「無印良品」でSuica(スイカ)は支払い・決済方法に使える?使えない?

「無印良品」でSuica(スイカ)は支払い方法に使えるのか使えないのか知りたい!お得な情報も!

全世界で700店舗を展開する総合雑貨ショップ「無印良品」。衣料・食品から家具に至るまで扱う総品目は7000点に上るとか。グローバル企業なのでキャッシュレス決済の導入が進んでいるイメージがありますが、Suica(スイカ)は使えるのでしょうか。

今回の記事では「無印良品」でSuica(スイカ)を支払いに使えるのか、お得な利用方法があるのか等についてまとめました。

スポンサーリンク

「無印良品」でSuica(スイカ)は・・・?

結論から言えば、「無印良品」でSuica(スイカ)の利用は可能です。ただし店舗によっては対応していない場合があるので確認が必要です。

「無印良品」ではクレジットカード、一部の電子マネー、一部のQR決済を導入済みで、キャッシュレス化を実現しています。

⇒「無印良品」店舗検索(公式)

⇒デビットカードや電子マネーのご利用について(公式)

対応店舗でSuicaを利用するときは、以下のいずれかのパターンになります。

・iPhoneの場合:Apple Pay(アップルペイ)・モバイルSuica
・Androidの場合:モバイルSuicaアプリ
・Androidの場合:Google Pay(グーグルペイ)・モバイルSuica
・Suicaカード

iPhoneの場合:Apple Pay(アップルペイ)・モバイルSuicaで決済が可能

対応店舗でApple Pay・モバイルSuicaを使う場合は、レジでNFC読み取り端末にスマホをかざします。

SuicaをApple Payのエクスプレスカードに設定をしておくと、スリープ中でもSuicaで決済できるようになります。

レジで
→支払いは「スイカで」と伝え、スマホをかざす
→支払い完了

SuicaをApple Payのエクスプレスカードに設定していない場合

レジで
→Apple Pay(WALLET)を立ち上げる
→Suicaを選択
→支払いは「スイカで」と伝える
→ホームボタンに指をおいてTouch ID(またはFace ID)で認証
→NFC読み取り端末にスマホをかざす
→支払い完了

Apple Pay・モバイルSuicaはプリペイド型電子マネーのため、事前にチャージして残高がある状態でないと利用できません。

Androidの場合:モバイルSuicaアプリで決済が可能

対応店舗でモバイルSuicaアプリを使う場合は、レジでNFC読み取り端末にスマホをかざします。

レジで
→支払いは「スイカで」と伝え、スマホをかざす
→支払い完了

Androidの場合:Google Pay(グーグルペイ)・モバイルSuicaで決済が可能

対応店舗でGoogle Pay(グーグルペイ)・モバイルSuicaを使う場合は、レジでNFC読み取り端末にスマホをかざします。

レジで
→支払いは「スイカで」と伝え、スマホをかざす
→支払い完了

Suicaカードで決済が可能

対応店舗でSuicaカードを使う場合は、NFC読み取り端末にカードをかざします。

レジで
→支払いは「スイカで」と伝え、カードをかざす
→支払い完了

いずれの支払い方法であっても、Suicaはプリペイド型電子マネーのため、事前にチャージして残高がある状態でないと利用できません。

Suica(スイカ)を利用した時の還元率

Suica(スイカ)を利用した時の還元率は、クレジットカードに大きく依存します。

クレジットカード→Suicaへチャージ

ここでどれだけポイント付与されるかにより、還元率は変わってきます。

無印良品をお得に利用するには?

無印良品を便利でお得に利用するための情報を紹介します。知っているのと知らないのとでは大きく差が出るかもしれません。

「無印良品公式アプリ」を活用する

スマホ向けの「無印良品公式アプリ」に登録して無印メンバーになっておくと、お得なクーポンやキャンペーン情報、通販を利用することができます。

MUJI passport

MUJI passport
開発元:Ryohin Keikaku Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

MUJIマイルを貯めてショッピングポイントをゲット!

無印良品には「MUJIマイル」と「MUJIショッピングポイント」という、お得に利用するのに欠かせないシステムがあります。

無印良品の実店舗・ネットショップで買い物をすると、支払金額1円ごとに1マイルのMUJIマイルがもらえます。(無印メンバーへの登録が必要)

MUJIマイルはステージ制になっており、2万マイル・5万マイル・10万マイル・20万マイルで区切りになっています。

シルバー・・・年間2万円(2万マイル)
ゴールド・・・年間5万円(5万マイル)
プラチナ・・・年間10万円(10万マイル)
ダイヤモンド・・・年間20万円(20万マイル)

ステージ到達の翌日にはボーナスとしてMUJIショッピングポイントがプレゼントされます。

ステージごとに付与されるショッピングポイントは次のようになっています。

ステージMUJIマイル到達基準MUJIショッピングポイント
シルバー2万マイル(年間2万円)200ポイント付与
ゴールド5万マイル(年間5万円)300ポイント付与
プラチナ10万マイル(年間10万円)500ポイント付与
ダイヤモンド20万マイル(年間20万円)1,000ポイント付与

MUJIショッピングポイントは、ステージに到達した次の日に付与され、10ポイント10円単位で支払いに利用できます。還元率的には1.0%ということになります。

※MUJIショッピングポイントの有効期限は1か月です。
※MUJIマイルの到達ステージは毎年2月末日にリセットされます。

無印良品週間を活用

定期的に開催される「無印良品週間」。無印良品メンバーは10%OFFになります。

公式SNSアカウントにも注目

SNSのオフィシャルアカウントをフォローしていると、お得情報がゲットできるかも・・・。

⇒「無印良品」LINE公式アカウント

⇒「無印良品」Twitter公式アカウント

ヘビーユーザーには「MUJI Card」がおすすめ

無印良品の提携クレジットカード「MUJI Card」なら、無印良品での買い物でポイント高還元なのでおすすめです。

無印良品での利用でMUJIマイルと永久不滅ポイント(3倍)が両方貯まり、実質還元率は最大で1.8%。貯まったポイントはMUJIショッピングポイントに交換できます。

入会でMUJIショッピングポイントのプレゼントがあります。

⇒MUJIカード(公式)

『無印良品』の支払い方法・キャッシュレス対応状況

『無印良品』の支払い方法・キャッシュレス状況は次のようになっています。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)△(店舗による)
楽天ペイ×(使えない)
LINE Pay(ラインペイ)×(使えない)
メルペイ×(使えない)
d払い×(使えない)
au PAY(auペイ)×(使えない)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)△(店舗による)
楽天Edy△(店舗による)
nanaco(ナナコ)△(店舗による)
WAON(ワオン)△(店舗による)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む△(店舗による)
iD※Apple Pay・Google Pay含む△(店舗による)

※よく利用されると思われる支払い方法だけピックアップしています。

クレジットカードは以下のものが使えます。

VISA、Mastercard、JCB、AmericanExpress、Diners

無印良品のキャッシュレス対応は店舗によってまちまちです。

まとめ

「無印良品」でSuica(スイカ)は使えます。ただし、全ての店舗ではありません。

無印良品のキャッシュレス対応はかなり進んでいます。無人レジの導入も積極的に進めており、今後もキャッシュレス決済の手段が増えていくことが予想されます。

QR決済がいろいろ増えていくと、キャンペーンによってはお得に利用できる場合もあります。公式サイトやSNS等でキャンペーン情報は常にチェックして、チャンスを見逃さないようにしましょう。

なお、公式サイトに記載されていなくても電子マネーに対応している場合があります。電子マネーの公式サイトでは店舗名で検索できますから、事前に確認してみることをおすすめします。

店舗名で検索できる電子マネー
《nanaco》 ⇒nanacoが使えるお店
《楽天Edy》 ⇒Edyが使えるお店
《WAON》 ⇒WAONが使えるお店検索(公式)
《QUICPay》 ⇒QUICPayが使えるお店
《iD》 ⇒iDが使えるお店

QRコード決済については下記サイトで調べることができます。

「PayMap」公式

スポンサーリンク

シェアする

フォローする