※この記事にはプロモーションが含まれています。[PR]

「PayPay(ペイペイ)」メリット・デメリットを考察・還元率的にお得?

「PayPay(ペイペイ)」を使う理由・メリットは何?デメリットや還元率的にお得かどうかも知りたい!

今やスマホ決済/QRコード決済の代表格「PayPay(ペイペイ)」。

今回の記事では、「PayPay(ペイペイ)」のメリット・デメリット、還元率を見た場合お得なのか等について解説しています。

スポンサーリンク

「PayPay(ペイペイ)」のメリット・デメリット

「PayPay(ペイペイ)」のメリット・デメリットを簡単にまとめると、

「PayPay(ペイペイ)」のメリット
・使えるお店が多い
・ポイント付与がある(0.5%~)
・PayPayカードゴールドを持っていれば最大2%還元率も可能
・キャンペーンが豊富
「PayPay(ペイペイ)」のデメリット
・ポイント二重取りができない
・PayPayステップ(ペイペイステップ)のハードルが高い
・クレジットカード払いで使えるのはVISA/Mastercardブランドのみ(PayPayカード(旧ヤフーカード含む)・PayPayカード ゴールド以外)

まずはこんな感じではないでしょうか。

「PayPay(ペイペイ)」のメリット

「PayPay(ペイペイ)」のメリットについて確認していきます。

「PayPay(ペイペイ)」は使えるお店が多い

「PayPay(ペイペイ)」はとにかく使える店舗が増えています。他のスマホ決済/QRコード決済に比べて圧倒的に使えます。

他のQRコード決済が利用できなくても「PayPay(ペイペイ)」だけは使えるという店舗はかなりになります。

街中の美容院でも「PayPay(ペイペイ)」だけは導入されているとか。

使える店舗が多いということはメリットです。

ポイント付与がある<PayPayステップ>(0.5%~)・PayPayカードゴールドがお得!

「PayPay(ペイペイ)」の基本還元率は現在以下になっています。

<PayPayステップ(ペイペイステップ)>


(画像:公式サイトより引用)

★達成条件クリアで最大2%還元率!

※クレジット(旧あと払い)利用設定済みのPayPayカード、PayPayカード ゴールドの利用に対してPayPayステップを適用(PayPayアプリを介してのPayPayカードによる支払いは対象外)

 


(画像:公式サイトより引用)

※クレジット(旧あと払い)利用設定済みのPayPayカード、PayPayカード ゴールドの支払いを条件1、条件2にカウント

 

「PayPay(ペイペイ)」の場合、「PayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)・PayPayカード ゴールド」とそれ以外のクレジットカードの場合で、還元率が変わってきます。

クレジットカードを利用しない場合は、PayPay残高から支払いするとPayPayポイントがもらえます。

ポイント付与がないQRコード決済もあるので、0.5%~でもポイント付与があるのは嬉しいですね。

キャンペーンが豊富

当初の100億円あげちゃうキャンペーンほど現在は大きなキャンペーンはありませんが、それでもキャンペーンはいろいろ開催されています。

キャンペーンを利用すると、ガツンとお得になることがあるので、キャンペーンは見逃せません。

(公式サイト)PayPay(ペイペイ)キャンペーン

「PayPay(ペイペイ)」のデメリット

「PayPay(ペイペイ)」のデメリットについて確認していきます。

ポイント二重取りができない

PayPay(ペイペイ)で支払う方法は以下の2つからになります。

A:チャージしたPayPay残高から支払う
B:登録したクレジット(旧あと払い)またはクレジットカードから支払う

PayPay残高へチャージする方法は以下になります。

・銀行口座 →方法
・クレジット(旧あと払い) →方法
・セブン銀行ATM/ローソン銀行ATMから現金チャージ →方法
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・Yahoo!フリマ・Yahoo!オークションの売上金
・本人認証サービス(3Dセキュア)に登録済みのPayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)

一方、PayPay(ペイペイ)の支払いでポイント付与があるのは以下。


(画像:公式サイトより引用)

残念ながら、その他のクレジットカードの場合、PayPay支払いでポイント付与はありません。ポイント二重取りはできません。

基本的に「PayPay(ペイペイ)」の場合ポイント二重取りができませんが、PayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)・PayPayカード ゴールドなら、還元率的に有利です。

クレジットカード払いで使えるのはVISA/Mastercardブランドのみ(PayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)以外)

PayPayポイントは諦めて、クレジットカード支払いでいいや!と思っても、登録できるクレジットカードが限られています。

「PayPay(ペイペイ)」の支払い方法・クレジットカードは以下のようになっています。

<PayPayの支払い方法>
A:チャージしたPayPay残高から支払う
B:登録したクレジット(旧あと払い)またはクレジットカードから支払う
さらに、
AのPayPay残高へチャージできるクレジットカードは、本人認証サービス(3Dセキュア)済のPayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)
Bに利用できるクレジットカードは本人名義のVISA・Mastercard、JCBはPayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)

Bの登録できるクレジットカードを表にすると以下になります。

 PayPay(ペイペイ)登録可否
JCBPayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)のみ
VISA
Mastercard(マスターカード)
AMEX(アメックス)×

つまり、「PayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)」以外のクレジットカードは、VISA/Mastercardブランドのみが可能です。

JCBブランドやアメックスブランドが利用できない点は残念です。

「PayPay(ペイペイ)」は他のQRコード決済より還元率でお得?

「PayPay(ペイペイ)」の還元率をざっくりまとめると以下になります。

<PayPay(ペイペイ)>・・・<ヤフージャパンの対象サービス以外>
PayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)・PayPayカード ゴールド: PayPayステップ次第で最大2%還元率可能
その他クレジットカード支払い: クレジットカードの還元率

PayPayカード ゴールドを持っていれば最大2%還元率も可能なので、ヘビーユーザーならPayPayはお得なQRコード決済です。

他のQRコード決済との比較は下記の記事で詳しくまとめています。

まとめ

「PayPay(ペイペイ)」のメリット・デメリットを確認すると、還元率的にも残念な印象の「PayPay(ペイペイ)」ですが、

・使えるお店が多い
・ポイント付与がある(0.5%~)
・PayPayカードゴールドを持っていれば最大2%還元率も可能
・キャンペーンが豊富

特に「使えるお店が多い」というメリットは大きいです。

小銭を持ち歩きたくない・受け渡しをしたくない場合、それだけでも「PayPay(ペイペイ)」を使う理由はあります。

「PayPay(ペイペイ)」含めスマホ決済/QRコード決済は、自分の状況に合わせて上手に利用しましょう。

※この記事にはプロモーションが含まれています。[PR]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする