「マイナポイント事業」Tポイント・ウエル活で活用とWAON(ワオン)・どちらがお得か比較!

「マイナポイント事業」って、結局キャッシュレス決済はどれを選択するのがお得なの?

「マイナポイント事業」は、キャッシュレス決済方法独自にプラスアルファのキャンペーンがあったりするので、どれを選択するか迷いますよね。

単純にもらえる金額相当で考える方法もありますが、マイナポイントはポイントで貰える場合もあるので、それを他のポイントに交換して・・・等々考えると、悩みはさらに深まります。

今回の記事では、管理人が一番気になっている「マイナポイント事業」選択肢の候補、Tポイント・ウエル活で活用する方法と、WAON(ワオン)でプラスアルファのキャンペーンを狙う場合と、どちらがお得か比較してみました。

(2020年9月更新)

内容は変わっている可能性もありますのでご注意ください。申し込み時には再度ご自身でのご確認をお願いします。

決済方法独自にプラスアルファのキャンペーンがあるかどうか、主なものについては下記の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

 


マイナポイント×電子マネー・WAON(ワオン)のキャンペーンで上乗せ2000円相当!

上乗せキャンペーンで一歩リードしている「マイナポイント」×電子マネー「WAON(ワオン)」。

電子マネー「WAON(ワオン)」独自分で最大10%還元。上限は2000WAON=2000円相当です。

マイナポイントの決済手段として電子マネー「WAON(ワオン)」を選択して申込みのうえ、マイナポイント事業が開始する9月1日以降に電子マネー「WAON(ワオン)」にチャージすると、通常のマイナポイント上限5000円相当に加え、電子マネー「WAON(ワオン)」特典として最大2000円相当のWAONが付与され、合計で7000円相当もらえることになります。

「マイナポイント」:25%還元=上限5000円相当
電子マネー「WAON(ワオン)」独自分:10%還元=上限2000円相当
つまり20000円分ちょうど利用すれば、
合計で35%還元=上限7000円相当もらえることになります。

「マイナポイント事業」で申し込めるWAON(ワオン)は、各種JMBWAON、モバイルWAONを含むすべてのWAONカードが対象です。

手元にWAONカードがなくても、無料で手に入れたり、300円支払ってかんたんに購入することもできます。

使う際も、電子マネー「WAON(ワオン)」なら、近くにイオンがなくても、ファミリーマート(ファミマ)やローソンで利用できます。

「マイナポイント事業」で選択しても、まず困ることはないでしょう。

マイナポイントをTポイントに交換してTポイント・ウエル活で活用する方法(三井住友カード・SMBCデビット・オリコカード)

「マイナポイント」×電子マネー「WAON(ワオン)」では、上乗せキャンペーン含め合計で35%還元=上限7000円相当もらえます。

これ以上と考えた時に候補になるのが、Tポイントを上手に活用する方法です。


公式サイト

「ウエルシア」では毎月20日、Tポイントで200ポイント以上支払うと1.5倍分の買い物ができるという、激烈お得なキャンペーンが実施されています。

「ウエル活」といって、この20日にTポイントを使って賢くお得に購入する方法を知っている人は、Tポイントを一生懸命手に入れているという次第。

ピンとこない方もいると思うのでかんたんに説明です。

20日にウエルシアに行って買い物をする。
例えば900円分。
レジでポイントで払いますといってTカードを出す。
Tポイントから差し引かれるのは600ポイントのみ。

つまり、600円相当のポイントで900円分(1.5倍)の買い物ができるという、破壊力ありのキャンペーンなのです。

Tポイント以外のポイントをTポイントに交換できれば、この強烈キャンペーンで活用できることになり、ポイント価値は1.5倍になります!

もしマイナポイントをTポイントに交換出来れば5000ポイント×1.5倍=7500ポイント(7500円相当)の価値!!!

WAONの上乗せキャンペーンを超える破壊力です。

主な決済方法を確認すると候補は以下あたり。

三井住友カード・SMBCデビット=マイナポイント:Vポイント
オリコカード=マイナポイント:オリコポイント

◆三井住友カード・SMBCデビット=マイナポイント:Vポイント

「Vポイント」を直接交換すると500ポイント→400 Tポイントであまり交換レートはよくありません。

しかし、直接交換ではなく、一度他のポイントに交換してからさらにTポイントに交換すると、交換レートが良くなる場合があります。

◆Vポイント(500)→Pexポイント(5000)→Tポイント(500)
(別途、交換手数料500p=50円相当必要)
◆Vポイント(500)→カテエネポイント(500)→Tポイント(500)

どちらも交換レートは500ポイント→500 Tポイントになり、直接交換よりも交換レートがよくなります。

※Pexポイント経由は別途、交換手数料500p=50円相当が必要ですが、交換日数は圧倒的に短くて済みます。

◆オリコカード=マイナポイント:オリコポイント

オリコポイントは、Tポイントへ等価交換可能です。(1オリコポイント→1Tポイント)

※オリコカードは抽選ですが独自上乗せキャンペーンがあります。(抽選で毎月111名に7000オリコポイントをプレゼントしてもらえます。)

もしも、三井住友カード、SMBCデビット、オリコカードを持っているようなら、「マイナポイント事業」の選択肢として十分あるのではないでしょうか。

もし持っていなくてもウエル活に興味をもったなら、これを機会に作る方法もあります。

まとめ

電子マネー「WAON(ワオン)」の上乗せキャンペーン含め合計で35%還元=上限7000円相当もお得です。

が、

「マイナポイント事業」の伏兵として、Tポイントを活用する方法(ウエル活)もあります。5000ポイント×1.5倍=7500ポイント(7500円相当)も可能。

三井住友カード、SMBCデビット、オリコカードあたりも要チェックですよ!

申し込み時の決済コードID、セキュリティコードについては、マイナポイント事業で万が一情報漏洩があると・・・と考えると不安な面もありますが・・・
スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする