ドトール(DOUTOR)でWAON(ワオン)は支払い・決済方法に使える?【2022年最新版】

ドトールでWAON(ワオン)は支払いに使える?ポイント払いはできるのか、お得な決済方法があるのか知りたい!

ドトール(DOUTOR)のキャッシュレス決済状況をお得情報とあわせてまとめました。

【2022年最新版】

スポンサーリンク

ドトールの一部の店舗でWAON(ワオン)が使える

ドトールでは基本的に支払いに電子マネー・WAON(ワオン)は使えません。

ただ、一部の店舗で使えることがあるようです。

⇒WAONが使えるお店(公式)

ドトールで公式に使える電子マネーはiD、QUICPay、交通系ICカード(Suica、PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん)です。

WAONPOINTが使える場合もある

イオンモール内のドトール店舗ではWAON POINTが使える場合もあります。

ドトールで支払いに使える共通ポイントはdポイントです。

ドトールのキャッシュレス対応状況

ドトールの支払い方法・キャッシュレス状況は次のようになっています。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)○(使える)
楽天ペイ○(使える)
LINE Pay(ラインペイ)×(使えない)
メルペイ○(使える)
d払い○(使える)
au PAY(auペイ)○(使える)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)○(使える)
電子マネー・楽天Edy(エディ)×(使えない)
電子マネー・nanaco(ナナコ)×(使えない)
電子マネー・WAON(ワオン)×(使えない)
QUICPay(クイックペイ)○(使える)
iD(アイディー)○(使える)
ポイントカード(楽天ポイントdポイントPontaTポイント/独自)×/○/×/×/○

※○(使える)でも一部利用できない店舗がある場合があります。
※よく利用されると思われる支払い方法だけピックアップしています。

⇒ドトール店舗検索(公式)

ドトールをお得に利用するには?

ドトールをお得に利用するための方法がいくつかあります。知っているのと知らないのとでは大きく差がつくかもしれません。

ドトールでdポイントが貯まる/使える

ドトールでは、「dポイントカード」を提示して、貯めたり使ったりすることができます。

<貯める>
「dポイントカード」:200円(税込)ごとに1ポイント(0.5%還元率)
※ドトール バリューカードとの併用不可
<使う>
ポイントで支払うこともできます。1ポイント=1円
※購入金額全額をポイントで支払い、または、ポイント+現金で支払い

※ガソリンスタンド併設のドトールコーヒーショップ、ホームセンター(スーパービバホーム・ビバホーム)内のドトールコーヒーショップの一部店舗は対象外です。

dポイントクラブのクーポンが使える

dポイントクラブでは ドトールで使えるお得なクーポンを配信しています。

⇒dポイントクラブ(公式)

ドトール公式アプリがおすすめ

「ドトール」ではスマホ向けの「ドトール バリューカード アプリ」をリリースしています。アプリではキャンペーン情報や新着情報、店舗検索のほか、ドトールバリューカードを登録して残高管理やオンラインチャージをすることができます。

バリューカードをクレジットチャージにて利用することで、クレジットポイントとチャージボーナスの2重取りが可能です。

バリューカードでの支払いがお得

ドトールバリューカードは2000円以上のチャージに対して5%のボーナスが付与されます。また、特別なポイント付与もあります。

毎月1日のチャージボーナスポイントデーには1,000円以上のチャージで10ポイントのチャージボーナスポイントが追加付与されます。

新商品の発売開始日から4日間は、新商品ボーナスポイントデーとして対象商品の購入に対して3ポイントの特別ポイントが追加付与されます。

ドトールバリューカードで支払うと100円毎に1ポイントが貯まるので、還元率は5%+1%=6%以上になります。

さらに、年間の購入金額に応じてチャージ時のポイント付与率が最大10%まで上がるランクアップ制度もあるので、使うほどにお得になります。

⇒ランクアップ(公式)

ドトール バリューカード(DVC)アプリ

ドトール バリューカード(DVC)アプリ
開発元:株式会社ドトールコーヒー
無料
posted withアプリーチ

ドトール公式アプリにバリューカードを登録してバーチャルカードとして使うことができます。47都道府県それぞれのドトールショップでアプリを操作することで、ご当地デザインの券面を入手できます。

⇒ドトールバリューカード(公式)

ドトールのヘビーユーザーなら、クレジットチャージしたバリューカードで支払うのが確実にお得。使えば使うほどランクアップもできて一石三鳥となります。

Visa、Mastercard、JCB、アメックスのマークがついているクレジットカードがチャージに使えます。

株主優待カードが使える

ドトールでは「株主ご優待カード」が利用できます。

株主ご優待カードは1000円分の金券で、チケットショップやフリマアプリで出品されることがあります。

安く入手できればそれだけお得になります。

WAONにおすすめのクレカは?

Android端末やWAONカードへのチャージの場合、WAON(ワオン)にチャージできるクレジットカードは、主にイオン系クレジットカード、JALカード(JMB WAON)、三井住友カード(三井住友カードWAON)になり、さらにポイント付与があるのはその一部になります。

 

イオン系のカード(クレジットカード・デビットカード)でポイント付与があるのは以下です。

オートチャージでポイント付与(オートチャージ200円で1ポイント)
◆「イオンカードセレクト
◆「イオン銀行キャッシュ+デビット

イオンカードセレクトの場合、チャージされた金額はクレジットカード払いではなく、イオン銀行普通預金口座から引き落とし

 

 

JALカードでもポイント付与があります。JALマイルを貯めている人にはおすすめです。
(2023年3月31日までのキャンペーン中。延長される可能性あり)

◆「JALカード」×「JMB WAON」

対象のJALカード×対象の「JMB WAON」の組み合わせになります。
※クレジットチャージでのポイント付与率は、200円につき1~2 JALマイル(コースによる)

 

「WAON(ワオン)」の支払い時に貯まるポイント:
「WAON(ワオン)」は、支払い200円(税込)につき1 WAONポイントが貯まります。(0.5%還元率)
※対象のイオングループの場合は200円(税込)につき2ポイント(1%還元率)会員登録済の場合
※「JMB WAON」の場合は、支払い200円(税込)につき1 JALマイルが貯まります。

 

一方、2021年10月21日からiPhone(アイフォン)でWAON(ワオン)が使えるようになり、「ウォレットアプリ」を利用すれば、イオンカード以外の場合、JCB・マスターカード・AMEXブランドのクレジットチャージが可能になりました。

チャージに利用するクレジットカードによっては、そちらのほうがお得になるかもしれません。

まとめ

ドトールでは基本的にWAON(ワオン)は支払いに利用できませんが、イオン系の大型商業施設内店舗で使えることがあるようです。

QRコード決済の導入でキャッシュレス化が一気に加速したドトールは、とても使いやすくなりました。キャッシュレス決済のキャンペーン時には有力な候補店になります。

キャンペーンの時以外は、バリューカードの利用とランクアップ狙いが最もお得かもしれません。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2022年12月】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする