてなら+50%還元キャンペーンで上限1000円分

キャンペーン期間 2022年4月1日~(※終了日は2か月前に告知)

キャンペーン期間中にキャンペーンにエントリーし、条件を達成した人に、基本還元率に加えて、期間中の支払い総額の+50%のdポイント(期間・用途限定)を進呈してもらえます。

メルカリ新規登録&dポイント連携で1000円相当もらえるキャンペーン

キャンペーン期間 2022年12月1日~

メルカリ・メルペイ新規登録&dポイント連携で1000円分ポイントをもらえるキャンペーンです。

「メルカリ・メルペイ」新規会員登録キャンペーンで500ポイント

※上記キャンペーンのほうがお得です。

メルカリのアプリをダウンロードすれば、メルペイが利用できます。

なお、メルペイでは新規に会員登録をするときに招待コードを入力するだけで500円分のポイントがもらえるキャンペーンがずっと行われています。

本サイトから提供する招待コードは下記になります。

APWAFM

上のコードを入力して新規登録をすれば500ポイントゲットです。

メルカリの公式サイトはこちら

メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済

メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ

2コ得

キャンペーン期間 2022年12月2日~12月15日(10:30以降の販売・対象外店舗あり)

『スモーキーテリヤキバーガー』『ワッパーチーズJr.』『スモーキーBBQワッパーJr.』の対象3商品から、自由に選べるお好きなバーガー単品2個を500円、フレンチフライ(M)とドリンク(M)が付いたセットを800円で提供する「2コ得(ニコトク)」キャンペーンです。

⇒公式サイト

上記以外にもいろいろキャンペーンは開催されています。下記の記事をご参考にどうぞ。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2022年12月】

まとめ

キャッシュレス決済の手段が店舗によって限られているバーガーキング。

ヘビーユーザーでもライトユーザーでも、公式アプリのクーポンを利用するのは必須です。

自分の行きつけの店舗がキャッシュレス対応していればラッキー。還元率が高めのクレジットカードや、普段使っている電子マネーを選んで上手に利用するのが得策ということになります。

いずれにしても、少しでもお得な方法を選択したほうがいいですよね。

なお、公式発表が無くても電子マネーに対応している場合があります。電子マネーの公式サイトでは店舗名で検索できますから、事前に確認してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする