一目でわかる「エネオス」のスマホ決済・キャッシュレス対応状況【2020年9月最新版】

「エネオス」でガソリンを入れたいんだけど、支払い方法は何にすればいいのかな。お得なスマホ決済・キャッシュレス決済はある?

QRコード決済・電子マネー・クレカなどいろいろな支払い方法があっても、どれか1つしか選べません!どうせなら一番お得な支払い方法を選びたいものですね。

「エネオス」で利用できるキャッシュレス決済・スマホ決済・電子マネーなどの情報をまとめました。

【2020年9月最新版】

スポンサーリンク

 


「エネオス」のキャッシュレス決済対応一覧

「エネオス」のキャッシュレス対応状況は下表のようになっています。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)△(一部で使える)
楽天ペイ△(一部で使える)
LINE Pay(ラインペイ)△(一部で使える)
メルペイ(コード決済)×(使えない)
d払い×(使えない)
au PAY(auペイ)×(使えない)
交通系電子マネー(Suica・PASMO・ICOCA等)○(使えない店舗あり)
電子マネー・楽天Edy○(使えない店舗あり)
電子マネー・nanaco(ナナコ)○(使えない店舗あり)
電子マネー・WAON(ワオン)×(使えない)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む○(使えない店舗あり)
iD※Apple Pay・Google Pay含む○(使えない店舗あり)

詳細は次の通りです。

クレジットカードVISA、Mastercard、AmericanExpress、Diners、JCBが使えます。
QRコード決済(スマホ決済)ごく一部の店舗ではPayPay、LINE Pay、楽天ペイなどに対応しています。
電子マネー店舗によっては交通系電子マネー(Suica・PASMO・Kitaca・tolca・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん),nanaco,楽天Edy,iD,QUICPayが使えます。
ポイントTポイントを貯めることができます。(提携カードでの支払い時以外)
タッチ決済(コンタクトレス)使えません。

「エネオス」でおすすめの決済方法は?

「エネオス」でおすすめの決済方法は、クレジットカードもしくはクレジットチャージで還元率の高い電子マネー&Tポイントカード提示になります。

どれを選択するかは持っているクレジットカードと貯めたいポイントとの兼ね合いでしょう。

「ENEOSカードP」なら還元率3%・「ENEOSカードS」なら2円/L引き

ENEOSで給油すると1,000円ごとに30ポイント付与。脅威の還元率3%が自慢の「ENEOSカードP」。年会費が1,250円かかりますが、エネオスでガソリンを入れることの多い人は必携です。

ENEOSカードS」はいつでもガソリン・軽油が2円/L引き、灯油が1円/L引きになります。年会費は初年度無料、2年目以降も年1回以上のカード利用で無料です。

(※ENEOSカードはTポイントカードとの併用はできません。)

ただし、ENEOS以外で還元率は0.6%と低めです。

どこでも万能な「楽天カード」で2%

買い物全般に幅広く使えて、しかも付加価値が高い人気ブランドの「楽天カード」。

エネオスは楽天カード優待店舗サービスの加盟店に指定されているので、100円あたり2ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。(※Tポイントカードとの併用はできません。)

基本還元率は1%ですが、楽天市場利用時の還元率は3.0%以上が当たり前。かなりお得なカードです。

「エネオス」はJALカード特約店で2%マイル還元率可能

「JALカード」は、通常0.5%JALマイル還元率ですが、年会費3000円(税抜)のショッピングマイルプレミアムに加入するとJALマイル還元率が1%にアップします。

また、JALカード特約店ではマイルがアップするので、エネオスなどの特約店の場合は、カード100円利用で2マイル、最大2%のJALマイル還元率が可能です。(※Tポイントカードとの併用はできません。)

JALマイラーなら、こちらもおすすめです。

「エネオス」はANAカードマイルプラス加盟店で+1%マイル可能

「エネオス」はANAカードマイルプラス加盟店のため、ANAカードで決済すると、通常のポイントにプラスして、100円=1 ANAマイルが貯まります。(※Tポイントカードとの併用はできません。)

⇒ANAカードマイルプラス加盟店(公式)

「エネオス」はdカード特約店で1.5%

「エネオス」はdカード特約店のため、dカードdカードGOLD、DCMX、DCMX GOLDのMastercard/Visa/iDでの支払いで、通常のポイントに加え、200円=1ポイントのポイントが付与され、合計1.5%の還元率になります。(※Tポイントカードとの併用はできません。)

⇒dカード(公式)

※一部対象外店舗あり

「エポスゴールドカード」も要チェック・1.5%

特典豊富で人気の高い「エポスゴールドカード」の場合は、“選べるポイントアップショップ”の1つにエネオスを選べぶことができ、ポイントが3倍もらえます。

ビューカードでもポイント2倍

Suicaチャージで1.5%還元率の「ビックカメラSuicaカード」「JRE CARD」等のビューカードでもエネオスSSでポイント2倍です。(※Tポイントカードとの併用はできません。)

クレジットカード×電子マネー(Suica/楽天Edy)で1.5%も!

ビックカメラSuicaカード等のビューカードからチャージ、あるいはエポスゴールドカード(選べるポイントアップショップ)からチャージしたSuicaで支払うとお得です。

①「ビックカメラSuicaカード」「エポスゴールドカード」→Suicaへチャージ:1.5%
②Suicaで支払い:ポイントなし
合計で1.5%還元率が可能です。

その他に、
リクルートカードからチャージした楽天Edyで1.7%還元率
といったものもあります。

「Visa LINE Payクレジットカード」は2021年4月30日までなら3%還元率で超絶お得!

2021年4月30日までなら3%還元率で、「Visa LINE Payクレジットカード」が圧倒的にお得です。

ちなみに「d払い」との組み合わせでは3.5%還元率も可能なので、要チェックです。

【ガソリンスタンドのQRコード決済 対応表】

ペイペイ楽天ペイd払いauペイラインペイメルペイ
エネオス×××
出光×××
昭和シェル×××××
コスモ石油×××××
JA-SS×××××
キグナス石油××××
SOLATO×××××
ホクレン×××××

【ガソリンスタンドのクレカ/電子マネー 対応表】

クレジットカードクイックペイidnanacoワオン楽天エディSuicaPASMO
エネオス×
出光××
昭和シェル××××
コスモ石油×××
JA-SS××××××
キグナス石油××××
SOLATO××××××
ホクレン××××××

Tポイントカード提示でTポイントをゲット(0.5%)

提携カード(楽天、ANA、JAL、みずほ 等)以外の一般のクレジットカードの場合、Tポイントカードを提示することで200円につき1ポイントのTポイントが貯まります。

ENEOSカードや他のポイントが貯まる提携カードでは、Tポイントとの併用はできません。

なお、一般カードの場合はEneKey(エネキー)に紐付けて設定をすることで、EneKeyで決済するだけで自動的にTポイントが貯まるようにもできます。

また、店舗によってはTポイントが2倍・3倍・5倍になる日を設定しています。

裏技:nanacoで購入したクオカードで給油する

エネオスではクオカードを利用できる店舗もあるため、nanacoで購入したクオカードを使って給油するという裏技が話題になっています。

次のような流れになります。

チャージによる還元率0.5%のセブンカード・プラスでnanacoチャージ(10,000円分)

セブンイレブンにてnanaco決済でクオカード(10,000円)を購入

クオカードを使ってエネオスで給油(Tカード提示)

上記の流れで給油することで、クレジットチャージによる0.5%と、クオカードの持つ還元率1.8%(10,000円券で10,180円分使える)、それにTカード提示による還元率0.5%の合計2.8%還元が可能になります。

※クオカードは、セブンイレブンで購入後、レジにて有効化してから利用可能

キャッシュレス決済の基礎知識

ここからはキャッシュレス決済についての簡単なおさらいです。

キャッシュレス決済の方法には次のようなものがあります。

スマートフォンを使って支払う(スマホ決済)

一般的にスマートフォンを使う支払い方法には次の3通りがあります。

①QRコード決済
②スマホアプリでオンライン決済
③スマホでコンタクトレス決済(クレジットカード)

