「au PAYカード(クレジットカード)」メリット,デメリット,Apple Pay,auペイ等まとめ【2020年8月最新版】

★2020年5月21日~
au WALLET クレジットカード→au PAY カードに名称変更★

→公式サイト発表

お財布レスの時代、クレジットカードを上手に選べば得をしますし、適当に選ぶと損をするかもしれません。慎重に選びたいものですね。

今回はau(エーユー)ユーザーに大人気のクレジットカード「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」のメリット・デメリット、年会費、お財布レス(Apple Pay(アップルペイ)・Google Pay(グーグルペイ)・PayPay(ペイペイ)・au PAY・電子マネーなど)の相性等についてまとめました。

【2020年8月最新版】

スポンサーリンク

 


「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」はどんなクレジットカード?

「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」がどんなクレジットカードなのか、メリットや特典を含めた特徴をリストにすると、

・還元率は1%~・ポイントアップ店では1.5%還元以上
・貯まるポイントはPontaポイント
・年会費無料も可能
・家族カードは本会員が年会費無料なら無料
・ETCカード年会費無料・発行手数料1000円+税(発行手数料利用特典あり)
・auポイントプログラム ステージ制のスコア加算
・海外旅行傷害保険利用付帯最高2000万円
・国内旅行傷害保険付帯なし
・お買い物あんしん保険年額最高100万円
・国際ブランドはVISA/Mastercard
・Apple Payに登録可能(クイックペイとして利用)
・PayPay・楽天ペイ、d払い、auペイに登録可能
・楽天Edy、モバイルSuica、モバイルPASMOにチャージ可能

「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」は実質年会費無料、還元率1%のクレジットカードです。auユーザー以外も申し込み可能です。

「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」のメリット・特典

クレジットカードのメリットはどんな特典がついていてお得かということ。まずは特典についてです。

還元率は1%~・ポイントアップ店では1.5%還元以上

「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」は通常利用では100円(税込)につき1ポイントで、1%還元率です。

ポイントが200円につき3~5ポイントもらえる「au PAYポイントアップ店」での利用が猛烈にお得です。還元率は1.5~2.5%となり、高還元率なクレジットカードになります。

ポイントアップ店は次のとおり。お店が近くにある人はポイントがどんどん貯まりそうですね。

3ポイント店舗:
セブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、ヨークベニマル、Joshin(上新電機)、ノジマ、IDEMITSUなど
4ポイント店舗:
マツモトキヨシ、ベニーマート、ココス、かっぱ寿司、白木屋・魚民などモンテローザグループ、ビッグエコー、TOHOシネマズ、紀伊國屋書店、自遊空間、ドミノピザ、オリックスレンタカー、ユザワヤ、アート引越センターなど
5ポイント店舗:
スターバックスコーヒー、EPARKビューティー

たまるポイントはPontaポイント

※2020年5月21日~、au WALLET ポイントはPontaポイントになりました。

貯まるポイントはPontaポイント。1ポイント1円換算です。

使い方は
・au PAYカードの請求額支払いに使える
・au携帯料金の支払いに使える
・au PAY残高にチャージ
・au PAYマーケットショッピングに使える
・オプション品購入に使う
・デジタルコンテンツ購入に使う
等いろいろあります。

さらに「Pontaポイント」はいろいろな使い道があります。

有効期限は実質無期限可能

「Pontaポイント」は、貯めるor使うと、最終利用日 (最終のポイント加算日またはポイント利用日) から1年後の同日まで有効期限が延長になります。

契約年数に応じて加算される長期優待ポイントやauでんきなどの毎月定期的にもらえるポイントは、有効期限延長の対象外
<対象外のポイント例>
・マンスリーポイント (au、auひかり)、au STAR長期優待、長期優待ポイント
・auでんき
・東電ガス for au/中電ガス for au/関電ガス for au
・プラスポイント (無事故還元)

年会費無料も!

年会費は、2020年5月21日~以下になります。
au利用者:無料
au利用者以外:初年度無料、翌年度以降条件付き無料

※au PAY カードに登録されているau IDに紐付くau携帯電話(スマホ・タブレット・ケータイ・Wi-Fiルーターなど)、auひかり、auひかり ちゅら、UQ mobileの契約がない場合、かつ、当社所定の基準日から1年間カード利用*がない場合、翌年度は別途1250円 (税別) の年会費がかかります。

*各種手数料 (ETC発行手数料、ご利用明細書送付費用、遅延損害金など) を除く

家族カード

家族カードの年会費は無料です。

ただし、本会員の「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」に年会費が発生する場合、家族カード1枚につき年会費400円(税別)がかかります。

ETCカード

年会費は無料ですが、発行手数料は1000円(税別)※です。

※利用特典:発行から1年以内にETCカードを利用すると、利用特典として発行手数料相当額1000円(税別)を初回通行料支払いの翌月請求額から差し引いてもらえます。

ETCカード利用時にもポイントが付与されます。

auポイントプログラム ステージ制のスコア加算

ステージが上がるほどPontaポイントがよりたまりやすくなるauポイントプログラム ステージ制。au PAY カードの利用額に応じたスコア加算でステージアップすればさらにお得になります。

・au PAY(コード支払い)
・au PAY プリペイドカード(au WALLET プリペイドカード)
au PAY カード(au WALLET クレジットカード)(ゴールドカード含む)
購入1回で3スコア
5000円利用ごとに10スコア

その他条件は→公式サイト

旅行関連の補償やサービス

「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」は海外旅行等の補償やサービスも付帯しています。

海外旅行あんしん保険

海外旅行費用等を「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」で事前に支払った場合に補償されます。(利用付帯)

死亡後遺障害2,000万円
傷害治療200万円
疾病治療200万円
救援者費用等200万円
賠償責任2,000万円
携行品損害20万円(免責金額3000円)

国内旅行傷害保険の付帯はありません。

お買い物あんしん保険

国内・海外に関わらず、購入日を含めた90日以内に、偶然な事故(破損、盗難、火災等)によって損害が発生した場合、年間最高100万円まで補償されます。

自己負担額は1件あたり3,000円です。

紛失・盗難補償

「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」を紛失したり盗難にあったりして、不正利用されてしまった場合でも、紛失・盗難の連絡を受付けた日から起算して、60日前にさかのぼって補償されます。

「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」の国際ブランド

「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」の国際ブランドはVISA、MasterCardになります。

「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」とApple Pay(アップルペイ)

「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」をApplePayに登録すると、ポストペイ型の電子マネーQUICPay(QUICPay+)として使えるようになります。

ただし、VISAの「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」はWallet経由でのSuicaチャージには使えません。VISAをSuicaチャージに使うためにはiPhone向けのSuicaアプリ経由で行う必要があります。

また、VISAはWalletに登録してあっても、Apple Pay経由でのネット決済やアプリ内決済には使えません。一般にWallet経由でアプリ内決済ができるブランドはMasterCard,JCB,アメックスです。

MasterCardの「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」はWalletからSuicaへのチャージが可能で、Apple Payも制限なく使えます。

Apple Payをフルに活用したいならばMasterCardを選択するのが無難ですが、実店舗での利用がメインで、ネットやアプリ内決済をする必要がなければVisaでもそれほど問題にはならないと思われます。

「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」とGoogle Pay(グーグルペイ)

Google Pay(グーグル ペイ)での非接触型決済は、2019年5月末から一部のクレジットカードでiD・QUICPayの利用が可能になり、便利になりました。

「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」をGoogle Pay(グーグル ペイ)に登録することはできますが、登録してポストペイ型の電子マネーiD・QUICPayとして利用することはできません。

「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」とQRコード決済/スマホ決済

QRコード決済/スマホ決済は、それぞれチャージが必要だったり、登録したクレジットカードからの支払だったり、両方できたりと、コード決済によって違います。

QRコード決済/スマホ決済と「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」についてまとめると以下のようになります。

 「au PAYカード」を登録「au PAYカード」からチャージ
PayPay(ペイペイ)VISA,Mastercard×
楽天ペイVISA,Mastercard×
d払いVISA,Mastercard×(クレカ不可)
auPAY(auペイ)VISA,Mastercard
LINE Pay(ラインペイ)×
メルペイ×(クレカ不可)

還元率については、下記の記事で紹介しています。

電子マネーと注意点

「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」と電子マネーについてまとめると以下のようになります。

注意点は、チャージできる=ポイント付与がある、ということにはならない点です。

 VISA・MasterCard
楽天Edy
モバイルSuica
nanaco ×
WAON×
PASMO(パスモ)オートチャージ:不可
モバイルPASMO:可
QUICPay(QUICPay+)ApplePayで利用可
iD

○:チャージ可・ポイント付与あり
△:チャージ可・ポイント付与なし
×:チャージ不可

「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」のデメリット

「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」のデメリットは、auユーザー以外入会できない点です。

※2020年5月21日~、auユーザー以外にも開放されました。

まとめ

「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」は、セブンイレブンやイトーヨーカドーをはじめとした特約店での買い物でポイントが貯まりやすい、魅力的なカードです。

年会費も実質無料で、還元率1%の「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」は、auユーザーにとっては特に手頃なクレジットカードです。

国際ブランドVISA、MasterCard
カード発行会社KDDI フィナンシャルサービス
申し込み資格※2020年5月21日~、auユーザー以外にも開放
・個人利用のau IDをお持ちのお客さま
・満18歳以上(高校生除く)
・ご本人さままたは配偶者に定期収入のある方
年会費au利用者:無料
au利用者以外:初年度無料、翌年度以降条件付き無料
支払日(口座引落の場合)15日締め・翌月10日払い
貯まるポイントPontaポイント
※2020年5月21日以降、au WALLET ポイントはPontaポイントに変更
ポイントの有効期限貯めるor使うと、最終利用日 (最終のポイント加算日またはポイント利用日) から1年後の同日まで有効期限が延長
ETCカード年会費無料・発行手数料は1000円(税別)※
※利用特典:発行から1年以内にETCカードを利用すると、利用特典として発行手数料相当額1000円(税別)を初回通行料支払いの翌月請求額から差し引いてもらえる
家族カード年会費無料 
ただし、本会員の「au PAYカード(au WALLETクレジットカード)」に年会費が発生する場合、家族カード1枚につき年会費400円(税別)
海外旅行保険最高2000万円(利用付帯)
国内旅行保険
スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする