ダイソー(DAISO)でSuica(スイカ)は支払い・決済方法に使える?使えない?【2021年最新版】

Suicaが使える『ダイソー』があるって聞いたんだけど、本当に使えるの?
お得な支払い方法はある?

国内最大手の100円ショップチェーン『ダイソー』も、急速にキャッシュレス化が進んだと話題になっていますが、ダイソーではSuica(スイカ)に対応した店舗があるのでしょうか。

本記事では『ダイソー』でSuica(スイカ)による決済ができるか、お得な利用方法があるのか等についてまとめてみました。

【2020年8月最新版】

スポンサーリンク

『ダイソー』でSuica(スイカ)は使える店舗あり

結論から言うと、『ダイソー』では、一部の店舗でSuica(スイカ)やPASMO、ICOCAなどの交通系電子マネーが使えます。

『ダイソー』ではクレジットカードや電子マネーを導入している店舗が多く、特に直営店はほぼ全店舗がキャッシュレス化されています。また、2019年10月には直営店にPayPayが一斉導入されました。(一部店舗を除く)

クレジットカード・電子マネー・PayPayが使える店舗は、公式の店舗検索で探すことができます。

⇒「ダイソー」店舗検索(公式)

リカーショップ「やまや」に併設したダイソー店舗では、会計を「やまや」レジで一緒に行うため、実質的に各種QRコード決済(d払い、PayPay、LINE Pay、メルペイ、au PAY、AliPay、WeChatPay、QUOPay)や、WAON、QUICPay、iD、楽天Edy、交通系電子マネー(Suica、PASMO、ICOCA、SUGOCA、TOICA、manaca、nimoca、はやかけん、Kitaca)といった電子マネーが使える場合が多いようです。

『ダイソー』の支払い方法・キャッシュレス対応状況

『ダイソー』の支払い方法・キャッシュレス状況は次のようになっています。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード△(一部で使える)
PayPay(ペイペイ)○(使える)
楽天ペイ×(使えない)
LINE Pay(ラインペイ)×(使えない)
メルペイ(iD決済)△(一部で使える)
d払い×(使えない)
au PAY(auペイ)×(使えない)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)△(一部で使える)
楽天Edy△(一部で使える)
nanaco(ナナコ)△(一部で使える)
WAON(ワオン)△(一部で使える)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む△(一部で使える)
iD※Apple Pay・Google Pay含む△(一部で使える)

※よく利用されると思われる支払い方法だけピックアップしています。

クレジットカードが使える店舗では次のようなブランドのカードが利用できるようです。

VISA、Mastercard、JCB、銀聯 など

また、多くの店舗で導入されている電子マネーは次のとおりです。

交通系電子マネー(Suica、PASMO、ICOCAなど)、QUICPay、iD、nanaco、楽天Edy、WAON

『ダイソー』のシールキャンペーンが人気

ダイソーでは不定期にシールキャンペーンが行なわれています。300円ごとに1枚もらえるシールを一定枚数集めるとお得なチャンスが・・・。

『ダイソー』での利用におすすめのクレジットカードは?

電子マネーとクレジットカードが使える『ダイソー』店舗であれば、おすすめのクレカがあります。それは次の3つです。

ビックカメラSuicaカードでチャージしたモバイルSuicaで決済

高還元の決済方法として、ビックカメラSuicaカードでチャージしたモバイルSuicaで支払う、というものがあります。

ビックカメラSuicaカードはSuicaユーザー御用達のクレジットカード。Suicaへのチャージで1000円につき15ポイントのJREポイントが付与されます。

リクルートカードでチャージした電子マネーで決済

もう一つの方法は電子マネーへのチャージで1.2%のポイントが付くリクルートカードを導入することです。

さまざまな電子マネーへのチャージでクレジットポイントが付くリクルートカード。普段使い慣れている電子マネーで決済ができる方がいいという人は多いはず。

リクルートカードならモバイルSuica、楽天Edy、SMART ICOCAへのチャージがポイント付与の対象となります。

ただし、ポイント加算の対象となるのは利用金額の合算で月間30,000円まで。しかもそれぞれの電子マネーの合計金額ではなく、すべての電子マネーの合算金額なので注意が必要です。

PASMOと相性の良い「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」

「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」はPASMOへのチャージに最適なクレジットカードです。

「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」の会員Webに登録するだけで+0.5%です。

PASMOオートチャージで、クレジットカード利用で貯まる0.5%分のプレミアムポイントと0.5%分の「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」の合計1%のポイントが貯まります。

Suicaの利用方法

対応店舗でSuicaを利用するときは、以下のいずれかのパターンになります。

・iPhoneの場合:Apple Pay(アップルペイ)・モバイルSuica
・Androidの場合:モバイルSuicaアプリ
・Androidの場合:Google Pay(グーグルペイ)・モバイルSuica
・Suicaカード

iPhoneの場合:Apple Pay(アップルペイ)・モバイルSuicaで決済が可能

対応店舗でApple Pay・モバイルSuicaを使う場合は、レジでNFC読み取り端末にスマホをかざします。

SuicaをApple Payのエクスプレスカードに設定をしておくと、スリープ中でもSuicaで決済できるようになります。

レジで
→支払いは「スイカで」と伝え、スマホをかざす
→支払い完了

SuicaをApple Payのエクスプレスカードに設定していない場合

レジで
→Apple Pay(WALLET)を立ち上げる
→Suicaを選択
→支払いは「スイカで」と伝える
→ホームボタンに指をおいてTouch ID(またはFace ID)で認証
→NFC読み取り端末にスマホをかざす
→支払い完了

Apple Pay・モバイルSuicaはプリペイド型電子マネーのため、事前にチャージして残高がある状態でないと利用できません。

Androidの場合:モバイルSuicaアプリで決済が可能

対応店舗でモバイルSuicaアプリを使う場合は、レジでNFC読み取り端末にスマホをかざします。

レジで
→支払いは「スイカで」と伝え、スマホをかざす
→支払い完了

Androidの場合:Google Pay(グーグルペイ)・モバイルSuicaで決済が可能

対応店舗でGoogle Pay(グーグルペイ)・モバイルSuicaを使う場合は、レジでNFC読み取り端末にスマホをかざします。

レジで
→支払いは「スイカで」と伝え、スマホをかざす
→支払い完了

Suicaカードで決済が可能

対応店舗でSuicaカードを使う場合は、NFC読み取り端末にカードをかざします。

レジで
→支払いは「スイカで」と伝え、カードをかざす
→支払い完了

いずれの支払い方法であっても、Suicaはプリペイド型電子マネーのため、事前にチャージして残高がある状態でないと利用できません。

Suica(スイカ)を利用した時の還元率

電子マネー・Suica(スイカ)を利用した時の還元率は、クレジットカードに大きく依存します。

クレジットカード→Suicaへチャージ

ここでどれだけポイント付与されるかにより、還元率は変わってきます。

まとめ

『ダイソー』では、一部の店舗でSuica(スイカ)が使えます。ICOCA、PASMOなど他の交通系電子マネーも利用可能です。

日本人の生活に無くてはならない『ダイソー』。キャッシュレス化も順調に進み、ますます利用しやすくなっています。

特にQR決済が導入されたことにより、キャンペーンなどで大いに盛り上がるようになりました。今後もさまざまなQRコード決済が導入されるといいですね。

なお、公式サイトに記載されていなくても電子マネーに対応している場合があります。電子マネーの公式サイトでは店舗名で検索できますから、事前に確認してみることをおすすめします。

店舗名で検索できる電子マネー
《nanaco》 ⇒nanacoが使えるお店
《楽天Edy》 ⇒Edyが使えるお店
《WAON》 ⇒WAONが使えるお店検索(公式)
《QUICPay》 ⇒QUICPayが使えるお店
《iD》 ⇒iDが使えるお店

QRコード決済については下記サイトで調べることができます。

「PayMap」公式

スポンサーリンク

シェアする

フォローする