①の「QRコード決済」はスマートフォンの画面に表示させたQRコード/バーコードを読み取って決済する方法です。一般的に”スマホ決済”というとQRコード決済のことを指している場合が多いようです。

QRコード決済は次の6つが主流とされています。

PayPay、d払い、au PAY、楽天ペイ、メルペイ(コード決済)、LINE Pay

これ以外にもFamiPay、ゆうちょPay、はまPay、UnionPay、WeChatPay、Alipayなどいろいろあります。

②の「スマホアプリでオンライン決済」は、ショップ専用のスマホアプリなどを通じて注文・決済をする方法で、モバイルオーダーとも呼ばれています。国内のショップでアプリ決済に対応している店舗はまだあまり多くありません。

③の「スマホでコンタクトレス決済」という方法は近年導入が増えたもので、まだあまり使われていません。後述する「クレジットカードのコンタクトレス決済」をスマートフォンだけで行う方法です。

コンタクトレス決済に対応したクレジットカードをスマートフォンに登録させて、読取り機にカードをかざす代わりにスマホをかざして決済します。

クレジットカードで支払う

一般的にレジでクレジットカードを出して行う決済方法は次の2通りがあります。

①クレジットカードの読み取り決済
②非接触型のコンタクトレス決済(タッチ決済)

①の「クレジットカードの読み取り決済」はクレジットカードの磁気コードやICチップを読み取って決済する方法です。クレジットカードの普通の使い方になります。

②の「非接触型のコンタクトレス決済(タッチ決済)」はクレジットカードを使ったコンタクトレス決済(タッチ決済)で、磁気コードやICチップの読取りをしない決済方法です。

Visa payWave(ペイウェーブ)MastercardコンタクトレスJCBコンタクトレスAmerican Expressコンタクトレスの4つがあります。クレジットカードの盤面にコンタクトレスのマークが付いているカードが対象です。

上記のマークが付いたクレジットカードを店舗レジの読取り機にかざすだけでクレジットカード決済が完了します。

電子マネーで支払う

一般的に電子マネーを使う決済方法は次の2通りがあります。

①電子マネーカードの読み取り決済
②電子マネーアプリの読み取り決済

①の「電子マネーアプリの読み取り決済」では、電子マネーのリアルカードを読み込ませて決済をします。

通常はレジで店員に手渡して読取り機に通してもらうか、または提示してバーコード/QRコードを読み取ってもらいます。

②の「電子マネーアプリの読み取り決済」では、スマホアプリ上に表示された電子マネーのバーチャルカードのバーコードを読み取ることで決済します。

なお、特殊な手段としてメルペイをiD扱いで利用する「メルペイiD決済」や

ポイントで支払う

一般的に、支払いに使えるポイントには次のようなものが挙げられます。

共通ポイント
独自ポイント

①の「共通ポイント」は、使えるお店が全国にあり、提携ショップなら日本のどこの店舗ででも使えるポイントです。

共通ポイントは次の6つが主流とされています。

楽天ポイント、Tポイント、dポイント、Ponta、WAONポイント

また、航空会社や鉄道会社が発行する共通ポイントもあります。

JALマイル、ANAマイル、JREポイント

②の「独自ポイント」は、その店舗が独自で発行しているポイントです。通常は特定のチェーン店やグループ店舗でしか使えません。

まとめ

以上、「エネオス」のキャッシュレス決済対応状況についてのまとめでした。

「エネオス」ではクレジットカード・電子マネーを中心にキャッシュレス決済が可能で、手段もいろいろ選べます。

特にクレジットカードはポイントアップするものも多くなっています。

決済方法は今後も増えたり減ったりして変わっていくことも予想されますが、より便利でお得な方法を選んでいきたいものですね。

主なガソリンスタンド(エネオス,出光,昭和シェル,コスモ石油,JA-SS,キグナス)のキャッシュレス事情(クレジットカード・電子マネー・スマホ/QR決済)について調べてみました。あなたのお近くのお店はどうでしょうか。
スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする