「d払い」ならクレジットカード払いで二重取り!おすすめのクレカは?【2020年9月最新版】

「d払い」にクレジットカードを登録して利用したいとき、dカードはもちろんだけど、他も含めておすすめを知りたい!

通常、「d払い」と言えばおすすめクレジットカードはdカード。

が、dカードの他にも、クレジットカード払いで二重取りできる「d払い」におすすめのクレカはあるのでしょうか?

【2020年9月最新版】

スポンサーリンク

 


「d払い」におすすめのクレジットカード7選

「d払い」向きクレジットカードを選択するときのポイント

「d払い」は支払いで以下のdポイントがもらえます。

リアル店舗での支払い:200円(税込)につき1ポイント(0.5%還元率)
ネットでの支払い:100円(税込)につき1ポイント(1%還元率)

ドコモのクレジットカード「dカード」なら、「d払い」に紐付けして支払った時のクレジットポイント1%、「d払い」の支払いでもらえる0.5~1%の、二重取りが可能です。

次にdカード以外の場合、「d払い」に登録するクレジットカードを選択するときのポイントは2つ。

・クレジットカード利用時の還元率
・「d払い」の支払いでポイント付与があるクレジットカードか

還元率がよくないとクレジットカードを登録しても面白くありません。

さらに注意点はポイント付与があるかどうか。今のところほとんどのクレジットカードは「d払い」に紐付けして支払いに利用してもポイント付与はありますが(なかには1/2付与のものも)、auペイなど注意が必要なスマホ決済もあります。

dカード以外の場合、まずは上記2点を押さえることです。

「d払い」に登録できるクレジットカード

「d払い」は、クレジットカードや電話料金合算等で支払いができます。

①電話料金合算払い(ドコモユーザーのみ利用可能)
②クレジットカード払い
③dポイント充当
④口座払い

このうちクレジットカードに関係あるのは①②。ただし①はドコモユーザーのみのため、誰でも利用できるという点では②が重要になります。

②クレジットカード払いに登録・紐付けできるクレジットカードは、
JCBVISAMastercardアメックスで、利用前に3Dセキュアの登録が必要です。

3Dセキュア対応であれば、かなりの代表的な国際ブランドのクレジットカードがOKということになります。

「d払い」に登録して利用したときのポイント還元率・二重取りが可能

「d払い」は支払いで以下のdポイントがもらえます。

リアル店舗での支払い:200円(税込)につき1ポイント(0.5%還元率)
ネットでの支払い:100円(税込)につき1ポイント(1%還元率)

通常時、紐付けのクレジットカードが「dカード」以外は対象外といった条件はありません。(※キャンペーン時は異なる)

上記を踏まえた上で、主なクレジットカードについて還元率を表にすると以下のようになります。

 d払いクレカ合計
リクルートカード0.5%1.2%1.7%
楽天カード1%1.5%
dカード1%1.5%
ヤフーカード1%1.5%
au PAYカード1%1.5%
JCB CARD W1%1.5%
ビックカメラSuicaカード1%1.5%
イオンカードセレクト0.5%1%
三井住友カード0.5%1%
エポスゴールドカード0.5%1%
Visa LINE Payクレジットカード3%3.5%
クレカ利用せず0.5%0.5%

※リアル店舗での支払いの場合

「d払い」のキャンペーンは「dカード」が有利

キャンペーンの際は、「d払い」の支払い方法がdカード以外のクレジットカードは対象外(=電話料金合算払い、dカードでの支払い、口座払いが対象)のことがあります。

「d払い」のキャンペーンは割と頻繁に行われます。

「d払い」におすすめのクレジットカード7選とその理由

dカード=d払いで合計1.5%還元率

dカードの強みは、

・d払いのキャンペーンで優遇
・1%還元率
・貯まるポイントはdポイントで使いやすい

頻繁に開催される「d払い」のキャンペーンで優遇されるクレジットカード。

ドコモユーザー以外も入会可能で、1%還元率・年会費無料。

貯まるポイントはdポイントで使いやすさも問題なし。

クレジットカードでもお得、「d払い」キャンペーンでもお得です。

Visa LINE Payクレジットカード=3%還元率

Visa LINE Payクレジットカードの強みは、

・2021年4月30日まで3%還元率(それ以降は1%還元率)
・LINE Pay(ラインペイ)の「チャージ&ペイ」に利用できる唯一のクレジットカード

期間限定とはいえ、3%還元率のクレジットカードというだけで、他を圧倒します。

しかも「LINE Pay(ラインペイ)」の「チャージ&ペイ」に利用できる唯一のクレジットカード。

「d払い」にも紐付けできて(合計3.5%還元率)、クレジットカードでもお得、「LINE Pay(ラインペイ)」でもお得です。

リクルートカード=1.2%還元率

リクルートカードの強みは、

・1.2%還元率
・電子マネーチャージでも1.2%還元率(月間付与上限は合計3万円)

1.2%還元率で年会費無料。

しかもモバイルSuica等の電子マネーチャージでも月間合計3万円分まではポイント付与があります。

「d払い」にも紐付けできて(合計1.7%還元率)、クレジットカードでもお得、電子マネーでもお得です。

楽天カード=1%還元率

楽天カードの強みは、

・通常の還元率が1%
・楽天ペイなら1.5%還元率可能
・貯まるポイントは楽天ポイントで使いやすい

1%還元率で年会費無料。楽天グループでの利用ならSPUでさらにポイントアップが狙えます。

さらに楽天ペイで、楽天カードからのチャージ×支払いで二重取り、合計1.5%還元率可能。

貯まるポイントは楽天ポイントで使いやすさも問題なし。

「d払い」にも紐付けできて(合計1.5%還元率)、クレジットカードでもお得、楽天ペイでもお得です。

ヤフーカード=1%還元率

ヤフーカードの強みは、

・PayPayに登録して支払ってもPayPayボーナスがもらえる
・PayPay残高にチャージできる
・PayPayのキャンペーン対象になることが多い!

通常のクレジットカード利用であれば1%還元率で年会費無料。貯まるポイントはTポイントなので「ウエル活」で実質1.5%還元率も可能。

何よりもPayPayキャンペーンに強い!

「d払い」にも紐付けできて(合計1.5%還元率)、クレジットカードでもお得、PayPayのキャンペーンにも参加しやすいカードです。

ビックカメラSuicaカード=1%還元率

ビックカメラSuicaカードの強みは、

・1%還元率
・Suicaチャージで1.5%還元率のビューカード

通常利用で1%還元率、年会費は実質無料が可能です。

Suicaチャージで1.5%還元率のビューカードのうちの1枚。

「d払い」にも紐付けできて(合計1.5%還元率)、クレジットカードでもお得、Suicaチャージでもお得です。

JCB CARD W=1%還元率

JCB CARD Wの強みは、

・1%還元率で年会費無料
・スタバ、Amazon、セブンイレブンに強いで還元率アップ

39歳以下なら入会できる年会費無料で還元率1%のクレジットカードです。

何よりも、スターバックス、Amazon(アマゾン)、セブンイレブンでの利用なら還元率をアップでき、3つ合わせれば10%も可能な点は秀逸。

スタバ好き、Amazon(アマゾン)派なら他には代えがたいものがあります。

「d払い」にも紐付けできて(合計1.5%還元率)、クレジットカードでもお得です。

結局どれを選択するのがベストか

dカードを含めて「d払い」におすすめのクレジットカードをピックアップしましたが、結局どれを選択するのがベストなのか悩むところです。

「d払い」のキャンペーンを利用したいならdカード

3%還元率に魅かれる&ラインペイを使うならVisa LINE Payクレジットカードで決まりです。

それ以外については、他の電子マネーやスマホ決済との兼ね合いですが、個人的には年会費無料でスターバックス、Amazon(アマゾン)、セブンイレブン合計還元率10%のJCB CARD Wは捨てがたいですね。

クレジットカードが利用できない店舗で、クレジットカードを登録して間接的にクレカを利用すればお得になります。

自分に合った1枚を選択しましょう。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする