「リクルートカード」×電子マネー(楽天Edy・Suica・nanaco・PASMO等)還元率比較【2021年最新版】

「リクルートカード」×電子マネー対応状況は?還元率で一番お得なのは!?

「リクルートカード」は年会費無料・1.2%還元率の大人気のクレジットカード。

「リクルートカード」は主な電子マネーで何にチャージできるのか、還元率・ポイント付与はどのくらいになるのか、「リクルートカード」×主な電子マネー(楽天Edy(エディ)・モバイルSuica(スイカ)・nanaco(ナナコ)・WAON(ワオン)・PASMO(パスモ)・スマートICOCA(イコカ)・QUICPay(クイックペイ)・iD(アイディー))について比較・確認してみました。

【2021年最新版】

「リクルートカード」は申し込み時に、JCB・VISA・Mastercardの3種類から選択できます。

スポンサーリンク

「リクルートカード」は電子マネーで何が使える?

まずは「リクルートカード」で使える電子マネー(楽天Edy(エディ)・モバイルSuica(スイカ)・nanaco(ナナコ)・WAON(ワオン)・PASMO(パスモ)・スマートICOCA(イコカ)・QUICPay(クイックペイ)・iD(アイディー))について確認です。

表にまとめると以下のようになります。

 VISA、MasterCardJCB
楽天Edy
モバイルSuica
nanaco × ×
WAON××
PASMO(パスモ)オートチャージ:×
モバイルPASMO:可
オートチャージ:×
モバイルPASMO:可
SMART ICOCA
QUICPay(QUICPay+)Apple Payで利用可Apple PayGoogle Payで利用可
iD

○:チャージ可・ポイント付与あり
△:チャージ可・ポイント付与なし
×:チャージ不可

「リクルートカード」には電子マネーチャージのポイント付与に関して制限があります。
ポイント付与は電子マネー利用金額合計が月間30000円までという制限です。利用金額の対象はそれぞれの電子マネーの合計金額ではなく、すべての電子マネーの合算金額です。

公式サイト

また、「リクルートカード」はクレジットカードとして利用した場合、基本的に1.2%還元率です。

「リクルートカード」×「楽天Edy(エディ)」の還元率

「リクルートカード」から「楽天Edy(エディ)」へチャージはできます。

VISA/Mastercardの場合、チャージでポイント付与はあり、ポイント付与還元率は1.2%です。

ポイント付与は電子マネー利用金額合計が月間30000円まで

一方、「楽天Edy」は、支払い200円(税込)につき1ポイント貯まります。(0.5%還元率)

①「リクルートカード」から「楽天Edy(エディ)」へチャージ:(VISA/Mastercard)1.2%還元率
 +
②「楽天Edy」で支払い:0.5%還元率
 = 
合計で1.7%還元率

「リクルートカード」からチャージ×「楽天Edy(エディ)」なら1.7%還元率(VISA/Mastercard)が可能です。

「リクルートカード」×「モバイルSuica(スイカ)」の還元率

「リクルートカード」から「モバイルSuica(スイカ)」へチャージは可能です。

チャージした場合ポイント付与はあり、ポイント付与還元率は1.2%です。

ポイント付与は電子マネー利用金額合計が月間30000円まで

一方、「Suica(スイカ)」で支払い時の還元率は以下です。

◆乗車・Suicaグリーン券・モバイルSuica定期券の購入で、JREポイントが貯まります。モバイルSuicaで2%、カードタイプのSuicaで0.5%の還元率になります。
※JRE POINT WEBサイトに登録時
 モバイルSuicaカードタイプのSuica
Suicaのチャージ残高での鉄道乗車50円ごとに1ポイント200円ごとに1ポイント
Suicaグリーン券の購入50円ごとに1ポイント200円ごとに1ポイント
モバイルSuica定期券の購入50円ごとに1ポイント

◆エキナカ・街ナカの”Suica登録して貯まる”マークがあるお店(加盟店)では、Suicaでの支払い時にもJREポイントが貯まります。100円or200円(税込)ごとに1ポイント(0.5~1%還元率)
※JRE POINT WEBサイトに登録時
◆”Suica登録して貯まる”マークがあるお店以外(加盟店以外):付与なし

①「リクルートカード」から「モバイルSuica(スイカ)」へチャージ:1.2%還元率
 +
②「モバイルSuica(スイカ)」で乗車・定期券購入:2%還元率
②「モバイルSuica(スイカ)」で買い物(加盟店):0.5~1%還元率
②「モバイルSuica(スイカ)」で買い物(加盟店以外):付与なし
 = 
合計で
③「モバイルSuica(スイカ)」で乗車・定期券購入:3.2%還元率
③「モバイルSuica(スイカ)」で買い物(加盟店):1.7~2.2%還元率
③「モバイルSuica(スイカ)」で買い物(加盟店以外):1.2%還元率

「リクルートカード」からチャージ×「モバイルSuica(スイカ)」なら乗車・定期券購入3.2%還元率 or 買い物(加盟店)1.7~2.2%還元率 or 買い物(加盟店以外)1.2%還元率です。

「リクルートカード」×「nanaco(ナナコ)」の還元率

「リクルートカード」から「nanaco(ナナコ)」へチャージはできません。

2020年3月11日までに登録済の場合、「リクルートカード」からnanacoへのチャージは可能で、ポイント付与ありです。

一方、「nanaco(ナナコ)」で支払い時の還元率は以下です。

全国のnanacoマークのある店で「nanaco(ナナコ)」で支払うと、支払い200円(税抜)につき1nanacoポイント貯まります。(0.5%還元率)
※店舗によっては、キャンペーンでポイントアップすることあり(セブンイレブン等)

※2020年3月11日までに登録済の場合
①「リクルートカード」から「nanaco(ナナコ)」へチャージ:1.2%還元率
 +
②「nanaco(ナナコ)」で支払い:0.5%還元率
 = 
合計で1.7%還元率

「リクルートカード」からチャージ×「nanaco(ナナコ)」なら1.7%還元率が可能です。

「リクルートカード」×「WAON(ワオン)」の還元率

残念ながら、「リクルートカード」から「WAON(ワオン)」へのクレジットチャージはできません。

WAON(ワオン)にチャージできるクレジットカードは、主にイオン系クレジットカード、JALカード(JMB WAON)、三井住友カード(三井住友カードWAON)になり、さらにポイント付与があるのはその一部になります。

「リクルートカード」×「PASMO(パスモ)」の還元率

「リクルートカード」はパスモオートチャージに利用できませんが、モバイルPASMOの都度チャージには利用できます。

チャージした場合ポイント付与はあり、ポイント付与還元率は1.2%還元率です。

ポイント付与は電子マネー利用金額合計が月間30000円まで

※公式サイトにモバイルPASMOについてはっきりとした記載はありませんが、モバイルSuica同様ポイント付与ありとして検討しています。

一方、「モバイルPASMO(パスモ)」で支払い時の還元率は以下です。

◆メトロポイントクラブ(メトポ)に登録した「モバイルPASMO(パスモ)」を使って、定期券・企画券区間外を乗車するとポイントが貯まります。

デイリーポイント(平日):3ポイント/1日
ホリデーポイント(土日祝日):4ポイント/1日
ボーナスポイント:10ポイント/1ヶ月に10回乗車するごと

◆メトロポイントクラブ(メトポ)には、買い物でポイントが貯まるようなサービスはありません。
※To Me CARDに紐づいたPASMO(パスモ)の場合、メトロポイントPlusに登録すると、乗車やメトロポイントPlus加盟店でのショッピングでメトロポイントを貯めることができます。

①「リクルートカード」から「モバイルPASMO(パスモ)」へチャージ:1.2%還元率
 +
②「モバイルPASMO(パスモ)」で乗車(定期券・企画券区間外):3ポイント~
②「モバイルPASMO(パスモ)」で買い物:付与なし
 = 
合計で
③「モバイルPASMO(パスモ)」で乗車:乗車(定期券・企画券区間外)次第
③「モバイルPASMO(パスモ)」で買い物:付与なし

「リクルートカード」からチャージ×「モバイルPASMO(パスモ)」は、1.2%還元率にプラスアルファは定期券・企画券区間外の乗車次第、ということになります。

「リクルートカード」×「SMART ICOCA(スマート イコカ)」の還元率

SMART ICOCA(スマートイコカ)は現金なしで簡単にチャージができ、決済用カードがJ-WESTカードの場合「J-WESTポイント」が貯まる、便利でおトクなJR西日本のICカードです。(ICOCAポイントサービスも登録不要で利用できます。)

「リクルートカード」から「SMART ICOCA(スマートイコカ)」へチャージはできます。

VISA/Mastercardの場合、「SMART ICOCA(スマートイコカ)」チャージでポイント付与はあり、ポイント付与還元率は1.2%還元率です。

ポイント付与は電子マネー利用金額合計が月間30000円まで

一方、「SMART ICOCA(スマートイコカ)」で支払い時の還元率は以下です。

乗車の場合
◆時間帯指定ポイント:
1カ月間(1日~末日)の時間帯指定ポイント適用区間の区間(グループ)ごとの4回目以降のご利用1回ごとに、運賃の50%または30%のポイントが貯まります。
◆利用回数ポイント:
1カ月間
(1日~末日)の同一運賃区間の11回目以降の利用1回ごとに、運賃の10%のポイントが貯まります。こどもICOCAご利用の場合は、小児運賃の10%のポイントが貯まります。
※ ICOCA定期券区間外

公式サイト

※上記加盟店のうち、北陸、関西、中国、山陰、四国エリアの店舗に限る(ルクア大阪ロフト、天王寺MIOロフト等の一部店舗を除く)

買い物の場合
◆原則として、加盟店での1か月間の利用に応じて、200円につき1ポイントが貯まります。(0.5%還元率)
※ICOCAポイントサービスに登録時
※店舗によっては、キャンペーンでポイントアップすることあり
◆ICOCA加盟店以外:付与なし

①「リクルートカード」から「SMART ICOCA(スマートイコカ)」へチャージ:(VISA/Mastercard)1.2%還元率
 +
②「SMART ICOCA(スマートイコカ)」で乗車(定期券区間外):乗車状況次第
②「SMART ICOCA(スマートイコカ)」で買い物(加盟店):0.5%還元率
②「SMART ICOCA(スマートイコカ)」で買い物(加盟店以外):付与なし
 = 
合計で
③「SMART ICOCA(スマートイコカ)」で1.2%還元率+定期券区間外の乗車次第
③「SMART ICOCA(スマートイコカ)」で買い物(加盟店):1.7%還元率
③「SMART ICOCA(スマートイコカ)」で買い物(加盟店以外):1.2%還元率

「リクルートカード」からチャージ×「SMART ICOCA(スマートイコカ)」なら定期券区間外の乗車次第+1.2%還元率 or 買い物(加盟店)1.7%還元率 or 買い物(以外)1.2%還元率となります。

「リクルートカード」×「QUICPay(クイックペイ)」の還元率

「リクルートカード」で「QUICPay(QUICPay+)」を使う方法は、
◆iPhone・Apple Pay(アップルペイ)に登録
◆Android・Google Pay(グーグルペイ)に登録
(Google Pay(グーグルペイ)にVISA/Mastercardブランドは登録できません。)

「QUICPay」は事前にチャージするタイプの電子マネーではないため、クレジットカードからチャージでのポイント付与はありません。

「QUICPay(QUICPay+)」での支払い時のポイントのみとなり、「リクルートカード」の1.2%還元率となります。

「リクルートカード」×「iD(アイディー)」の還元率

残念ながら、「リクルートカード」で「iD(アイディー)」は使えません。

「リクルートカード」×電子マネーの還元率・比較結果をまとめると

「リクルートカード」と主な電子マネー(楽天Edy(エディ)・モバイルSuica(スイカ)・nanaco(ナナコ)・WAON(ワオン)・PASMO(パスモ)・スマートICOCA(イコカ)・QUICPay(クイックペイ)・iD(アイディー))の還元率をまとめると、以下のようになります。

 基本還元「リクルートカード」還元合計
楽天Edy(エディ)0.5%1.2%*1.7%
楽天ペイ・
モバイルSuica
乗車等:2%1.2%3.2%
加盟店:0.5~1%1.2%1.7~2.2%
以外:付与なし1.2%1.2%
nanaco(ナナコ)0.5%1.2%1.7%
WAON(ワオン)
モバイルPASMO(パスモ)乗車:乗車次第1.2%1.2%+乗車次第
買い物:付与なし1.2%1.2%
SMART ICOCA(スマートイコカ)乗車:乗車次第1.2%*1.2%+乗車次第
加盟店:0.5%1.2%*1.7%
以外:付与なし1.2%*1.2%
QUICPay(QUICPay+)1.2%1.2%
iD

*VISA/Mastercardブランドのみチャージでポイント付与あり
※nanacoは2020年3月11日までに登録済の場合

「リクルートカード」はクレジットカードとして利用した場合、基本的に1.2%還元率です。

「リクルートカード」しかクレジットカードを持っていないと考えた場合は、還元率は何に対しての支払いかによって異なります。

◆モバイルSuicaで乗車・Suicaグリーン券・モバイルSuica定期券の購入:「モバイルSuica」で3.2%還元率
◆Suica加盟店で買い物:「モバイルSuica」で1.7~2.2%還元率
◆上記以外:「楽天Edy」で1.7%還元率、「nanaco(ナナコ)」で1.7%還元率(2020年3月11日までに登録済の場合)

という結果になりました。

注意点・「リクルートカード」はポイント付与対象外の取引もある

「リクルートカード」は1.2%還元率ですが、そもそもポイント付与対象外の取引もあります。

まず、電子マネーについては以下のようになっています。

2018年4月16日(月)より、以下の対象となる電子マネーチャージご利用分については、ご利用金額の合算で月間30,000円までがポイント加算の対象となります。 合算で30,001円以上のご利用分はポイント加算の対象外となります。
なお、ご利用金額の対象はそれぞれの電子マネーの合計金額ではなく、すべての電子マネーの合算金額です。

対象となる電子マネーチャージ
【JCBブランド】
 nanaco(ナナコ)、モバイルSuica
【Mastercard(R) / Visaブランド】
 nanaco(ナナコ)、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
 ※nanacoクレジットチャージサービスは2020年3月11日をもってリクルートカードの新規登録が不可となりました。  

公式サイトより引用

それ以外については下記のようなものがあります。

※リクルートカード利用のうち、以下のお支払いはリクルートポイント加算の対象外です。
カード発行手数料、ショッピングリボ払い手数料、分割払い手数料、キャッシング1回払い(国内・海外)ご利用分、キャッシングリボご利用分、カード再発行手数料、遅延損害金、リクルートカード年会費
 →公式サイトより引用

また、JCBブランドについては以下もあります。

リクルートポイントの対象とならないカードご利用分
<例>
年会費
ショッピングリボ払い・分割払い・スキップ払い手数料
キャッシング1回払い(国内・海外)ご利用分
キャッシングリボ払いご利用分
カード再発行手数料
遅延損害金
JCBプレモカードご購入分
各種チャージ代金
楽天Edyチャージ、SMART ICOCAチャージ、WAONチャージ、auかんたん決済WALLETチャージ、旅プリカチャージ、JCBプレモカードチャージ、ANA JCBプリペイドカードチャージ、おさいふPontaチャージなど
 →公式サイトより引用

Mastercard/ Visaブランドについては、発行会社が三菱UFJニコスです。「リクルートカード」について特別に記載があるわけではありませんが、基本的にポイント付与対象外は以下のように掲載されています。

ポイントプログラムの集計対象とならないお取り引き(ショッピング)について
・「楽天Edy」チャージご利用分(2009年6月ご請求分より)
・「モバイルSuica」、「SMART ICOCA」ご利用分(2010年7月ご請求分より)
・「nanacoクレジットチャージ」ご利用分(ただし、MUFGカード(JCB)は2014年4月ご請求分より)
・「au PAY残高チャージ」(2016年8月4日ご利用分より)
・「ウェブマネー」(2016年8月4日ご利用分より)
・「JAL Global WALLET クレジットチャージ」ご利用分
・「auかんたん決済 au WALLETチャージ」ご利用分(2020年4月1日ご利用分より)
※「モバイルSuica」ご利用分には、SF(電子マネー)へのチャージのほか、「モバイルSuica 年会費」、「モバイルSuica」で購入されるモバイルSuica特急券・定期券・Suicaグリーン券なども含まれます。
※ご利用明細書には、「SMART ICOCA」のご利用内容により、「JR西日本ICOCA 発売」、「JR西日本ICOCA クイックチャージ」、「JR西日本ICOCA 再発行」、「JR西日本ICOCA 払戻・取消」などを表示いたします。
※「ウェブマネー」は「WebMoney Card」へのチャージが対象となります。
 →公式サイトより引用

「リクルートカード(Mastercard/ Visa)」の場合、対象の電子マネーについて特別にポイント付与があると考えたほうがよいようです。

つまり、「リクルートカード」の電子マネーチャージについてはポイント付与があるものの、月間3万円までが対象でそれ以上は付与なしということです。

【JCBブランド】nanaco(ナナコ)、モバイルSuica =ポイント付与あり(月間3万円まで)
【Mastercard/ Visaブランド】nanaco(ナナコ)、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA=ポイント付与あり(月間3万円まで)

※nanacoは2020年3月11日までに登録済の場合

※公式サイトにモバイルPASMOについてはっきりとした記載はありません。モバイルSuica同様ポイント付与ありとして検討しています。

還元率比較・まとめ

比較した結論として、「リクルートカード」×電子マネーは、
①モバイルSuicaで乗車・Suicaグリーン券・モバイルSuica定期券の購入orSuica加盟店で買い物なら「モバイルSuica」
②それ以外なら「楽天Edy」
がおすすめです。

「モバイルSuica」支払いでプラスアルファがないような買い物なら、「楽天Edy」がおすすめですが、チャージが面倒なようであれば、還元率は落ちますがQUICPay(QUICPay+)かクレジットカードとして支払う方法が簡単そうです。

※ただし、キャンペーンによっては還元率が変わります。その点は注意しましょう。

スマホ決済/QRコード決済の還元率については以下の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする