PayPay(ペイペイ)の注意点・落とし穴!チャージできる銀行やクレジットカード、利用上限、有効期限など【2020年11月最新版】

ソフトバンクとYahoo!が手を組んで運営しているPayPay(ペイペイ)。100億円還元など大規模キャンペーンの効果もあって、爆発的に普及しています。

キャッシュレス時代の到来を強力に後押しするPayPay(ペイペイ)ですが、誰でも便利で得をするというわけではないようです。落とし穴や注意点について順番に解説していきます。

【2020年11月最新版】

スポンサーリンク

 


PayPay(ペイペイ)の支払い方法

・PayPay残高から支払う方法
・登録したクレジットカードから支払う方法

があります。

よくキャンペーンが行われるのはPayPay残高や登録したカードがヤフーカードによる支払いです。

2020年4月15日~「PayPayあと払い(一括のみ)」も始まりました。
・支払い時に、PayPay残高がなくてもチャージ不要で買い物可能
・利用額は翌月にまとめて支払い(清算時に300円(税込)/月の手数料)
※ただし、誰でも利用できるわけではありません。申し込み対象となる場合はPayPayアプリトップに「あと払い」アイコンが表示され、「あと払い」アイコンタップ後に表示される画面から利用申し込みができます。
※審査があります。
※2020年夏以降すべてのユーザーが申し込み可能になる予定です。

PayPay残高(ペイペイ残高)へのチャージ方法

PayPay残高へチャージする方法は以下です。

・銀行口座 →方法
本人認証サービス(3Dセキュア)に登録済みのYahoo!JAPANカード(ヤフーカード)
・セブン銀行ATMから現金チャージ →方法
・ヤフオク!・PayPayフリマの売上金
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・PayPayギフトカード

ペイペイにチャージできなかった場合については下記の記事で紹介しています。

UFJは未対応!チャージできる銀行に注意

PayPay残高にチャージできる銀行は限られています。

たとえばデビットカードが発行できるということで近年人気が高まっている三菱UFJ銀行は預金払いに対応していないので、PayPayのチャージには使えません。(2020年9月現在)

チャージの上限金額

チャージの上限金額は以下になります。

○青いバッジがついている+本人認証設定済みヤフーカード

過去24時間過去30日間
25万円25万円

○本人認証設定済みヤフーカード

過去24時間過去30日間
2万円5万円

○銀行口座

過去24時間過去30日間
50万円200万円

○ヤフオク!の売上金

過去24時間過去30日間
50万円200万円

○ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い

別途ソフトバンク・ワイモバイル側で設定されている上限金額

○セブン銀行ATMから現金チャージ

1回あたりのチャージは1000円~。上限は50万円。

Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード)は特別扱い

PayPay残高へのチャージができるクレジットカードが1つあります。それはもちろん、Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード)です。

また、PayPay残高による支払いに対して行われる高還元キャンペーンでは、Yahoo!JAPANカードによる支払いも同等に近い還元があったりします。

Yahoo!JAPANカードは自社カードだけにVIP待遇です。

クレジット払いはVISAとMastercardのみ!?

PayPayのクレジット払いに対応しているクレジットカードは、原則としてVISAとMastercardだけです。

が、Yahoo!JAPANカードだけは例外で、JCBもOKです。

VISAとMastercardはPayPayに登録してクレジット払いができるだけで、PayPay残高へのチャージには使えない点に注意が必要です。

PayPay残高による支払いに対して行われる高還元キャンペーンは、クレジットカード払いは対象外です。通常の特典も対象外です。

ただし例外もあります。Yahoo!JAPANカードによる支払いも同等に近い還元があったりします。

支払う方法は

お店の人に、「PayPay(ペイペイ)で」と言って支払います。

QRコードの掲示がある場合

1.スマートフォンでお店のQRコードを読み取る
2.お会計金額を入力する
3.お店の人が画面を確認してお会計が完了

お店にバーコードを見せる場合

1.お店の人にバーコードを提示
2.お店の人がバーコードを読み取る
3.お会計が完了

利用上限は50万円まで

PayPay残高からの支払い上限は、過去30日内で200万円、1日(過去24時間)で50万円と決められています。

1日に50万円以上の高額決済には使えないので、家電などの大きな買い物や大量買いの際には注意が必要です。

なお、クレジットカード(本人認証済)からの支払い上限は1ヶ月に5万円、1日の上限は2万円です。クレジットカードの遣い過ぎや不正利用を防ぐためのリミッターとして2019年2月に設定されました。

ただし、青いバッジがついている&クレジットカード(本人認証済)からの支払い上限は1ヶ月に25万円、1日の上限は25万円です。

さらに、本人認証されていないクレジットカードの場合は上限額が1日5,000円、1ヶ月5,000円に制限されます。

尚、一度に保有できるPayPay残高の上限額は、PayPayマネーは500万円、PayPayマネーライトは100万円までです。

また、自分で、1日ごと・1カ月ごとの利用可能上限額を設定できます。(変更時にはSMSを使った認証が必要)

自身の使いすぎ防止になるほか、不正利用対策の強化にもつながります。

残高以上の支払いにクレカは原則併用できないが、ヤフーショッピングは可能

PayPay残高が5,000円の場合、5,001円の買い物はできません。不足分の1円が自動的に登録クレジットカードから引き落とされるような仕組みにはなっていません。

ただし、一部併用可能な店舗があります。例えば、
Yahoo!ショッピング

購入金額よりPayPay残高が不足している場合は、不足分の支払い方法として「クレジットカードと併せて利用」で、カードを選択できます。

公式サイト

加盟店舗数はどんどん増えている

PayPay(ペイペイ)が爆発的に普及し、利用可能店舗数は194万店舗ほどになっています。(2020年2月)

PayPay/登録ユーザー(ダウンロード数)も3000万人を突破しました。

ネットショップはヤフー関連中心

PayPayはネットショップでのオンライン決済にも使えます。

PayPayモール、PayPayフリマ、ヤフーショッピング、ヤフオク、ロハコ、ebook等、ヤフー関連を中心に増え始めました。

PayPay(ペイペイ)は請求書払いも可能

「PayPay(ペイペイ)」残高支払いで、公共料金等の支払いが可能になりました。

払える先もどんどん増えています。

PayPay残高の4つの種類

PayPayマネー本人確認後に銀行口座やセブン銀行ATM、ヤフオク!の売上金を利用してPayPay残高にチャージした残高。 
・出金や、PayPay残高を送る機能、わりかん機能で友だちに送ることが可能。
PayPayマネーライトYahoo! JAPANカードや、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを利用してPayPay残高にチャージした残高。
・PayPay残高を送る機能や、わりかん機能で友だちに送ることが可能。(出金不可)
PayPayボーナス特典やキャンペーン等の適用に伴い、PayPay残高に進呈された残高。
・PayPay残高を送る機能や、わりかん機能では使用不可。
PayPayボーナスライト特典やキャンペーン等の適用に伴い、PayPay残高に進呈された残高。
・PayPay残高を送る機能や、わりかん機能では使用不可
・有効期間が設定されており、有効期間を過ぎると失効
・Yahoo! JAPANが付与するPayPayボーナスライトを利用する際には、Yahoo! JAPAN IDの連携が必要

PayPayマネーの場合、出金することができます。

※2019年9月30日にYahoo!マネーのサービスは終了し、手続きをすると、Yahoo!マネー残高は引き継がれて、PayPayマネーまたはPayPayマネーライトとして利用できるようになります。

手続き要

PayPayボーナスライトには有効期限あり

PayPay残高には4つの種類があります。

 有効期限PayPay残高での支払い時の優先順位
PayPayマネー無期限4
PayPayマネーライト無期限3
PayPayボーナス無期限2
PayPayボーナスライト付与日の翌日から起算して60日1

PayPayボーナスライトの有効期限は、60日間です。PayPayボーナスライトから優先して支払われるので、定期的に使い続けていれば問題にならないと思いますが、有効期限があるということだけ抑えておきましょう。

基本還元率は0.5%~

「PayPay(ペイペイ)」の基本還元率は2020年4月~、以下になっています。

◆PayPay残高、PayPayあと払い(一括のみ)またはヤフーカードで支払った場合の、基本となる付与率が0.5%(ヤフージャパンの対象サービスは1%)
◆◆前月に100円以上の決済回数が50回以上あった場合、付与率が0.5%アップし1%(または1.5%)
◆◆◆前月の決済金額が10万円以上だった場合は、付与率がさらに0.5%アップし、最大1.5%(または2%)

■カウント期間の利用状況を反映した特典の適用期間:当月1日 8:00 ~ 翌月1日 7:59
■利用のカウント期間:前月1日 0:00 ~ 前月末日 23:59

※ PayPayのオンライン加盟店、請求書払いサービスおよびYahoo! JAPANの対象サービスはPayPay残高での支払いのみ可能。ヤフーカード不可。

PayPay残高・PayPayあと払い(一括のみ)0.5%還元率~ 
Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード)
その他のクレジットカード特典なし

※「1回の支払いにおける付与上限」は7500円相当、「1カ月の付与合計上限」は15000円相当

また、2020年10月1日~、PayPayモール特典が追加されました。


公式サイト

「PayPay連携」「対象サービス利用」「クレジットカード利用」「プレミアム会員(またはスマホ設定)」の4つの条件を達成すると、PayPayモール、ヤフーショッピング、ロハコの買い物における付与率がアップします。

■カウント期間の利用状況を反映した特典の適用期間:カウント期間の翌月1日12:00~カウント期間の翌々月1日11:59
■利用のカウント期間:毎月1日0:00~同月末日23:59

まとめ:注意点を踏まえた上で便利・お得に使う

以上、PayPayの落とし穴や問題点についてでした。注意点を踏まえた上で上手に活用すればPayPayはとても便利で快適なキャッシュレスライフを提供してくれます。

対応店舗数やクレジットカード・対応銀行も順次増えていくことが予想されますので、今後もPayPayからは目が離せません。

まだインストールしていない人は下のバナーからどうぞ。

【iOS版】

【Android版】

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする