楽天Edy(エディ)チャージに「リクルートカード」はお得!ポイント付与あり【2021年最新版】

楽天Edy(エディ)チャージに「リクルートカード」はお得です。ポイント付与もあります。ただ注意点が・・・

【2021年最新版】

スポンサーリンク

 


楽天Edy(エディ)チャージに「リクルートカード」利用できてポイント付与ありだが・・・

結論から言えば、「リクルートカード」を楽天Edy(エディ)チャージに利用することはでき、国際ブランドによってポイント付与の有り無しが異なります

※「リクルートカード」は入会時にVISA、MasterCard、JCBの3種類のブランドが選べます。

「リクルートカード」の場合は、国際ブランドによってポイント付与があるかどうかが異なり、VISA・Mastercardの場合はポイント付与がありますが、JCBの場合はありません。

VISA・Mastercardの場合・・・ポイント付与あり
JCBの場合・・・ポイント付与なし

さらに、電子マネーチャージのポイント付与については注意点があります。

ポイント付与は電子マネー利用金額合計が月間30000円までという制限の対象となります。利用金額の対象はそれぞれの電子マネーの合計金額ではなく、すべての電子マネーの合算金額です。

ポイント付与について→公式サイト

「リクルートカード」で貯めたポイントの使い方は?

★「リクルート カード」で貯まるポイントの使い道は何がある?おすすめは?

「リクルートカード」をチャージに利用して楽天Edy(エディ)を使う方法

楽天Edy(エディ)を利用するときは、以下のいずれかのパターンになります。

Edy-楽天ポイントカード、Edy機能付き楽天カード、おサイフケータイ(楽天Edyアプリ・Google Pay・楽天SuicaのEdy)、楽天Edyアプリ+Edyカード、iPhone+Edyカード、iPhone+おサイフケータイジャケット・wena wrist

大雑把に言えば、Edyカードか、Android端末で利用するということになります。

Edyカード(Edy一体型のクレジットカード等含む)で利用

Edy-楽天ポイントカードなど、カード型の楽天Edyはいろいろありますが、楽天Edyにチャージできるクレジットカードは以下です。

公式サイトより引用)
※一部取扱できないカードあり

「リクルートカード」は、カード型の楽天Edyへのチャージに利用できます。

Android端末の場合

Android端末なら、楽天Edyアプリがあります。

チャージに利用できるクレジットカードはカード型の楽天Edyと同じです。

楽天Edyでキャッシュレス!:ポイントがドンドン貯まる便利でお得な電子マネー

楽天Edyでキャッシュレス!:ポイントがドンドン貯まる便利でお得な電子マネー
開発元:楽天Edy株式会社
無料
posted withアプリーチ

「リクルートカード」は楽天Edyアプリでのクレジットチャージに利用可能です。

Google Pay(グーグルペイ)でも楽天Edyは利用できます。(おサイフケータイ、かつAndroid5.0以上)

※楽天Edyアプリから見える残高およびEdy番号は、Google Pay(グーグルペイ)から見えるものと同じになります。

Googleアカウントにクレジットカードを登録してチャージすることになり、「リクルートカード」はGoogle Pay(グーグルペイ)・楽天Edyのチャージに利用できます。

さらに楽天ペイアプリでEdyが使えるようになっています。

ただし、楽天ペイアプリからのチャージについては、クレジットカード(楽天カードのみ)もしくは楽天ポイントからチャージすることになります。

楽天Edyのチャージ上限

1回のチャージ金額上限25000円
Edy残高50000円

1日あたりの利用可能な回数等についての制限はありません。

最低チャージ金額は、チャージの方法によって異なります。

クレジットカードからのチャージは、最低チャージ金額3000円~1000円単位です。

※ただし、登録するクレジットカードの利用期間が30日未満の場合は、1日にチャージできる金額の上限は10000円までになります。

まとめ

「リクルートカード」は楽天Edyチャージに利用可能で、VISA・Mastercardブランドならポイントも付与されます。(ポイント付与は電子マネー利用金額合計が月間30000円までという制限の対象)

その他のQRコード決済/スマホ決済について登録できるか登録できない等は、下記の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする