「au PAY ゴールドカード」メリット,デメリット,年会費,Apple Pay等まとめ【2021年最新版】

★2020年5月21日~、「au WALLET ゴールドカード」→「au PAY ゴールドカード」に名称★

→公式サイト発表

今回はau(エーユー)ユーザーに大人気のハイステータスなクレジットカード「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」の人気の秘密・メリット、デメリット、年会費、お財布レス(Apple Pay(アップルペイ)・Google Pay(グーグルペイ)・楽天ペイ・LINE Pay・電子マネーなど)の相性等について調べてみました。

【2021年最新版】

スポンサーリンク

もくじ

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」はどんなクレジットカード?

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」がどんなクレジットカードなのか、メリットや特典を含めた特徴をリストにすると、

・au電話料金に応じてお得にポイント還元
・毎月1000円分のクーポンがもらえる
・ボーナスポイントあり
・空港ラウンジサービス
・レンタカー割引やホテル宿泊割引も
・還元率1%~・ポイントアップ店では1.5%還元以上
・貯まるポイントはPontaポイント
・年会費は10000円(税別)
・1枚目は年会費無料、2枚目以降は年会費が2000円(税別)
・ETCカード年会費・発行手数料ともに無料
・auポイントプログラム ステージ制のスコア加算
・海外旅行傷害保険自動付帯最高5000万円
・国内旅行傷害保険自動付帯最高5000万円
・お買い物あんしん保険年額最高300万円
・国際ブランドはVISA/Mastercard
・Apple Payに登録可能(クイックペイとして利用)
・PayPay・楽天ペイ、d払い、auペイに登録可能
・楽天Edy、モバイルSuica、モバイルPASMOにチャージ可能

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」はゴールドカードらしい特典豊富な、還元率1%のクレジットカードです。auユーザー以外も申し込み可能です。

au PAYカード」との違いは、年会費の他に、
・au電話料金に応じてお得にポイント還元
・毎月1000円分のクーポンがもらえる
・ボーナスポイントあり
・空港ラウンジサービス
・保険関係が充実
 等があります

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」のメリット・特典

auのクレジットカードですから、auユーザーにとっておいしいカードでなければウソになります。当然ながらau電話料金にかかわる特典もあります。

それ以外にも特典は様々です。

au電話料金の支払いでお得にポイントが貯まる!

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」では、au料金1万円(税込)以内の支払いで+200P、以降5000円(税込)ごとに+100P加算され、合計最大800Pたまります。

※au料金はau携帯電話、auひかり、auひかり ちゅらの利用料金
※ゴールド特典ポイントは、ゴールドカード入会の翌月のauデータ定額プラン(料金プラン)に応じたポイントを翌々月の10日以降に加算

毎月1000円分のクーポンがもらえる

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」の特典として、au PAY マーケットでの購入時に利用できる1000円分のクーポンを毎月進呈してもらえます。

※クーポン利用にはau PAY マーケットへの会員登録が必要
※クーポンはau PAY マーケットの1回あたり購入額が2000円以上で利用可能
※クーポンは毎月1日に進呈
※クーポンのご利用期限は当月末日まで
※クーポンを取得するためには、au PAY ゴールドカードと同じau IDでau PAY マーケットへ会員登録および、携帯電話番号による本人認証が必要

ボーナスポイントあり

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」の年間のショッピング利用額に応じて最大4000ポイントのボーナスポイントプレゼントがあります。

100万円:500ポイント
150万円:1000ポイント(合計で1500ポイント)
200万円:2500ポイント(合計で4000ポイント)

空港ラウンジサービス

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」の会員特典として、国内31の空港でラウンジが無料で利用できます。

また、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港でもラウンジが無料で使えます。

提供しているサービス内容はラウンジによって異なりますが、ソフトドリンクが無料だったり、新聞や雑誌が閲覧できたり、シャワールームが使えたりします。

待ち時間にゆったりとくつろげるのはうれしいですね。

レンタカー割引やホテル宿泊割引も

国内・海外のレンタカーが割引価格で利用できます。

  • トヨタレンタカー
  • ニッポンレンタカー
  • タイムズカーレンタル
  • MMCレンタカー
  • ハーツレンタカー
  • エイビスレンタカー
  • バジェットレンタカー
  • アラモレンタカー

→ゴールド特典:レンタカーサービス

また、厳選された一流ホテルや旅館の割引特典もあります。

→一流ホテル・旅館優待サービス(Relux)

還元率1%~・ポイントアップ店では1.5%以上も

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」は通常利用では100円(税込)につき1ポイント=1%還元率です。

ポイントが200円につき3ポイント~もらえる「au PAYポイントアップ店」での利用が猛烈にお得です。還元率は1.5%~となり、高還元率なクレジットカードになります。

ポイントアップ店:
セブンイレブン、イトーヨーカドー、かっぱ寿司、紀伊國屋書店、ビックエコー、TOHOシネマズ、IDEMITSUなど

Pontaポイントが貯まる

※2020年5月21日~、au WALLET ポイントはPontaポイントになりました。

貯まるポイントはPontaポイント。1ポイント1円換算です。

使い方は
・au PAYカードの請求額支払いに使える
・au携帯料金の支払いに使える
・au PAY残高にチャージ
・au PAYマーケットショッピングに使える
・オプション品購入に使う
・デジタルコンテンツ購入に使う
等いろいろあります。

さらに「Pontaポイント」はいろいろな使い道があります。

ポイントの有効期限

「Pontaポイント」は、貯めるor使うと、最終利用日 (最終のポイント加算日またはポイント利用日) から1年後の同日まで有効期限が延長になります。

契約年数に応じて加算される長期優待ポイントやauでんきなどの毎月定期的にもらえるポイントは、有効期限延長の対象外
<対象外のポイント例>
・マンスリーポイント (au、auひかり)、au STAR長期優待、長期優待ポイント
・auでんき
・東電ガス for au/中電ガス for au/関電ガス for au
・プラスポイント (無事故還元)

年会費

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」の年会費は10000円(税別)です。

家族カード

1枚目は年会費無料。2枚目以降は年会費が2000円(税別)かかります。

家族会員もゴールドカード本会員と同様に、ラウンジサービスやReluxなどのサービスの利用が可能です。

ETCカード

年会費・発行手数料ともに無料です。ETCカード利用時にもポイントが付与されます。

auポイントプログラム ステージ制のスコア加算

ステージが上がるほどPontaポイントがよりたまりやすくなるauポイントプログラム ステージ制。au PAY カードの利用額に応じたスコア加算でステージアップすればさらにお得になります。

・au PAY(コード支払い)
・au PAY プリペイドカード(au WALLET プリペイドカード)
au PAY カード(au WALLET クレジットカード)(ゴールドカード含む)
購入1回で3スコア
5000円利用ごとに10スコア

その他条件は→公式サイト

保険

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」は海外旅行の補償やサービスも充実しており、とても安心です。

保険・補償内容は次のようになっています。

海外旅行保険(本人会員・家族会員)

死亡後遺障害5,000万円(自動付帯)
傷害治療200万円(自動付帯)
疾病治療200万円(自動付帯)
救援者費用等200万円(自動付帯)
賠償責任3,000万円(自動付帯)
携行品損害100万円(自動付帯)
航空機遅延保険乗継遅延費用2万円、出航遅延、欠航、搭乗不能費用2万円

会員の家族も補償の範囲なのは、いざというと時にとても心強いですね。

また、航空機遅延保険が充実しているのもポイントです。

国内旅行保険(本人会員・家族会員)

死亡後遺障害5,000万円(自動付帯)
入院保険5,000円/日(自動付帯)
通院保険3,000円/日(自動付帯)
手術保険25,000円または50,000円(自動付帯)

お買い物あんしん保険

国内・海外に関わらず、購入日を含めた90日以内に、偶然な事故
(破損、盗難、火災等)によって損害が発生した場合、本会員・家族会員あわせて年間最高300万円まで補償されます。

自己負担額は1件あたり3,000円です。

紛失・盗難補償

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」を紛失したり盗難にあったりして、不正利用されてしまった場合でも、紛失・盗難の連絡を受付けた日から起算して、60日前にさかのぼって補償されます。

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」の国際ブランド

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」の国際ブランドはVISA、MasterCardの2つのブランドから選べます。

Apple Payと「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」の相性は?

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」をApple Payに登録すると、ポストペイ型の電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」として使えるようになります。

また同時にQUICPay+(クイックペイプラス)としても利用できます。

→Apple Payを使う(公式)

QUICPay/QUICPay+に対応した店舗での会計時に、店員さんに「クイックペイで」と伝えて読み取り機にiPhoneをかざすだけで支払いができます。

一般的に、Apple Payと相性の良いブランドはJCBとMasterCard(マスターカード)、それにAmerican Express(アメックス)だと言われています。
VISAは実店舗での利用は問題ありませんが、ネットショップでの決済に難があります。JCBとMasterCardとアメックスは実店舗だけでなく、App内やWeb上での支払いにも対応しています。

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」はMasterCardとVisaの2つのブランドから選べます。

Apple Payをフルに活用したいならばMasterCardを選択するのが無難ですが、実店舗での利用がメインで、ネットやアプリ内決済をする必要がなければVisaでもそれほど問題にはならないと思われます。

クレジットカードによっては、Apple Payに登録することでコンタクトレスに使うことができるようになるものもあります。

※コンタクトレス:レジの読み取り端末にクレジットカードやスマートフォンをかざすだけでクレジット決済が完了する非接触決済サービスのこと。

Google Payと「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」の相性は?

Google Pay(グーグル ペイ)での非接触型決済は、2019年5月末から一部のクレジットカードでiD・QUICPayの利用が可能になり、便利になりました。

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」はGoogle Pay(グーグル ペイ)に登録できますが、登録してQUICPay(QUICPay+)として利用することはできません。

QRコード決済と「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」の相性は?

QRコード決済/スマホ決済は、それぞれチャージが必要だったり、登録したクレジットカードからの支払だったり、両方できたりと、コード決済によって違います。

QRコード決済/スマホ決済と「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」についてまとめると以下のようになります。

 「au PAYゴールドカード」を登録「au PAYゴールドカード」からチャージ
PayPay(ペイペイ)VISA,Mastercard×
楽天ペイVISA,Mastercard×
d払いVISA,Mastercard×(クレカ不可)
auPAY(auペイ)VISA,Mastercard
LINE Pay(ラインペイ)×
メルペイ×(クレカ不可)

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」とスマホ決済/QRコード決済の還元率については、下記の記事で紹介しています。

電子マネーと「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」の相性は?

Suica

Apple Payで利用できるSuicaについては、MasterCardブランドならWalletアプリ内での「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」からのSuicaチャージは利用可能です。

VISAブランドは、iPhone用のSuicaアプリを利用すれば「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」からのクレジットカードチャージが可能です。

どちらもポイント付与はありません。

※iPhoneでのSuica利用時に年会費はかかりません。

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」から、Android版モバイルSuicaへのチャージも可能です。ポイント付与はありません。

⇒JR東日本のモバイルSuicaアプリの年会費は2020年2月26日より無料になりました。

ちなみに、SMART ICOCAへのチャージは可能ですがポイントは付きません。

nanaco

※2020年3月12日~nanacoクレジットチャージ事前登録(新規登録)対象カードは「セブンカード」限定に変更。3月11日までに登録済の場合は引き続き利用可。

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」はnanacoへのチャージ可能ですが、ポイント付与はありません。

QUICPay/iD

クレジットカードによっては、サイトで申し込めば別途QUICPayのカードを発行することができますが、「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」はQUICPayカードを発行することはできません。

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」を使い、QUICPayをモバイル端末で利用するためには、iPhoneの端末(iPhone7以上)が必要になります。

Apple Pay(Wallet)に「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」を登録することで、ポストペイ型電子マネー「QUICPay」として利用することができます。Apple Payの利用にはiPhone7以上の端末が必要です。

→Apple Payを使う(公式)

おサイフケータイ機能を持つAndroid端末(スマートフォン)に「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」を登録してiDやQUICPayを利用する方法は、残念ながらありません。

電子マネーと「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」をまとめると

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」と電子マネーについてまとめると以下のようになります。

注意点は、チャージできる=ポイント付与がある、ということにはならない点です。

 VISA・MasterCard
楽天Edy
モバイルSuica
nanaco ×
WAON×
PASMO(パスモ)オートチャージ:不可
モバイルPASMO:可
QUICPay(QUICPay+)ApplePayで利用可
iD

○:チャージ可・ポイント付与あり
△:チャージ可・ポイント付与なし
×:チャージ不可

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」はこういう人におすすめ

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」は次のような人におすすめのカードです。

・auの携帯電話等を使っている人
・携帯電話料金との組み合わせで得をしたい人
・海外・国内旅行によく行く人
・手厚くて安心な旅行保険を求める人
・国内空港ラウンジを無料で利用したい人
・セブンイレブン・イトーヨーカドーをよく利用する人

auユーザーにとっては一択のカードといっても過言ではありません。電話料金と組み合わせて得をしたい人は持つべきだと思います。

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」のデメリット・こういう人には向かない

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」のデメリットを考えると次のような人にはおすすめできません。

・au以外のキャリアのケータイを利用している人
・旅行をあまりしない人
・JCBブランドのクレジットカードが欲しい人
・年会費を払いたくない人

そもそもauユーザーでなければ入会できないクレジットカードですから、他のキャリアを利用したい人には不向きです。

また、さまざまな特典を利用するチャンスがない人にとっては、年会費が負担になるかもしれません。

まとめ

auユーザー以外にも開放されましたが、やはりauユーザーならではの特典がある、auユーザーにおすすめのクレジットカードです。

「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」は、セブンイレブンやイトーヨーカドーをはじめとした特約店での買い物でPontaポイントが貯まりやすい、魅力的なカードです。

また、海外・国内旅行保険が充実しており、いざという時の心強い味方にもなります。

年会費も比較的安く、世界に通用する「au PAYゴールドカード(au WALLET ゴールドカード)」は手頃でお得なゴールドカードだと言えそうです。

国際ブランドVISA、MasterCard
カード発行会社KDDI フィナンシャルサービス
申し込み資格・個人で利用のau IDを持っている
・満20歳以上(学生、無職、パート・アルバイト除く)
・本人または配偶者に定期収入のある
年会費10000円(税別)
支払日(口座引落の場合)15日締め・翌月10日払い
貯まるポイントPontaポイント
※2020年5月21日~、au WALLET ポイントはPontaポイントに変更
ポイントの有効期限貯めるor使うと、最終利用日 (最終のポイント加算日またはポイント利用日) から1年後の同日まで有効期限が延長
ETCカード無料
家族カード1枚目無料
2枚目は年会費2000円(税別)
海外旅行保険最高5000万円(自動付帯)
国内旅行保険最高5000万円(自動付帯)
買い物保険海外・国内とも300万円

スポンサーリンク

シェアする

フォローする