【条件あり】ディスカウントストアのトライアル(TRIAL)で支払いにクレジットカード/カード払いは使える【2021年最新版】

人気のディスカウントストア『トライアル(TRIAL)』でクレジットカードは支払いに使えるのか、カード払いはできるのか。お得な決済方法があるのか知りたい!

全国に250店舗以上を展開する『トライアル(TRIAL)』グループ。大型のメガセンター、ディスカウントストア、スーパーセンター、ドラッグストアのトライウェルといった複数の店舗形態があります。

本記事では『トライアル』でクレジットカードが利用できるか、お得な利用方法があるか等についてまとめました。

【2021年最新版】

スポンサーリンク

『トライアル』で支払いにクレジットカードは使える・カード払いできるが条件アリ

結論から言うと、『トライアル』では全店舗でクレジットカードが利用できます。

使えるカードの種類は概ね次のとおりです。

JCB、VISA、DC、MASTER、アメックス など

ただし、クレジットカードの利用には下のような条件があるようです。

食料品以外のものが対象
3000円以上の金額で
レジではなくサービスカウンターで決済

『トライアル』のキャッシュレス決済は、クレジットカードと独自のプリペイドカードがメイン。一般的なQRコード決済・電子マネーは導入されていません。

⇒『トライアル』店舗検索

『トライアル』の支払い方法・キャッシュレス対応状況

『トライアル』の支払い方法・キャッシュレス状況は次のようになっています。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)×(使えない)
楽天ペイ×(使えない)
LINE Pay(ラインペイ)×(使えない)
メルペイ×(使えない)
d払い×(使えない)
au PAY(auペイ)×(使えない)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)×(使えない)
楽天Edy×(使えない)
nanaco(ナナコ)×(使えない)
WAON(ワオン)×(使えない)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む×(使えない)
iD※Apple Pay・Google Pay含む×(使えない)

※○でも一部利用できない店舗があります。
※よく利用されると思われる支払い方法だけピックアップしています。

一般的な電子マネーやQRコード決済には対応していません。

⇒『トライアル』店舗に関するQ&A

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2021年10月】

『トライアル』をお得に利用するための方法

『トライアル』をお得に利用する方法をいくつか紹介します。知らないと損をするかもしれません。

トライアルプリペイドカードでポイントが貯まる

『トライアル』では独自の「トライアルプリペイドカード」を発行しています。サービスカウンターやレジでカードをもらい、店舗内の端末で入会手続きを済ませればすぐに使えます。

「トライアルプリペイドカード」はチャージ時と利用時の両方でポイントが貯まります。毎週金曜日はポイント3倍になるなどの催しがあるので、トライアルを利用する人には必携です。

⇒トライアルプリペイドカード

半期に一度の感謝祭ではポイント5倍になります。

店舗でカードを受け取った後は、スマホ向けの公式アプリでも会員登録ができます。

トライアルお買い物アプリ(公式)

トライアルお買い物アプリ(公式)
開発元:株式会社トライアルカンパニー
無料
posted withアプリーチ

公式LINEアカウントがある

『トライアル』では公式LINEアカウントを開設しており、友達登録しておくとお得な情報がいち早く入手できます。

キャンペーンの応募はLINE経由で行うと当選確率が2倍になるとのこと。

⇒『トライアル』公式LINEアカウント

『トライアル』の新しい試み

『トライアル』は未来型のショップを目指した新しい試みを行っています。

トライアル Quick 大野城店」と「スーパーセンター アイランドシティ店」では、スマホ用の「トライアルお買い物アプリ」内に追加された新機能「スマホでGo」を使います。スマートフォンで商品のバーコードを読み取り、決済もスマートフォンで行うので、レジを通ることのない完全キャッシュレスな買い物ができます。

また、店内には「レジカート」と呼ばれるタブレット付きのカートも要されており、このタブレットを使って商品を読み取りながら買い物をすることもできます。集計はレジカート上で完了しているので、最後に会計ボタンを押せば終了です。

『トライアル』での利用におすすめのクレジットカードは?

クレジットカードが使える一部の『トライアル』店舗なら、還元率がそこそこでもメリット性の高いクレカがおすすめです。

リクルートカード

年会費無料、通常還元率は1.2%と安定派の「リクルートカード」。

還元率を求めるならNo1のクレジットカードです。

楽天カード

言うまでもなく、楽天ユーザーにとって無くてはならない鉄板カードが「楽天カード」です。

通常還元率は1.0%ですが、楽天市場での利用なら3.0%越えは当たり前。楽天Edyへのチャージでもポイントが貯まるので、リアル店舗での支払いもポイント2重取りでお得です。

安定&多用途という点でおすすめのクレジットカードです。

年会費無料で1%還元率の「JCB CARD W」

JCB CARD Wの強みは、

・1%還元率で年会費無料
・スタバ、Amazon、セブンイレブンに強いで還元率アップ

39歳以下なら入会できる年会費無料で還元率1%のクレジットカードです。

何よりも、スターバックス、Amazon(アマゾン)、セブンイレブンでの利用なら還元率をアップでき、3つ合わせれば10%も可能な点は秀逸。

Apple Pay(アップルペイ)でもGoogle Pay(グーグルペイ)でも、どちらも登録してQUICPay(QUICPay+)として利用することも可能です。iPhone派でもAndroid派でもスマホ1つでOK。

まとめ

『トライアル』では、条件付きですがクレジットカードが使えます。

食料品以外のものが対象
3000円以上の金額で
レジではなくサービスカウンターで決済

全店でクレジットカードが利用できますが、その他のキャッシュレス化はまだ未定です。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2021年10月】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする