「三井住友カード」メリット特典,デメリット,Apple Pay,Google Pay,iD,auPAY等まとめ【2020年10月最新版】

「三井住友カード」ってどんなクレジットカード?メリット・デメリットは?

今回の記事では、「三井住友カード」はどんなクレジットカードなのか、メリット・特典、デメリット、ApplePay(アップルペイ)、Google Pay(グーグルペイ)、iD(アイディー)auPAY(auペイ)に登録できるのか等まとめました。

【2020年10月最新版】

スポンサーリンク

 


「三井住友カード」のメリット・特典

「三井住友カード」のメリットや特典は、
○コンビニ3社とマクドナルドでポイント5倍
○選んだお店でポイント2倍!
○USJなどココイコ!でポイントアップ
○ポイントアップモール経由でポイントUP
○会員向けチケットサービス・Vpassチケットで優待
○年会費無料も可能
○海外旅行傷害保険利用付帯最高2000万円
○VISAブランドでタッチ決済(コンタクトレス決済)搭載
○三井住友カードWAON発行可能(チャージ可)
等があります。

コンビニ3社とマクドナルドでポイント5倍

「三井住友カード」の特典の一つは、コンビニ3社(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン)とマクドナルドでポイントが5倍になることです。

家族カードおよび対象カードを登録しているiD、Apple Pay、 Google Payの利用も対象です。

ApplePay(アップルペイ)、Google Pay(グーグルペイ)も対象なので、カードを持ち歩かなくてもスマホ1つでコンビニへ行けて便利ですね。

※LINE Pay・楽天ペイ・PayPay・ローソンスマホペイは対象外

選んだお店でポイント2倍!

「三井住友カード」の特典の一つは、対象の店舗を最大3つまで登録して利用すると、ポイントが通常の2倍になることです。

※お店は3つまで登録でき、一度登録したお店については90日間変更不可

<対象店舗>
コンビニ:デイリーヤマザキ、セイコーマート、アズナス、ポプラ
スーパー:ライフ、西友、ヤオコー、アピタ、イズミヤ、阪急オアシス、平和堂、イズミ、コープこうべ、オークワ、ピアゴ、フレスコ、相鉄ローゼン、京王ストア、フジ、京急ストア、ワイズマート
ドラッグストア:マツモトキヨシ、クリエイト、トモズ、クスリのアオキ、ヤックスドラッグ、mac、大賀薬局
カフェ・ファストフード:スターバックス カードオンラインチャージ、すき家、ドトールコーヒー・エクセルシオールカフェ、プロント、ファーストキッチン

→(公式サイト)選んだお店でポイント2倍

USJ派なら三井住友カード

三井住友カードはユニバーサル・スタジオ・ジャパンのオフシャル・マーケティング・パートナーです。

「三井住友カード」を利用すると、利用金額200円(含む消費税等)につきVポイント 1 ポイントが貯まります。

貯めたVポイントをUSJのチケットに交換できます。
・7500ポイント→スタジオ・パス

「三井住友カード」には「ココイコ!」という、エントリーするとお店でポイントアップできるサービスがあります。

①事前に行きたいお店にエントリー
②特典選択
③エントリーした「三井住友カード」で支払い
④特典ゲット

何回でも利用可能です。

USJパーク内のカードが利用できる店舗のほか、WEBチケットストアでのチケット購入も「ココイコ!」の対象です!(エントリー要)

ポイントアップモールでポイントアップ

「ポイントアップモール」は三井住友カード会員専用のポイント優待サイトです。ポイントアップモールを経由して買い物をするだけでポイントが貯まります。

Amazon(アマゾン)も対象で、ほとんどの商品でポイント2倍=1%還元率になります。(対象外商品あり)

ポイントアップモール

還元率0.5%~

「三井住友カード」を利用すると、利用金額200円(含む消費税等)につきVポイント 1 ポイントが貯まります。

1ポイント=1円相当なので、ポイント還元率は0.5%。

コンビニ3社(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン)とマクドナルドでポイントが5倍になります。

そのほかにもポイントアップモールやココイコ!を使うと、ポイントアップが可能です。

ポイント還元率0.5%~

Vポイントの有効期限

「三井住友カード」を利用して貯まるポイントは、「Vポイント」です。

「Vポイント」の有効期限はポイント獲得月から2年間です。

「Vポイント」の交換先は下記の記事で紹介しています。

会員向けチケットサービス・Vpassチケットで優待

「三井住友カード」があれば、Vpassチケットを利用することができます。

カード会員用貸切公演もあるので、宝塚ファンなら要チェックです。

年会費無料のチャンスも

通常の年会費は1250円+税ですが、インターネットから入会すると初年度年会費無料です。

さらに年会費を割引にする方法もあります。無料にすることも可能です。

家族カード

1人目は初年度無料で、翌年度以降は家族カードで前年に3回以上の買物利用があった場合、無料になります。

2人目から400円(税抜)です。

ETCカード

ETCカードは年会費無料で利用可能ですが、入会翌年度以降、前年度に一度もETCカードの利用がない場合は、ETCカード年会費500円(税抜)が必要になります。

旅行保険・付帯保険・その他

海外旅行保険

「三井住友カード」は海外旅行傷害保険が付帯されます。(利用付帯)

補償内容は次のようになっています。

保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高2000万円(利用付帯)
傷害治療費用50万円(1事故の限度額)
疾病治療費用50万円(1疾病の限度額)
個人賠償責任2000万円(1事故の限度額)
携行品損害(免責3000円)15万円
救援者費用等100万円

国内旅行保険

「三井住友カード」は国内旅行傷害保険は付帯していません。

ショッピング保険

「お買物安心保険(動産総合保険)」がついています。

「三井住友カード」で購入した品物の破損・盗難が発生した場合、購入日から200日間補償されます。(年間最高100万円を補償。自己負担額1回の事故につき3000円)

※海外での利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)の利用のみ対象
※一部補償の対象とならない商品・損害あり

「三井住友カード」の国際ブランド

「三井住友カード」は申し込み時に、VISA・Mastercardの2種類から選択できます。

「三井住友カード(VISA)」はVisaのタッチ決済が使える!

VISAのタッチ決済とは、上記マークがある店舗で、レジにあるリーダーに非接触対応のVisaカードをタッチするだけで支払いができる決済方法です。

「三井住友カード(VISA)」はVISAのタッチ決済が利用できます。

利用方法もかんたんです。上記のマークがある店舗で、「三井住友カード(VISA)」を読み取り端末かざすだけ。

会計時は「VISAのタッチで支払います」と伝えてかざします。

「三井住友カード」とApple Pay(アップルペイ)

「三井住友カード」をApplePayに登録すると、ポストペイ型の電子マネーiD(アイディー)として使えるようになります。

ただし、VISAの「三井住友カード」はWallet経由でのSuicaチャージには使えません。VISAをSuicaチャージに使うためにはiPhone向けのSuicaアプリ経由で行う必要があります。

また、VISAはWalletに登録してあっても、Apple Pay経由でのネット決済やアプリ内決済には使えません。一般にWallet経由でアプリ内決済ができるブランドはMasterCard,JCB,アメックスです。

MasterCardの「三井住友カード」はWalletからSuicaへのチャージが可能で、Apple Payも制限なく使えます。

「三井住友カード」とGoogle Pay(グーグルペイ)

Google Pay(グーグル ペイ)での非接触型決済は、2019年5月末から一部のクレジットカードでiD・QUICPayの利用が可能になり、便利になりました。

「三井住友カード」をGoogle Pay(グーグル ペイ)に登録し、ポストペイ型の電子マネーiDとして利用することができます。

「三井住友カード」とQRコード決済/スマホ決済

「三井住友カード」とPayPay(ペイペイ)

VISA,MasterCardである「三井住友カード」はPayPayに登録することができます。

「三井住友カード」と楽天ペイ

VISA,MasterCardである「三井住友カード」は、楽天ペイに登録して利用することができます。

→利用できるクレジットカードの種類(公式)

「三井住友カード」とd払い

 

登録できるクレジットカードは、JCB、VISA、Mastercard、アメックスで、利用前に3Dセキュアの登録が必要です。

「三井住友カード」は「d払い」に利用できます。

「三井住友カード」とauPAY(auペイ)

auPAY(auペイ)で利用できるのは、
auユーザーの場合もauユーザー以外の場合も、Mastercardの「三井住友カード」
になります。

QRコード決済/スマホ決済と「三井住友カード」についてまとめると

QRコード決済/スマホ決済は、それぞれチャージが必要だったり、登録したクレジットカードからの支払だったり、両方できたりと、コード決済によって違います。

QRコード決済/スマホ決済と「三井住友カード」についてまとめると以下のようになります。

 「三井住友カード」を登録「三井住友カード」からチャージ
PayPayVISA,Mastercard×
楽天ペイVISA,Mastercard×
d払いVISA,Mastercard×(クレカ不可)
auペイMastercard
LINE Pay×
メルペイ×(クレカ不可)

還元率については以下の記事で紹介しています。

電子マネーと注意点

WAON

「三井住友カード」を持っていると三井住友カードWAONが発行できます。年会費は無料、発行手数料 300円(含む消費税等)がかかります。

「三井住友カード」から三井住友カードWAONへのチャージはできますが、チャージでポイントは付与されません。

一般のWAONにチャージできるのは、主にイオン系クレジットカード、JALカードになります。そのうちでもポイントが付与されるものとなると、ごく少数です。

「三井住友カード」と電子マネーについてまとめると

 VISA・MasterCard
楽天Edy
モバイルSuica
nanaco ×
WAON三井住友カードWAON発行可
PASMO(パスモ)△(モバイルPASMOの場合)
QUICPay(QUICPay+)
iDApplePay・Google Payで利用可
そのほかにも・専用カード・クレジットカード一体型・おサイフケータイで可

○:チャージ可・ポイント付与あり
△:チャージ可・ポイント付与なし
×:チャージ不可

「三井住友カード」のデメリット

「三井住友カード」のデメリットは、基本還元率が0.5%と低いことです。

また、紙のご利用代金明細書については、2020年9月26日以降の支払い分より順次、所定の手数料(1通当たり99円(税込))負担が必要になります。

その点は残念です。

まとめ

「三井住友カード」と言えば、ほとんどの人が聞いたことがあるのではないでしょうか。

年会費はインターネットからの入会なら初年度無料。2年目以降も1250円+税を割引する方法もあり、無料にすることも可能です。

オーソドックスなクレジットカードとして「三井住友カード」はおすすめの1枚です。

国際ブランドVISA、MasterCard
カード発行会社三井住友カード
申し込み資格満18歳以上の方(高校生は除く)
年会費インターネットから入会の場合、初年度年会費無料
1250円+税(年会費割引特典あり)
締め日・引き落とし日15日締め翌月10日払い/月末締め翌月26日払い(選択可)
貯まるポイントVポイント
ポイントの有効期限ポイント獲得月から2年間
ETCカード年会費:500円+税
・入会初年度無料
・翌年度以降は、前年度に1回以上ETC利用の請求があれば無料
家族カード1人目は初年度無料 通常 400円+税
※家族カードでの前年の買物利用回数が3回以上の場合無料
海外旅行傷害保険最高2000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする