セディナカードは「マイナポイント事業」の対象かどうか?

「マイナポイント事業」の申し込み受付が2020年7月1日~始まりました。

独自のプラスアルファキャンペーンを開催しているキャッシュレス決済もありますが、「これってマイナポイント事業の対象なのかな?選択できるのかな?」と思うようなものもあります。

はたして「セディナカード Jiyu!da!」「セディナゴールドカード」などのセディナカードは「マイナポイント事業」の対象なのでしょうか?

内容は変わっている可能性もありますのでご注意ください。再度ご自身でのご確認をお願いします。
(2020年7月8日更新)
スポンサーリンク

セディナカード×「マイナポイント事業」は・・・

結論から言えば、「セディナカード Jiyu!da!」「セディナゴールドカード」などのセディナカードは、「マイナポイント事業」に参加していません。

セディナカードは「マイナポイント事業」の対象外です。

セディナカードが対象外でも、電子マネーやQRコード決済で2重取り・3重取り

セディナカードがマイナポイント事業の対象外でも、間接的に参加することはできます。

マイナポイントは電子マネーのチャージ金額やQRコード決済の支払金額に対して25%のポイント付与があるので、セディナカードでチャージしたり、QRコード決済に紐付けできれば、間接的にセディナカードをマイナポイント事業で利用できることになります。

セディナカード→ 電子マネーへチャージ →チャージした電子マネーで支払い

選択する電子マネー・QRコード決済等によっては、ポイントの2重取り・3重取りが可能です。
※セディナカードからのチャージでポイント付与がない場合あり

「マイナポイント事業」におすすめのキャッシュレス決済は?

セディナカードは参加していませんが、
「マイナポイント事業」では、独自のプラスアルファキャンペーンを開催している決済方法もあります。

上乗せがあるほうが!という方は、以下の記事で紹介しています。

上乗せキャンペーンで目立つところは、
WAON(ワオン):5000円+2000円=最大7000円相当
ゆうちょPay:5000円+500円+1500円=最大7000円相当
メルペイ:5000円+1000円+1000円+抽選=最大7000円相当+α
au PAY(auペイ):5000円+1000円=最大6000円相当
Suica(スイカ):5000円+1000円+抽選=最大6000円相当+α
等になります。

これら以外にも、いろいろ上乗せキャンペーンは実施されています。

キャンペーンがあってもなくても、普段使っていて使いやすそうなものもおすすめです。

自分に合ったものを検討しましょう。

まとめ

残念ながら、「セディナカード Jiyu!da!」「セディナゴールドカード」などのセディナカードは「マイナポイント事業」に参加していません。

セディナカードで!と思っていた方は、他のキャッシュレス決済を検討しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする