マイナポイントは「楽天カード」と「楽天ペイ」、どちらがお得か比較!

「マイナポイント事業」って、結局キャッシュレス決済はどれを選択するのがお得なの?

「マイナポイント事業」は、選択できるキャッシュレス決済方法が数多くあります。

それぞれに一長一短あって、結局どれを選んでいいか悩みは深まるばかり・・・

今回の記事では、大人気のクレジットカード「楽天カード」と「楽天ペイ」のどちらがお得か比較してみました。

(2020年9月更新)

内容は変わっている可能性もありますのでご注意ください。申し込み時には再度ご自身でのご確認をお願いします。

決済方法独自にプラスアルファのキャンペーンがあるかどうか、主なものについては下記の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

 


マイナポイント×「楽天カード」で26%還元が可能

まずは「楽天カード」についてチェックです。

★「マイナポイント」は最大25%還元です。
上限は 5000 楽天ポイント=5000円相当です。

つまり20000円分利用すれば、25%還元=上限5000円相当もらえることになります。

マイナポイントの決済手段として「楽天カード」を選択して申込みのうえ、マイナポイント事業が開始する9月1日以降、対象期間内に買い物すると、25%還元=最大5000円相当もらえます。

対象カード:
楽天カード(楽天ブラックカード、楽天プレミアムカード、楽天ゴールドカード、楽天ANAマイレージクラブカード、楽天PINKカード、楽天銀行カード、楽天カード アカデミー、アルペングループ 楽天カードを含む)

①マイナポイント:「楽天カード」で支払いで25%還元=上限5000円相当(楽天ポイント・通常ポイント)(←支払いです)
②これに「楽天カード」利用分のポイント1%還元を足すと
=====
合計で最大26%還元になります。

普段よく利用している「楽天カード」なら、使い方ももらえるポイントについても、困ることはないでしょう。

マイナポイント×「楽天ペイ」なら合計5800円相当還元も可能!

「楽天ペイ」×「マイナポイント事業」で当初上乗せキャンペーンはありませんでしたが、追加キャンペーンが発表され、最大+800円相当の上乗せが可能となりました!

★「マイナポイント」は最大25%還元です。
上限は 5000 楽天ポイント=5000円相当です。

つまり20000円分利用すれば、25%還元=上限5000円相当もらえることになります。

マイナポイントの決済手段として「楽天ペイ」を選択して申込みのうえ、マイナポイント事業が開始する9月1日以降、対象期間内に対象店舗で楽天ペイアプリでの支払い(コード表示・QR読み取り・セルフ)すると、25%還元=最大5000円相当もらえます。

★上乗せ分:最大500 楽天ポイント・期間限定= 最大500円相当

マイナポイント申込後の期間中の各月の決済金額合計に対し、1円ごとに0.025ポイント付与(少数点以下切り捨て)=2.5%付与してもらえます。

★支払い分:最大300 楽天ポイント・期間限定= 最大300円相当

「楽天ペイ」のキャンペーンが実施されているので「楽天カードでチャージ」×「楽天キャッシュで支払い」なら+1.5%還元率になります。

①マイナポイント:「楽天ペイ」で支払いで25%還元=上限5000円相当(楽天ポイント・通常ポイント)(←支払いです)
②「楽天ペイ」独自分:2.5%還元=上限500円相当(楽天ポイント・期間限定ポイント)(※申込期間は~9月)
③「楽天ペイ」支払い方法分:最大300円相当
=====
合計で上限5800円相当もらえることになります。

「楽天ペイ」の支払い方法と還元率

「楽天ペイ」の支払い方法は以下になります。

①クレジットカード払い(クレジットカード・デビットカードから)
②チャージ払い(楽天キャッシュから)
※ポイント払い(楽天ポイントから)

2020年7月1日~、ポイント還元は以下のようになっています。

楽天カードからのチャージ時に「楽天カード」から0.5%還元
 +
チャージ残高(楽天キャッシュ)での支払い時に「楽天ペイ」から1%還元
= 合計で1.5%還元

楽天ペイアプリによるコード/QR/セルフでの支払いを対象。
下記の支払い分は対象外。
・楽天ペイアプリ内の楽天ポイントカードによる支払い分
・楽天ペイアプリ内の楽天Edyへのチャージ分、楽天Edyによる支払い分
・楽天ペイアプリ内のSuicaへのチャージ分、Suicaによる支払い分
・ネットでの楽天ペイの支払い分

さらに、クレジットカード払いでも、チャージ払いでも、楽天ポイントを使うように設定することもできます。(チャージ払いの時にもポイント利用は可能ですが、利用ポイント数を設定することはできません。)

まとめ

大人気のクレジットカード「楽天カード」と「楽天ペイ」について比較すると、「楽天カード」を持っている場合は「楽天ペイ」のほうが還元率がよくなります。

追加キャンペーンもあったので、「楽天ペイ」のほうがおすすめです。

おすすめは「楽天ペイ」ですが、もし「楽天ペイ」を使い慣れていないようなら「楽天カード」もありではないでしょうか。

マイナポイントを「楽天ペイ」あるいは「楽天カード」で申し込むときは、どちらの場合も「楽天ペイアプリ」もしくは「楽天カードアプリ」からしか申し込みできません!
(マイナポイントアプリや、マイナポイント予約・申込サイト、マイナポイント手続スポットからの申込はできません。)
スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする