「PayPay(ペイペイ)」メリット・デメリットを考察・還元率的にお得?

「PayPay(ペイペイ)」を使う理由・メリットは何?デメリットや還元率的にお得かどうかも知りたい!

当初の100億円還元など大規模キャンペーンやキャッシュレス消費者還元事業の効果もあって、今や一番知られているスマホ決済/QRコード決済といっても言える「PayPay(ペイペイ)」。

今回の記事では、「PayPay(ペイペイ)」のメリット・デメリット、還元率を見た場合お得なのか等について解説しています。

スポンサーリンク

「PayPay(ペイペイ)」のメリット・デメリット

「PayPay(ペイペイ)」のメリット・デメリットを簡単にまとめると、

「PayPay(ペイペイ)」のメリット
・使えるお店が多い
・ポイント付与がある(0.5%~)
・キャンペーンが豊富
「PayPay(ペイペイ)」のデメリット
・ポイント二重取りができない
・PayPayステップ(ペイペイステップ)のハードルが高い
・クレジットカード払いで使えるのはVISA/Mastercardブランドのみ(ヤフーカード以外)

まずはこんな感じではないでしょうか。

「PayPay(ペイペイ)」のメリット

「PayPay(ペイペイ)」のメリットについて確認していきます。

「PayPay(ペイペイ)」は使えるお店が多い

「PayPay(ペイペイ)」はとにかく使える店舗が増えています。他のスマホ決済/QRコード決済に比べて圧倒的に使えます。

例えば、ダイソー(Daiso)。ほとんどの店舗で他のQRコード決済が利用できなくても「PayPay(ペイペイ)」は使えます。小銭不要で便利になりました。

街中の美容院でも「PayPay(ペイペイ)」だけは導入されているとか。

使える店舗が多いということはメリットです。

ポイント付与がある<PayPayステップ>(0.5%~)

「PayPay(ペイペイ)」の基本還元率は2021年7月~、以下になっています。

<PayPayステップ(ペイペイステップ)>


(画像:公式サイトより引用)

★PayPay残高、PayPayあと払い(一括のみ)またはヤフーカードで支払った場合の、基本となる付与率が0.5%(ヤフージャパンの対象サービスは1%)
いろんなお店で・・・最大1.5%還元率
*他の特典との組み合わせで
PayPayモール・ヤフーショッピングで10%以上の還元率も!

「PayPay(ペイペイ)」の場合、「ヤフーカード」とそれ以外のクレジットカードの場合で、還元率が変わってきます。クレジットカードを利用しない場合は、PayPay残高から支払いするとPayPayボーナスがもらえます。

PayPay残高・PayPayあと払い(一括のみ)またはヤフーカードからの支払い: 0.5%還元率~
<PayPayステップ次第で最大1.5%還元率可能(または2%)>

ポイント付与がないQRコード決済もあるので、0.5%~でもポイント付与があるのは嬉しいですね。

キャンペーンが豊富

当初の100億円あげちゃうキャンペーンほど現在は大きなキャンペーンはありませんが、それでもキャンペーンはいろいろ開催されています。

キャンペーンを利用すると、ガツンとお得になることがあるので、キャンペーンは見逃せません。

(公式サイト)PayPay(ペイペイ)キャンペーン

「PayPay(ペイペイ)」のデメリット

「PayPay(ペイペイ)」のデメリットについて確認していきます。

ポイント二重取りができない

PayPay(ペイペイ)で支払う方法は以下の2つからになります。

①PayPay残高から支払う方法
②登録したクレジットカードから支払う方法

①PayPay残高から支払う方法はチャージが必要で、チャージの方法は以下になります。

・銀行口座
・Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード):本人認証後
・ヤフオク!の売上金
・セブン銀行ATMから現金チャージ
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い

一方、PayPay(ペイペイ)の支払いでポイント付与があるのは以下。

PayPay残高・PayPayあと払い(一括のみ)0.5%還元率~ 
Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード)
その他のクレジットカード特典なし

ポイント二重取りが可能だとすると、
・クレジットカードからチャージ × PayPay支払い
・クレジットカード紐付け × PayPay支払い
のパターンになります。

残念ながら、その他のクレジットカードの場合、PayPay支払いでポイント付与はありません。

さらに「ヤフーカード」の「PayPay決済」「PayPay残高チャージ」時のクレジットポイント進呈はありません。

つまり、「PayPay(ペイペイ)」の場合ポイント二重取りができません。その部分は他のQRコード決済と違って残念な点です。

PayPayステップ(ペイペイステップ)のハードルが高い

「PayPay(ペイペイ)」は、PayPay残高、PayPayあと払い(一括のみ)またはヤフーカードからの支払い時にポイント付与があります。

「PayPay(ペイペイ)」の基本還元率は2021年7月~、以下になっています。

<PayPayステップ(ペイペイステップ)>


(画像:公式サイトより引用)

★PayPay残高、PayPayあと払い(一括のみ)またはヤフーカードで支払った場合の、基本となる付与率が0.5%(ヤフージャパンの対象サービスは1%)
いろんなお店で・・・最大1.5%還元率
*他の特典との組み合わせで
PayPayモール・ヤフーショッピングで10%以上の還元率も!

利用頻度・金額によって、還元率がアップするようになっていますが、
・300円以上の決済回数30回以上かつ5万円以上達成
・PayPayステップ全ての条件達成
と、かなりハードルの高い条件になっています。

いずれもよほどのヘビーユーザーでない限り還元率をアップし続けることは難しそうな条件になっているところはデメリットの1つです。

クレジットカード払いで使えるのはVISA/Mastercardブランドのみ(ヤフーカード以外)

PayPayボーナスは諦めて、クレジットカード支払いでいいや!と思っても、登録できるクレジットカードが限られています。

「PayPay(ペイペイ)」の支払い方法・クレジットカードは以下のようになっています。

<PayPayの支払い方法>
①PayPay残高から支払う
②登録したクレジットカードで支払う
さらに、
①のPayPay残高へチャージできるクレジットカードは、本人認証サービス(3Dセキュア)済のヤフーカードだけ
②に登録できるクレジットカード:VISA・Mastercard、JCBはヤフーカードのみ

②の登録できるクレジットカードを表にすると以下になります。

 PayPay(ペイペイ)登録可否
JCBヤフーカードのみ
VISA
Mastercard(マスターカード)
AMEX(アメックス)×

つまり、「ヤフーカード」以外のクレジットカードは、VISA/Mastercardブランドのみが可能です。

JCBブランドやアメックスブランドが利用できない点は残念です。

「PayPay(ペイペイ)」は他のQRコード決済より還元率でお得?

「PayPay(ペイペイ)」の還元率をざっくりまとめると以下になります。

<PayPay(ペイペイ)>・・・<ヤフージャパンの対象サービス以外>
PayPay残高、PayPayあと払い(一括のみ)または「ヤフーカード」: 0.5~1.5%(PayPayステップ次第)
その他クレジットカード支払い: クレジットカードの還元率

PayPayステップのハードルが高いので、還元率として他のQRコード決済よりもずば抜けてお得ということはありません。

他のQRコード決済との比較は下記の記事で詳しくまとめています。

まとめ

「PayPay(ペイペイ)」のメリット・デメリットを確認すると、還元率的にも残念な印象の「PayPay(ペイペイ)」ですが、

・使えるお店が多い
・ポイント付与がある(0.5%~)
・キャンペーンが豊富

特に「使えるお店が多い」というメリットは大きいです。

小銭を持ち歩きたくない・受け渡しをしたくない場合、それだけでも「PayPay(ペイペイ)」を使う理由はあります。

何かと使いがちなダイソー(Daiso)で利用できるので、結局「PayPay(ペイペイ)」は手放せません。

「PayPay(ペイペイ)」含めスマホ決済/QRコード決済は、自分の状況に合わせて上手に利用しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする