PayPay(ペイペイ)に登録やチャージできるクレジットカード【まとめ】

PayPay(ペイペイ)に登録やチャージできるクレジットカードって何があるの?

今やQRコード決済といってもよくわからないけれど、「ペイペイ」と言えば通じるほど認知度があがってきたPayPay(ペイペイ)。

ただ、まだまだよくわからないという人もいると思います。

今回の記事では、PayPay(ペイペイ)と、なぜかお得そうに聞こえるクレジットカードの関係についてまとめました。

スポンサーリンク

PayPay(ペイペイ)に登録できるクレジットカード

PayPay(ペイペイ)には以下の支払い方法があります。

①PayPay残高から支払う
②登録したクレジットカードで支払う

まずは、②に登録できるクレジットカードについてですが、VISA・Mastercard、JCBはヤフーカードのみとなります。

②の登録できるクレジットカードを表にすると以下になります。

ブランドPayPay(ペイペイ)登録可否
JCBヤフーカードのみ
VISA
Mastercard(マスターカード)
AMEX(アメックス)×

ヤフーカードにはJCB、VISA、Mastercard(マスターカード)のブランドがあり、全て登録することが可能です。

ヤフーカード以外のクレジットカードの場合、ブランドがVISAかマスターカードなら、PayPay(ペイペイ)に登録できます。

ヤフーカード以外のクレジットカードの場合、ブランドがJCBかアメックスなら、PayPay(ペイペイ)には登録できません。(ただし、ヤフーカードのJCBブランドは登録できます。)

PayPay(ペイペイ)にチャージできるクレジットカード

次にPayPay(ペイペイ)にチャージできるクレジットカードについてです。これは、=①PayPay残高にチャージできるクレジットカードという意味になります。

①PayPay残高から支払う
②登録したクレジットカードで支払う

PayPay残高へチャージする方法は以下です。

・銀行口座 →方法
本人認証サービス(3Dセキュア)に登録済みのYahoo!JAPANカード(ヤフーカード)
・セブン銀行ATMから現金チャージ →方法
・ヤフオク!・PayPayフリマの売上金
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・PayPayギフトカード

クレジットカードならヤフーカード一択です。

「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」を使って携帯料金を払っているクレジットカードという方法もありますが、ソフトバンクやワイモバイルのユーザーに限定されてしまいます。

ソフトバンクやワイモバイルのユーザー以外の場合は、チャージできるクレジットカードならヤフーカードになります。

PayPay(ペイペイ)ならヤフーカード

PayPay(ペイペイ)ならヤフーカードがお得です。

※2020年2月1日~変更になりました。

年会費無料
追加カードETCカード、家族カード
還元率1%~
ポイントTポイント
付帯旅行保険なし
Apple Pay・Google PayApple Payに登録してQUICPay(QUICPay+)として利用可能

PayPay(ペイペイ)の強烈なキャンペーンは、PayPay残高や「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」しか優遇されていないので、PayPayキャンペーンでお得を享受したいなら、「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」しかありません。

まとめ

PayPay(ペイペイ)に登録できるクレジットカードは、VISAかマスターカードブランドならOK。あとはヤフーカード。

PayPay(ペイペイ)にチャージできるクレジットカードは、ヤフーカード(ソフトバンクやワイモバイルのユーザー以外の場合)。

ソフトバンクやワイモバイルのユーザーなら、「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」で間接的にクレジットカード払いになる。

PayPay(ペイペイ)について、JCB、アメックスは弱い。

まとめるとこんな感じになりますね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする