【2020年8月最新版】【イオン銀行デビットカード】の使い方、手数料、還元率、使えないところは?審査がある?

【イオン銀行デビットカード】って危険なの?使い方、手数料、還元率、使えないところは?ガソリンスタンドは使えるの?

【イオン銀行デビットカード】には2種類あり、「イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)」はキャッシュカード+デビットカードが一体となったカードで、「イオンデビットカード(VISA)」はデビットカードのみのカード(イオン銀行の口座は必要)です。

「イオン銀行」の【デビットカード】について、落とし穴に落ちないよう注意点等について順番に解説していきます。

スポンサーリンク

 


【イオン銀行デビットカード】の基本情報・おすすめメリット・デメリット

イオン銀行

「イオン銀行」はイオングループの銀行です。

「イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)」はキャッシュカード+デビットカードが一体となったカードで、「イオンデビットカード(VISA)」はデビットカードのみのカードですがイオン銀行の口座は必要です。

そこで、まずは「イオン銀行」の使い勝手を確認します。

イオン銀行ATMなら手数料無料!

【キャッシュカード引出限度額】

国内ATM(1日あたり):
<磁気カード>0~100万円(初期設定50万円)
<ICカード>0~200万円(初期設定50万円)

【ATM手数料】

近くの提携金融機関ATMで入金・出金が可能です。

「イオン銀行」ATM入出金手数料は終日無料です。
そのほかにも、
みずほ銀行:平日8:45~18:00無料
三菱UFJ銀行:平日8:45~18:00無料&土曜9:00~14:00無料
ゆうちょ銀行:平日8:45~18:00無料
です。

また他行ATM手数料はイオン銀行Myステージのステージによって手数料の無料回数が異なります。

ブロンズステージ月1回無料
シルバーステージ月2回無料
ゴールドステージ月3回無料
プラチナステージ月5回無料

無料回数を超えた場合の手数料については公式サイトで確認ください。→

【振込手数料】

「イオン銀行」口座への振り込みは振込手数料無料です。

 振込手数料
イオン銀行あて0円
上記以外イオン銀行Myステージに応じて月5回まで無料
無料回数以降は216円/回(税込)

ブロンズステージ無料回数なし
シルバーステージ月1回無料
ゴールドステージ月3回無料
プラチナステージ月5回無料

イオン銀行Myステージ

※2020年4月30日から「イオン銀行Myステージ」の特典が変更になり、普通預金適用金利が変わります。

「イオン銀行Myステージ」はイオン銀行の優遇プログラムです。

ステージは、ブロンズステージ・シルバーステージ・ゴールドステージ・プラチナステージの4つあります。
ステージによって、普通預金適用金利、他行ATM入出金利用手数料無料回数、他行あて振込手数料無料回数、が優遇されます。

 普通預金適用金利
(2020/4/30~下記へ変更)
他行ATM入出金利用手数料無料回数他行あて振込手数料無料回数
ブロンズステージ年0.01%
(税引後年0.007%)
月1回無料無料回数なし
シルバーステージ年0.03%
(税引後年0.023%)
月2回無料月1回無料
ゴールドステージ年0.05%
(税引後年0.039%)
月3回無料月3回無料
プラチナステージ年0.10%
(税引後年0.079%)
月5回無料月5回無料

※2020年4月30日~変更になり、プラチナステージなら普通預金適用金利が年0.10%(税引前)です。

ステージの判定条件

適用ステージは、対象取引のスコア合計によって決定します。

必要なイオン銀行スコア
ブロンズステージ:20点以上
シルバーステージ:50点以上
ゴールドステージ:100点以上
プラチナステージ:150点以上

対象取引とイオン銀行スコア

対象取引イオン銀行スコア
①イオンカードセレクトまたはキャッシュ+デビット、イオンデビットカードの契約【月末時点】10点
②イオンゴールドカードセレクトの契約【月末時点】30点
①に30点を加え計40点
③イオンカード利用代金の引落し(キャッシュ+デビット、イオンデビット、J-Debit含む)【月間実績】10~100点 ※1
④WAONの利用金額【月間実績】
(イオン銀行のキャッシュカードに付帯されているWAONのみ対象)
10~100点 ※2
⑤WAONオートチャージの利用【月間実績】
(イオン銀行のキャッシュカードに付帯されているWAONのみ対象)
10点
⑥積立式定期預金の口座振替【月間実績】10点
⑦投資信託残高【月末残高】10~100点 ※3
⑧投信自動積立の口座振替【月間実績】30点
⑨外貨預金残高【月末残高】10~100点 ※3
⑩外貨普通預金積立の口座振替【月間実績】30点
⑪NISA口座の開設(ジュニアNISA含む)【月末時点】30点
⑫iDeCo掛金の口座振替【月間実績】30点
⑬カードローンの契約【月末時点】10点
⑭無担保ローン残高(証貸/カードローン含む)【月末残高】30点
⑮住宅ローン残高(フラット35含む)【月末残高(月間実績)】30点
⑯インターネットバンキングの登録【月末時点】
(通帳アプリの登録のみでは対象外)
30点
⑰給与のお受取り【月間実績】30点
⑱年金のお受取り【月間実績】30点
⑲ボーナススコア(⑧⑩⑫のうち、同月内に2つの口座振替)【月間実績】10点

※1:イオンカード利用代金の引落し(キャッシュ+デビット、イオンデビット、J-Debit含む) スコア詳細
1円~2万円未満:10点
2万円~4万円未満:20点
4万円~6万円未満:30点
6万円~8万円未満:40点
8万円~10万円未満:50点
10万円~12万円未満:60点
12万円~14万円未満:70点
14万円~16万円未満:80点
16万円~18万円未満:90点
18万円~:100点

※2:WAONの利用金額 スコア詳細
1円~1万円未満:10点
1万円~2万円未満:20点
2万円~3万円未満:30点
3万円~4万円未満:40点
4万円~5万円未満:50点
5万円~6万円未満:60点
6万円~7万円未満:70点
7万円~8万円未満:80点
8万円~9万円未満:90点
9万円~:100点

※3:投資信託残高・外貨預金残高 スコア詳細
1円~100万円未満:10点
100万円~200万円未満:20点
200万円~300万円未満:30点
300万円~400万円未満:40点
400万円~500万円未満:50点
500万円~600万円未満:60点
600万円~700万円未満:70点
700万円~800万円未満:80点
800万円~900万円未満:90点
900万円~:100点

詳細は公式サイトでご確認ください→

ゴールドステージならハードルは高くなさそうですね。プラチナステージもイオンカードをメインで利用すれば何とかなりそう感じです。

判定月・ステージ適用

特典適用は、取引月の翌々月の1カ月間です。

15歳未満でも口座開設可能

「イオン銀行」では15歳未満でも口座開設ができます。
15歳未満の場合は、法定代理人の方の同意のもと、親権者の本人確認と併せて口座開設が可能です。
郵送または店舗で口座開設することになります。

※満20歳未満の場合、総合口座当座貸越など一部利用できない取引きあり。
※イオンカードセレクトは、18歳以上(高校生除く)で電話連絡可能な方に限り申込可。未成年の方は親権者の同意が必要(審査あり)。
※キャッシュ+デビットは15歳以上(中学生除く)から。

イオン銀行の店舗は年中無休

イオン銀行の店舗は年中無休で、夜9時まで営業しています。(一部の店舗では、営業時間が異なります。)

・投資信託・保険は一部取扱いしていない店舗あり。また同商品の取扱い時間は午前10時から午後7時(年中無休)(一部の店舗では異なる場合あり)

セキュリティ対策も充実

コンピュータウィルス・不正アクセス・不正送金防止のために、無償でウィルス対策ソフト(SaAT Netizen)が提供されています。

また、取引結果通知・受付結果通知・各種設定変更完了メールなどが登録の電子メールアドレスに届きます。

【イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)】

【イオン銀行デビットカード】には2種類あり、「イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)」はキャッシュカード+デビットカードが一体となったカードで、「イオンデビットカード(VISA)」はデビットカードのみのカード(イオン銀行の口座は必要)です。

デビットカードとしての使い方はクレジットカードとほぼ同じです。

デビットカードとは?
ショッピングや飲食時の支払にクレジットカード感覚で利用できるカードで、クレジットカードと違いその場で口座からお金が引落されるので預金残高の範囲内で利用できるカードのことです。(一部利用不可あり)

【イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)】は、キャッシュカード一体型なので「イオン銀行」の口座を開設すれば審査不要で利用できます。

 JCB
発行手数料無料
年会費無料
ポイント・還元率0.5%

【イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)】とクレジットカードの違い

【イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)】はクレジットカードではありません。

 イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)クレジットカード
支払方法即時払い後払い
支払回数1回払い1回払い、分割払い、リボ払いなど
利用限度額決済口座の残高範囲内かつデビットの利用限度額内限度額あり
年齢制限満15歳以上満18歳以上
入会審査なしあり
年会費なし有料の場合あり

【イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)】は審査なく入会できます。利用時は即座に口座から引き落とされるので、支払い回数は1回しかありません。

【イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)】のおすすめ・メリット

・審査不要
・年会費0円で発行できる
・キャッシュカード一体型
・WAONもついている(一体型)
・イオンカード・WAON特典がついてイオンでの買い物がおトク
・ショッピングやWAONオートチャージでポイントがたまる
・アプリで口座残高や最新明細がかんたんに確認できる
・利用後すぐにメールで通知がくる
・海外でも利用できる

イオンカード・WAON特典がついてイオンでの買い物がおトクです

毎月10日はありが10デーでポイント5倍です。200円(税込)ごとに5ポイントもらえます。(対象外商品あり)

毎月20日・30日はお客さま感謝デーで5%オフです。

毎月15日はG.G感謝デーで、55歳以上でGGマーク付きのカードなら5%オフです。

「毎週土日はタッチで電子マネーWAONポイントプレゼント!」で、対象店舗に設置してあるハッピーゲート端末に電子マネーWAONカードをタッチすると、2電子マネーWAONポイントがもらえます。
※ただし、受取りは、翌月10日から月末の期間に、「WAONステーション」または「イオン銀行ATM」、もしくは「WAONネットステーション(ICカードリーダライタが必要)」にてダウンロード(お受取り)が必要です。

イオンシネマでもお得です。
イオンシネマ(旧ワーナー・マイカル・シネマズ含む)の一般通常料金(1800円(税込)または、1700円(税込))をイオンマークのあるカードで支払うと、会員と同伴(大人1名まで)各300円引きになります。

そのほかにもボーナスポイントがついている商品や、火曜市などお得なサービスがあります。

ショッピングやWAONオートチャージでポイントがたまる

JCB加盟店でデビットカードで支払いすると、利用金額に応じてときめきポイントが貯まります。貯まったポイント数に応じて商品やWAONポイントと交換できます。
・200円(税込)ごとに1ポイント付与

イオングループならいつでも2倍です。
・200円(税込)ごとに2ポイント付与

※ときめきポイントの有効期限:ポイント獲得期間に応じて最大で2年間

WAONの利用金額に応じて電子マネーWAONポイントが貯まります。たまった電子マネーWAONポイントはWAONにチャージして利用します。

オートチャージで200円ごとに1電子マネーWAONポイント、チャージしたWAONで支払えば200円ごとに1電子マネーWAONポイント、合計200円ごとに2電子マネーWAONポイントが貯まる計算になります。

給与口座指定で、毎月10電子マネーWAONポイントが貯まります。

NHK・電気・固定電話・携帯電話・ガス・NHKの口座振替が対象で、1件につき5電子マネーWAONポイントが貯まります。

JCB加盟店で利用可能

国内・海外のJCB加盟店およびイオンマークのある加盟店で利用できます。(一部利用不可あり)

海外ATMで現地通貨の引出しができる

「JCB」「Cirrus」マークがある海外ATMで、預金を現地通貨で引き出すこともできます。しかも、キャッシング(借り入れ)とは異なり、金利は発生しません。

・円換算レートは国際ブランドが定めたレートに海外取引関係処理費(1.6%)をプラスしたもの+1利用あたり216円(税込)の手数料がかかる
・海外ATMの利用限度額は普通預金口座残高と利用限度額の範囲内(個人で設定可能・最大100万円、ATM・ATM設置金融機関により利用できる限度額が設定されている場合あり)

保障も充実

・JCBデビットで買い物した商品(1品5000円~50万円)を偶然の事故により破損した場合、購入日から180日間、年間50万円(税込)まで補償してもらえます。(WAONでの支払分は対象外、その他にも対象外商品あり)

・カードの紛失・盗難により不正使用されても、不正使用による損害額が保障されます。(イオン銀行が届け出を受理した日を含めて61日前にさかのぼり、その後に発生した損害額について全額補填)

デメリット

【イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)】の残念な点は、ガソリンスタンドや公共料金などの継続的な支払いに利用できないことです。

給与口座指定で、毎月10電子マネーWAONポイントをもらう時などに、受け取り操作が必要な点は手間がかかって面倒です。

【イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)】と【イオンデビットカード】の違い

【イオン銀行デビットカード】には2種類あり、「イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)」はキャッシュカード+デビットカードが一体となったカードで、「イオンデビットカード(VISA)」はデビットカードのみのカード(イオン銀行の口座は必要)です。

 イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)イオンデビットカード(VISA)
年会費無料無料
国際ブランドJCBVISA
ポイント・還元率0.5%0.5%
審査なしあり
キャッシュカード機能ありなし
バックアップサービスの適用なしあり

「イオンデビットカード(VISA)」の大きな特徴は、入会時に審査があることです。通常、デビットカードに審査はありませんが、バックアップサービスの適用があるため、入会審査があるようになっています。

バックアップサービスは、銀行システム停止時や、万が一預金口座残高が不足している場合に、一時的に10万円まで利用金額を立て替えてくれるサービスです。

※利用金額が預金口座残高を上回り、バックアップサービスの利用となる場合は、預金口座残高から併用して引落しはありません。

便利ではありますが、審査があるならクレジットカードを申し込んでもよいのでは?と思われます。

【イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)】の使い方

【イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)】の使い方はかんたんです。

★ATMで・・・キャッシュカードとして使います。

★街中で・・・国内・海外のJCB加盟店およびイオンマークのある加盟店で「JCBで(クレジットカードで)、1回払いで」と伝えます。

★ネットショッピングで・・・支払時に、クレジットカードの支払情報入力画面で、カード番号や氏名などを入力します。

利用限度額:
(1回あたり)最大100万円(初期設定50万円・未成年5万円)
(1日あたり)最大100万円(初期設定50万円・未成年5万円)
(1ヶ月あたり)最大100万円(初期設定50万円・未成年5万円)
※海外ATM利用分も含む

★海外ATMで・・・現地通貨の引出しに使います。

【イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)】はJ/Secureも利用できます。

【イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)】を使えるところ・使えないところ

【イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)】が利用できるところ、使えないところです。

★使えるところ・・・預金口座に残高は必要です

・国内・海外のJCB加盟店およびイオンマークのある加盟店

※NTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルの携帯電話料金の支払いには利用できます。

×使えないところ・利用できないケース・・・

・ガソリンスタンド 
・高速道路通行料金、機内・車内販売
・一部のタクシー
・登録型加盟店(カード番号を登録し継続的に利用額をお支払いいただく加盟店) 例)インターネットサービスプロバイダ、保険会社、公共料金、など
・上記以外にも、株式会社ジェーシービーと加盟店の取り決めまたは、加盟店の利用環境によっては利用できない場合あり

×【イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)】はガソリンスタンドでは使えません。

→公式サイト

【イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)】の作り方

イオン銀行の口座開設は、
・オンライン
・郵送
・店舗
でできます。

オンラインで申し込むときの本人確認には、
・本人確認書類をアップロード(カードは「簡易書留郵便(転送不要扱い)」で届く)
・受け取り時の本人確認書類を提示(カードは佐川急便の「受取人確認サポート」で受け取る)
の2種類があります。

オンラインで申し込むときは、

・本人確認書類
を手元に用意して、サイトから申し込みます。

イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする